森恒二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

森 恒二(もり こうじ、1966年11月28日 - )は、日本漫画家東京都出身。男性。妻は漫画家のあっきう。『ヤングアニマル』誌上で連載されていた『ホーリーランド』は人気作となり、テレビドラマ化もされた。

略歴[編集]

小さい頃から体格に恵まれ、親の勧めで入ったリトルリーグで野球に打ち込んでいた。所属していたチームは全国大会で優勝を経験している。本人は野球にあまり乗り気ではなく、家でのお絵描きのほうが楽しかったと語っている[1]。中学1年時に『がんばれ元気』を読んで漫画家を志すようになった。

入学した高校で三浦建太郎と友人となり、両親がデザイナーであった三浦の家で共に漫画を描くようになった[1]技来静也も同級生だったが、当時は漫画を描いておらず、交流は無かった[1][2]。森は両親との仲がうまくいかず、この頃から下北沢などを遊び歩き、喧嘩に明け暮れるようになる[1]。大学は三浦と共に日本大学藝術学部美術学科に入学した。大学時代はグローブ空手同好会に所属している[3]。漫画の投稿も続けており、賞も獲得していたが掲載には至らず、ある編集者からストーリーは編集に任せて作画だけで良いと言われたことがきっかけとなり、スランプに陥ってしまい、六本木などで荒れた生活を送っていた[4]。大学4年のときに三浦が武論尊の原作で漫画家デビューが決まったのは森の助言がきっかけだったが、自身は荒んだ生活の中で複雑な気持ちだったと語っている[4]

大学卒業後はデザイナーとして広告イラストやCM絵コンテ製作などに携わっていた。25歳のときに鈴鹿サーキットで行なわれたF1の取材の帰りにバイクで大事故に遭ったのがきっかけとなって、再び漫画の道を志すようになった[2]。自身の経験を元に、2000年から『ヤングアニマル』で「ホーリーランド」の連載を開始し、人気作となった。

その他[編集]

格闘技の愛好家で、今でもプロの格闘家とともにトレーニングを行っている。体格に恵まれており、身長は183cm、体重は85から95kgである[3]。漫画家の関崎俊三は、レポート漫画『森先生と行くホーリーランド撮影現場ルポ』(『ああ探偵事務所』第9巻に収録)にて、森が「ホーリーランド」のドラマ撮影のクランクイン前にスタッフと出演者らにアクション指導を行い、現場では単なる原作者以上の尊敬を集めていることを明らかにしている。撮影の待ち時間には、石垣佑磨ら出演者に作中で登場する可変キック(ブラジリアンキック)を実演してみせたことを挙げ、「自ら動けて、しかも格闘技ケンカファイトの知識も体力も豊富」と語っている。

「ホーリーランド」の格闘技描写について、喧嘩をしていた頃によく利用して、登場人物に多用させていた技が格闘技経験者であるという読者から「現実では使えない」「事実と違う」という指摘をされたことがあり、更にドラマ版の出演者達に森がアクション指導をしていく上で、体格などが自分と異なる俳優達が再現することに苦心する技(引っ張りパンチ、タックルへの手刀など)がいくつかあったことから、「(格闘技は)体格や習った格闘技の種類の違いで、実践する人にとって違う『事実』があるのでは?」というコメントを残していた。

三浦のアシスタントを務めていたということと、『ベルセルク』の登場人物であるグリフィスのモデルが自分であると語ったという話については、誤解や間違いであると述べている[2]

作品リスト[編集]

連載作品[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]