市島晃生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市島 晃生(いちじま てるお、1966年4月25日 - )は、テレビ番組の演出家、ディレクター。「食べ方学会」会長。ライター。

経歴[編集]

神奈川県出身。神奈川県立厚木高校卒業、早稲田大学商学部卒業後、日本テレワークウイルスプロダクションを経てフリーに。制作会社 パブリックドメイン設立。BSフジ『極皿~食の因数分解』の演出が縁で連動企画漫画『マンガ極皿』に本人役で出演(作品の都合上、脚色はされている)のほか、2018年10月より放送開始したJ-WAVEOTOMESHI』を担当している[1]。2017年夏コミケで「食べ方図説 崎陽軒シウマイ弁当編」を頒布[2]。以降「食べ方図説シリーズ」を刊行している。

AD時代にロケ弁発注を任され、その質によりスタッフや出演者のテンションが変わったこと[3]、前述のような著書があることからロケ弁当、宅配弁当、ケータリングに関するコメンテーターとしてメディア出演することも多い。

主な担当番組[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • OTOMESHI(2018年10月 ‐ 、J-WAVE)‐ ナビゲーター[1]

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 深夜の「飯テロ」ラジオ! 『OTOMESHI』って何?” (日本語). ananニュース - マガジンハウス (2018年12月3日). 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ a b wadawani (1528678800). “崎陽軒「シウマイ弁当」どんな順番で食べる?超豪華ラインアップがこだわりを語りまくる『食べ方図説』” (日本語). メシ通 | ホットペッパーグルメ. 2019年10月20日閲覧。
  3. ^ TVディレクターからのメッセージ - ごちクル” (日本語). gochikuru.com. 2019年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]

  • 食べ方学会[3]
  • J-WAVE 「OTOMESHI」[4]