アインシュタイン (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アインシュタイン
ジャンル 科学情報番組
放送時間 水曜 25:10 - 25:40(30分)
放送期間 1990年10月10日 - 1991年9月10日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 小牧次郎
プロデューサー 竹内美樹男
出演者 城ヶ崎祐子
松尾紀子
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

アインシュタイン』は、1990年10月10日から1991年9月10日までフジテレビで毎週水曜 25:10 - 25:40 (JST) に放送されていた30分枠の科学情報番組教養番組)。

概要[編集]

司会はフジテレビアナウンサー城ヶ崎祐子(当時。現在フリー)と松尾紀子の2人。番組は2部構成で、前半では『nature』や『New Scientist』などの欧米の科学雑誌に掲載された論文の中から興味深いものを4本程度ピックアップしてその内容を紹介する「クリッククラッシュ」、後半では宇宙物理学や分子生物学など当時の最新科学の概念を毎回特集して解説していた「アルベルトガーデン」という構成であった。最終回のテーマは「」であった。

番組の特徴として、スタジオ中央のテーブルと司会の二人が座る椅子以外は全てCGによる表現が使われており、スタジオ全体がヴァーチャルスタジオとなっていたことが挙げられる。当時ヴァーチャルスタジオを全面的に使用したレギュラー番組は日本ではほとんど放送されておらず、非常に珍しい存在だった。

後にこの番組を手がけたスタッフがほぼ同じ映像表現手法 (Amiga) を用いた朝の児童向け番組『ウゴウゴルーガ』が話題となり、それ以後はこの番組を再評価する声が高まった。また、CS再放送され、新たなファンを獲得している。

また、この番組の構成台本を基にした4冊の関連書籍が双葉社から出版された。

スタッフ[編集]

  • 企画:小牧次郎(フジテレビ)
  • 構成:渡辺健一、西館影芳
  • CGデザイン:山口大樹 (キャニットG)
  • 技術協力:テレテック、映像通信
  • プロデューサー:竹内美樹男
  • ディレクター:福原伸治
  • 制作著作:フジテレビ

関連書籍[編集]

  • アインシュタインTV 1 宇宙の根源はヒモである(1991年9月30日発行、フジテレビ編、双葉社、ISBN 4-575-28124-7
  • アインシュタインTV 2 遺伝子は46億年の夢を見る(1991年9月30日発行、フジテレビ編、双葉社、ISBN 4-575-28125-5
  • アインシュタインTV 3 ミトコンドリア・イブの贈り物(1992年4月10日発行、フジテレビ編、双葉社、ISBN 4-575-28158-1
  • アインシュタインTV 4 そして人間は神になれるか(1992年4月10日発行、フジテレビ編、双葉社、ISBN 4-575-28159-X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜25:10 - 25:40枠
前番組 番組名 次番組
ものまね珍坊
※金曜19:00へ移動
アインシュタイン