映像の世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

映像の世紀』(えいぞうのせいき)は、第二次世界大戦の戦後50周年とNHKの放送開始70周年、そして映像発明100周年記念番組と銘打たれて制作・放送されたドキュメンタリー番組である。NHKとアメリカABCの国際共同取材。

1995年平成7年)3月から1996年(平成8年)2月にかけて、毎月第3土曜日(第1集を除く)にNHK総合テレビの『NHKスペシャル』にて放映された。全11集。放送から20年近く経った現在でも『NHKスペシャル』の中で人気のある作品の一つである。

1999年(平成11年)には、日本の20世紀初頭から平成までの約100年の歩みを47都道府県別に編集した番組『日本 映像の20世紀』(1999年(平成11年)4月10日 - 2000年(平成12年)3月25日)が放送された。

概要[編集]

世界30か国以上のアーカイブから、収集した貴重な映像と回想録や証言等で20世紀を描いた番組である。山根基世のナレーションによる無駄のない淡々とした進行、メインテーマ「パリは燃えているか」を始めとする加古隆の手がけた音楽も反響を得た。回想録や証言を朗読する声の出演青二プロダクションが担当している。

第1集は19世紀終盤(1895年)に上映された『工場の出口』の映像から始まるが、オープニングでは題名とともに英語で"The 20th Century"(20世紀)と表示され、番組の主題は20世紀に置かれている。NHKの英語版ウェブサイトでは番組名がThe 20th Century on Filmと表記されており[1]、それとは表記が異なるがサウンドトラックにも同義の英題(後述)が添えられている。

このドキュメンタリーを制作するにあたっては、この1995年がNHK放送70周年・戦後50周年であるのに加え、フランスリュミエール兄弟らが、現在の映写技術を確立した1895年から数えて丁度100周年になることから、それに間に合わせようと、NHKの番組スタッフが日本国内はもとより世界各地から20世紀の記録映像を5年以上にわたって収集、編集を行い、現代(1995年)の視点から、20世紀の記録を克明に映し出し、多くの反響が寄せられ、日本国内の戦後史を取り上げた「戦後50年・その時日本は」と並ぶ、戦後50周年・放送70周年の記念アーカイブ番組として親しまれた[2]

再放送が1999年、2000年、2003年12月に行われたほか、歴史ドキュメンタリー専門チャンネルのヒストリーチャンネルにおいて2006年1月より毎月末に1シリーズずつ放送された。2010年11月より、チャンネル銀河において毎週放送された。また、2015年(平成27年)10月には戦後70周年とNHK放送開始90周年を記念し、続編となる『新・映像の世紀』をNHKスペシャルの枠で放送することになり、そのプレ企画として、同年9月にBS1で、20年前に放送した内容を再構成した『デジタルリマスター版映像の世紀』として9月中の毎週土・日曜(9月13日9月19日を除く)と、9月23日秋分の日の水曜日)、2016年1月1日-1月2日に再放送された[3]

1996年には日本IBMから放送を再構成したCD-ROM3作品(「新世紀の夜明け」「皇帝の終焉」「ヒトラーの野望」)が発売された(絶版)。映像のほか、写真・図版が収録された。

DVD2000年NHKソフトウェアからDVD-BOX全11集が、2005年にはNHKエンタープライズからシリーズ全11集に特別ディスクを収録した「SPECIAL BOX」として改めて発売され、DVD単巻も発売された(収録映像は、放送とは一部異なる)。2016年には後述のデジタルリマスター版がDVDとBlu-ray(いずれもBOX)で発売された。インターネットのNHKオンデマンドの「特選ライブラリー」で有料配信されていたが、2015年8月末を持って配信終了となり、以降はデジタルリマスター版が「特選ライブラリー」で順次有料配信されている。

全シリーズ[編集]

集数 タイトル 初回放送日
第1集 20世紀の幕開け
カメラは歴史の断片をとらえ始めた
1995年3月25日
第2集 大量殺戮の完成
塹壕の兵士たちは凄まじい兵器の出現を見た
1995年4月15日
第3集 それはマンハッタンから始まった
噴き出した大衆社会の欲望が時代を動かした
1995年5月20日
第4集 ヒトラーの野望
人々は民族の復興を掲げたナチス・ドイツに未来を託した
1995年6月17日
第5集 世界は地獄を見た
無差別爆撃、ホロコースト、そして原爆
1995年7月15日
第6集 独立の旗の下に
祖国統一に向けて、アジアは苦難の道を歩んだ
1995年9月16日
第7集 勝者の世界分割
東西の冷戦ヤルタ会談から始まった
1995年10月21日
第8集 恐怖の中の平和
東西の首脳は最終兵器・核を背負って対峙した
1995年11月18日
第9集 ベトナムの衝撃
アメリカ社会が揺らぎ始めた
1995年12月16日
第10集 民族の悲劇果てしなく
絶え間ない戦火、さまよう民の慟哭があった
1996年1月20日
第11集 JAPAN
世界が見た明治大正昭和
1996年2月24日
別巻 - 歴史の舞台を廻る - (オリジナルビデオ)
  • 第4集、第6集、第9集、第10集のタイトルは、第1集放送時には仮題「国家の狂気」「革命いまだならず」「超大国が揺らぎ始めた」「さまよえる民」として予告された。

デジタルリマスター版[編集]

映像素材を再収集・構成し、画質および音質の鮮明化だけでなく、一部シーン・ナレーションの見直しが行われている。映像自体は4:3ピラーボックスだが、字幕テロップは新しく入れ直され、フォントや表示位置、内容の一部が変更されている。

テーマ音楽「パリは燃えているか」についても、一部を除いて「新・映像の世紀」と共通の新バージョン(演奏・NHK交響楽団、指揮・下野竜也)に変更されている。

サウンドトラック[編集]

サウンドトラックは1995年10月21日エピックソニーから発売された。タイトルは『NHKスペシャル「映像の世紀」』。なお都合上、収録しきれなかった曲は2000年10月12日に発売された『「パリは燃えているか」[4] NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版』に収録されている。以下が収録作品。

NHKスペシャル「映像の世紀」
(英題:NHK Special The 20th Century in Moving Images Original Soundtrack
  1. パリは燃えているか -メインテーマ-
  2. ザ・サードワールド
  3. 睡蓮のアトリエ
  4. シネマトグラフ I
  5. 大いなるもの、東方より
  6. 機械工場
  7. トルストイの手紙
  8. 新大陸に誘われて
  9. パリは燃えているか -宇宙篇-
  10. 時の刻印
  11. シネマトグラフ II
  12. はるかなる王宮
  13. パリは燃えているか -追憶篇-
「パリは燃えているか」 NHKスペシャル「映像の世紀」オリジナル・サウンドトラック完全版
(英題:"Is Paris Burning" NHK special The 20th Century in Moving Images Original Soundtrack Complete
  1. パリは燃えているか オープニング・テーマ
  2. 時の刻印 II
  3. 大いなるもの東方より II
  4. パリは燃えているか ピアノ・トリオ・ヴァージョン
  5. 最後の海戦
  6. 森は失われた
  7. パリは燃えているか オルガン・ヴァージョン
  8. ワン・ワールド
  9. 狂気の影
  10. パリは燃えているか オーケストラ・ショート・ヴァージョン
  11. シネマトグラフ III
  12. 最後の海戦II
  13. パリは燃えているか ブラス・ヴァージョン
  14. 未来世紀
  15. ザ・サード・ワールド II
  16. パリは燃えているか ジャズ・ヴァージョン
  17. 時の刻印 III
  18. 睡蓮のアトリエ II
  19. パリは燃えているか ピアノ・ソロ・ヴァージョン

このうちメインテーマ「パリは燃えているか」は高い評価を得て、『image』など他のCDにも収められている。また、ブエナビスタから発売されているドキュメンタリー『もののけ姫はこうして生まれた。』のBGMにも、この番組の音楽が多用されている。また、一部の音楽は『新・映像の世紀』においても引き続き使用されている。

スタッフ[編集]

音楽[編集]

ナレーション[編集]

声の出演(青二プロダクション)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Looking back at the 20th century, anticipating the 21st” (英語). 50 Years of NHK Television. NHK. pp. 31. 2009年9月27日閲覧。
  2. ^ NHKは何を伝えてきたか NHKスペシャル「映像の世紀」20世紀の本質を映し出す
  3. ^ 映像の世紀・デジタルリマスター版放送決定のお知らせ
  4. ^ 映画『パリは燃えているか』の主題歌とは全くの別作品である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]