TK MUSIC CLAMP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TK MUSIC CLAMP
Tokyo media city kinuta 2014.jpg
ジャンル 音楽番組 / トーク番組
放送時間 木曜日 0:45 - 1:15(水曜深夜(30分)
放送期間 1995年4月13日 - 1998年4月2日(全140回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
プロデューサー きくち伸
出演者 1995年4月13日 - 1996年5月9日
小室哲哉
ほか
1996年5月16日 - 1997年6月12日
中居正広SMAP
ほか
1997年6月19日 - 1998年4月2日
華原朋美
ほか
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

TK MUSIC CLAMP』(ティーケー・ミュージック・クランプ)は、フジテレビ系列1995年4月13日から1998年4月2日まで放送されていた音楽トーク番組。毎週木曜日 0:45 - 1:15(水曜深夜JST)に放送されていた。全140回。小室哲哉冠番組

概要[編集]

当番組スタートの半年前にスタートした『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』を補完するためにスタートした深夜番組である。実際、過去にテレビの音楽番組出演経験の少ないアーティストが、『HEY!HEY!HEY!』出演に先立ち音楽番組に慣れる目的で当番組に出演するケースが多く見られた。

番組名の頭に付く「TK」は初代司会者でありその後はスーパーバイザー的役割となった小室哲哉のイニシャルに由来している。

小室哲哉にとって初の冠番組・初の司会・初のレギュラーとなる番組であった。

また同番組における小室哲哉とゲストとのトークをまとめた「With t 小室哲哉音楽対論」(幻冬舎・全5巻、文庫版は幻冬舎文庫より全4巻)も発売されている。

番組開始当初は小室哲哉が約1年間、司会としてレギュラー出演してきたが、1996年頃は小室哲哉がTRF華原朋美安室奈美恵globeなどの複数のアーティストのプロデュース活動で多忙になり、スケジュール上で番組のレギュラー出演が困難になってきたので、当時、司会業を始めたばかりのSMAP中居正広が番組の司会を受け継いだ。尚、小室哲哉は司会降板後も当番組に度々ゲスト出演している。

番組終了後、それまではワンコーナーに過ぎなかった「TK MUSIC CLAMP "FACTORY"」が『FACTORY』と番組として独立してスタートした。

内容[編集]

  • 司会とゲストによる音楽に関するトークや企画などで構成。合間にミュージック・ビデオなどを紹介。
  • 番組後半は、アイドル・女優・素人などが、小室ファミリーの楽曲を小室哲哉や久保こーじらの演奏で歌うコーナーが放送され、当時このコーナーで歌っていた人物の多くがその後各ジャンルで成功を収めた。
  • 提供はTOWER RECORDS(ネット局はローカルセールス枠。だが、セット後方にはTOWER RECORDSの宣伝イルミネーションが設置されていた)。
  • 当時は、小室哲哉×大物ミュージシャンの組み合わせ(共演)が多くの注目を浴びていた。
  • 2代目司会者であるSMAPの中居正広は当番組を機に司会を評価され、司会業をさらに確立しその後1999年までの間にレギュラー番組では『中居くん温泉』『サンデージャングル』『ボク生き』『うたばん』『サタスマ』といっきに5番組も獲得した(特番でも『FNS27時間テレビ』『NHK紅白歌合戦』『新春かくし芸大会』などの司会の仕事が激増した)。

コーナー[編集]

音楽談義(メインコーナー)
  • 司会とゲストが音楽を中心にトークをするコーナー。小室がMC時代は、小室がゲストの印象や楽曲のイメージを語っていた。
歌コーナー
  • 小室がMC時代のコーナーで、番組の最後には、小室のシンセサイザーピアノの演奏で自身のプロデュース楽曲をゲストが歌うコーナーが行われていた。
  • 中居がMC時代には廃止されていて、華原がMC時代には自身の思い入れがある楽曲を歌うコーナーとして復活した。
TK MUSIC CLAMP "FACTORY"

出演者[編集]

MC(総合司会)[編集]

単発トーク司会[編集]

トークゲスト[編集]

小室哲哉MC時代
中居正広MC時代
華原朋美MC時代

歌ゲスト[編集]

ほか

関連項目[編集]

外部リンク[編集]