山内雄喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山内 雄喜 (やまうち ゆうき、1948年7月20日 - )は東京都出身のミュージシャン。1970年代のハワイ文化復興運動に広く知られるようになったアコースティック・ギターのスラックキー奏法を現地で学び、帰国後、音源製作と教則本やレコードガイドなどの著作を通じて紹介した。還暦を迎える2008年には、ハワイ音楽史を解説する7枚組のCDを刊行している。

略歴[編集]

レコードやラジオ番組で聴いたハワイアンに興味を持ち、中学時代にスチール・ギターを始め、大学時代になると独学でスラック・キー・ギターを始める。

大学卒業後、自分のやっていることが正しいかどうかを確かめたいという気持ちでハワイに渡る。当初はギャビー・パイヌイ(en:Gabby Pahinui)[1]に習うつもりだったがつかまらず、スラックキー・ギタリストを尋ね歩いた結果、最終的にレイ・カーネ(en:Ray Kane)[2]に弟子入りする。ハワイ滞在中は、Ray、Gabbyをはじめ、Sonny Chillingworth、Atta Isaacs、Alice Namakeluaらとも共演する。

帰国後は家業のこんにゃく屋を本業としつつ、並行してミュージシャンとして活動している。アルバムのリリース、ハワイアンや沖縄音楽のアルバムへの参加、書籍の執筆、解説文の執筆、ライブ活動、教室の開催など、ハワイアンを軸にした活動は多岐に渡る。カーネ夫妻をはじめとするハワイのアーティストとのトラディショナル・ハワイアン分野での交流にとどまらず、久保田麻琴サンディーKONISHIKIら日本のアーティストやアジア・太平洋地域のミュージシャンとも幅広い音楽活動を行なった。

近年はスラック・キー・ギターの普及に特に力を注いでいる。

2014年、ナ・ホク・ハノハノ賞2014にて、Ki Ho‘alu(スラック・キー・ギター) Foundation Legacy Awardを受賞。

ALANIの愛称で呼ばれるが、これはオレンジという意味で、Ray Kāneからもらったハワイアン・ネームである。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Plays The Slack Key Guitar(1997年6月20日、リスペクトレコード RES-16)
  • HAWAIIAN STEEL GUITAR(1998年6月21日、リスペクトレコード RES-23)
  • ‘UKULELE HAWAIIAN STYLE(1999年6月27日、リスペクトレコード RES-32)
  • Na Mele O Hawai’i E Alani
    • vol.1 古代のハワイ音楽 <スラック・キー・ギター インスト編>(2008年3月23日)
    • vol.2 ハワイ王国時代のハワイ音楽 <インスト編>(2008年4月27日)
    • vol.3 20世紀初頭のハワイ音楽 <インスト編>(2008年6月22日)
    • vol.4 古代のハワイ音楽~20世紀初頭のハワイ音楽 <ヴォーカル編>(2008年6月22日)
    • vol.5 アメリカの中のハワイアン・ミュージック<インスト編> (2008年7月27日)
  • ALANI-Sprit of Slack Key Guitar(2008年6月25日、ビクターエンタテインメント

バンドとしての活動はAlani Ohana Bandも参照のこと

書籍[編集]

  • ハワイ音楽パラダイス 虹のアロハ・スピリット(1997年、 ISBN 978-4873710228) - サンディーとの対談集
  • THE DIG PRESENTS DISC GUIDE SERIES ハワイアン・ミュージック(2007年、シンコーミュージック・エンタテイメント ISBN 978-4-401-63083-7
  • lohe lohe! ハワイの音楽本(2007年、デザインオフィースケイ ISBN 978-4902684070) - 藤崎真一との共著
  • ハワイアン・スラック・キー・ギターをゆる〜く弾こう!(2008年、インタープランニング ISBN 978-4901285117
  • ハワイアン・スタイル・ウクレレをかる〜く弾こう!(2010年、インタープランニング ISBN 978-4-901285-14-8

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1972年、Hawaiian Music Foundation が企画した初のスラックキー・ギター・コンサートに出演した第一人者。1980年没。
  2. ^ 1973年からHawaiian Music Foundationの委嘱でコンサート活動。1987年に米国芸術財団からNational Heritage Fellowshipを受賞。イロディア夫人は歌手。2008年没。