SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Seagull Screaming
Kiss Her Kiss Her
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル インディー・ロック
活動期間 1992年 - 2002年
2014年 -
レーベル トラットリア/ポリスター
Cardinal Records
PAMGRIER
メンバー 日暮愛葉
中尾憲太郎
おかもとなおこ
蓮尾理之
一ノ瀬雄太
moe
旧メンバー 小山ナオ
辛島孝治

SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER(シーガル・スクリーミング・キス・ハー・キス・ハー)は、日本オルタナティヴ・ロックバンド

概略[編集]

1992年に日暮愛葉を中心に結成[1]。当時としては珍しく最初から海外での活動を念頭に置き、Buffalo DaughterCIBO MATTOらと共に、海外の空気を含んだ、新しいバンドの文脈を形成[1]。当初はブリットポップやキャンディポップのような曲をやっていた[2]。4曲入りのデモを作ると、カジヒデキのおかげでESCALATOR RECORDSの仲真史主宰のa trumpet trumpet RECORDSからのリリースが決まる[2]。日本とニューヨークを行き来する間に小山ナオや辛島孝治と出会い、次第にカワイイ曲調からシーガルらしい尖った音に変わって行った[2]1996年小山田圭吾(フリッパーズ・ギターコーネリアス)主宰のトラットリア/ポリスターから作品を発表するようになる。2002年に活動休止。2014年、日暮にとって近年のパートナーである中尾憲太郎の提案により、新メンバーを迎えて新生SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HERとして再始動[1]

バンド名[編集]

イギリスのバンド、XTCのアルバム『ザ・ビッグ・エキスプレス』収録曲「Seagulls screaming kiss her,kiss her」を長すぎて面白いと思った事と、XTCが好きという理由から決められた。初ライブ当日に決めたという[3]

メンバー[編集]

ボーカルギター担当。
ベースコーラス担当。
Crypt City、younGSounds、元ナンバーガール
  • おかもとなおこ
ドラムス担当。
つばき、THE GIRL、DQS。
  • 蓮尾理之
キーボード担当。
bonanzas、ザ・ジェッジジョンソン、385、元School Food Punishment
  • 一ノ瀬雄太
ギター担当。
快速東京。
  • moe
コーラス担当。
Miila and the Geeks、Twee Grrrls Club。

旧メンバー[編集]

  • イトウサチコ
結成当時のメンバー。
ベース・ボーカル担当。
2002年の活動休止後、イラストレーター“ナオミ・レモン”として活動。
  • 辛島孝治
ドラム担当。
1999年に脱退。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

VIDEO/DVD[編集]

映画音楽[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]