天と地と SOUNDTRACK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天と地と
小室哲哉サウンドトラック
リリース
録音 1989年5月30日 -
1990年4月21日[1]
Studio AVR
ジャンル サウンドトラック
アンビエント
純邦楽
レーベル EPIC/SONY RECORDS
プロデュース 小室哲哉
日向大介
小室哲哉 アルバム 年表
SEVEN DAYS WAR MUSIC FROM THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK
1988年
天と地と
1990年
マドモアゼル・モーツァルト
(1991年)
『天と地と』収録のシングル
テンプレートを表示

天と地と』(てんとちと)は、小室哲哉1990年6月1日EPIC・ソニーレコードよりリリースした、同年6月23日公開の角川映画天と地と』のサウンドトラック・アルバムである。規格品番はESCB-1057。

解説[編集]

Digitalian is eating breakfast」制作時「広大なプロモーションビデオを見ているような感じ」をコンセプトとしたオリジナルのフルのインストソロアルバムを制作しようとした時の小室の元に劇判制作のオファーが舞い込んだ為、そのコンセプトを本作にスライドした。小室は「この仕事の依頼がなかったら、『Digitalian is eating breakfast』にインストの楽曲がもっと多く収録されていた」と答えている[2][3]

小室・日向の間で「全ての音を鳴りも含めてシンクラヴィアで録音・再現する」という意向の元で大宮ソニックシティを借り切ってレコーディングされた。楽器の響きをより厚く再現し、且つ和楽器では出せない迫力を演出し、その音源を映像と合わせるために、敢えて西洋楽器の生音をサンプリングして、残響音の付け方を編集して、琴の音色に近づける等の工夫を凝らした。フルオーケストラに聞こえる音も、録った生音を一つひとつ最低25回はキーボードの手弾きで重ねて厚みを再現していき、そのトラック数は200を越えたという。後に小室は「オーケストラでやった方が何十倍も楽だったね」と語っている[4][5]

シンセサイザーの音色の人工的な感触を除き、臨場感を持たせるために、1990年2月20日に1000人のファンを招待した大宮ソニックシティで公開録音を行い、あらかじめレコーディングを終えた音源をコンサートの要領で流して、ファンのざわめきから出来上がる空気感を拾っていった[6][1]

制作スケジュールに比較的余裕があったので、映像編集アフレコ・映画館の音響システムのチェックまで深く関わった[7]。仮編集のときに角川春樹と意見交換した後、同じ曲を2,3回作り直した。メインテーマ以外での細かく短い曲もあり、未収録楽曲も含めると制作した楽曲は40曲以上になる[2][8]

スケジュールを守るために割り切り、スタッフに聞かせる「完全版」・サラウンドに対応させるため、「この音色でないとだめ」という技術上の規制に対応し、もし対応していない環境の映画館でもまずまず聞けれる様に配慮した音色作りの「劇場公開用」・フレーズは同じだけど音色を全て変えて、どの様に自分のアーティスティックなソロアルバムとして独立させるかに拘り、仕上げに1990年4月上旬から1週間かけて録り直した「CD用」と3タイプのトラックダウンが行われた[9][10][2]

小室は本作の制作を通して、「それ以前はリズム主体でないと音楽を作れず、ミキシングの段階で消したとしてもリズムがあったという痕跡が残ってしまったが、リズム以外の発想でも音楽が作れるようになった」[11]「音の入り方が1フレームずれるだけで全然違う」[7]と語っている。

曲目[編集]

  1. 落花
  2. 疾風
  3. 黎明
  4. 躑躅
  5. 宇宙
  6. 天と地と

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』 1990年7月号112Pより。
  2. ^ a b c ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』 1990年6月号9P-10Pより。
  3. ^ ソニー・マガジンズ刊「WHAT's IN?」1991年2月号53Pより。
  4. ^ 小学館刊「FMレコパル」1990年5月28日号16P-17Pより。
  5. ^ TKが日向大介氏のラジオ番組にゲスト出演!より。
  6. ^ 角川書店刊「YOUNG ROSE」1990年6月号188Pより。
  7. ^ a b 集英社刊『週刊プレイボーイ』1991年4月9日号210Pより。
  8. ^ キネマ旬報社刊「キネマ旬報」1990年6月下旬号20-21Pより。
  9. ^ ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』 1990年4月号9Pより。
  10. ^ ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』 1990年6月号72Pより。
  11. ^ ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』 1992年2月号23Pより。