大谷香奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大谷 香奈子(おおたに かなこ、本名:後藤 香奈子(ごとう かなこ)、1966年8月24日 - )は、日本の元歌手実業家。血液型はO型。

来歴・人物[編集]

東京都に生まれる。1984年8月1日、アイドルデュオ「キララとウララ」の「キララ」として、天野なぎさ(ウララ)とともにデビュー。5枚のシングル、1枚のアルバムをリリースした後、解散後の1988年小室哲哉結婚。小室と共に一時イギリスで生活をしていた。その時に飼っていたミニチュア・シュナウザーの「ユンカース」は、後に木根尚登の小説「ユンカース・カム・ヒア」のモデルとなった。

1990年HBCラジオで「ハートビートクラブ」が放送開始され、パーソナリティーは2名で、最初のパートナーは椎名桂子、その後何度かパートナーが交代した後、最後は武田真治とのコンビであった。パートナーが変わるたび番組名も「小室香奈子と○○のハートビートクラブ」と変わっていた。番組初期は小室とのエピソードなどもたびたび話していたが、後の1992年に協議離婚となった際に「ハートビートクラブ」内で発表しており、離婚して以降も小室姓で放送を続けていた。

また、レポーターとしても活動。また、国内初の犬のファッションブランドを立ち上げ、ペットビジネスに参入すると共に、新聞・雑誌で犬に関するエッセイの執筆なども行う。

1995年、株式会社デザインエフを設立。2000年、ニューワールドプロダクションズ社長・後藤貴之と再婚。現在は大谷香子、本名の姓も後藤に改め、引き続き会社経営の傍らグッズの企画・デザインを手掛けている。

実弟は小室プロデュースでデビューした元歌手の大谷健吾

外部リンク[編集]