GET WILD DECADE RUN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GET WILD DECADE RUN
TM NETWORKシングル
初出アルバム『キヲクトキロク 〜 Major Turn-Round
A面 GET WILD DECADE RUN
B面 GET WILD DECADE RUN-112 CLUB MIX
IT'S GONNA BE ALRIGHT
IT'S GONNA BE ALRIGHT-INSTRUMENTAL
GET WILD DECADE RUN-INSTRUMENTAL
リリース
規格 12センチCD
12インチレコード
録音 TRUE KiSS DiSC STUDIOS
HONOLULU
ジャンル ロック
テクノ
ヒップホップ
時間
レーベル Sony Music Entertainment (Japan) / TRUE KiSS DiSC
作詞・作曲 作詞 : 小室みつ子小室哲哉
作曲 : 小室哲哉
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
TM NETWORK シングル 年表
Nights of The Knife
(1994年)
GET WILD DECADE RUN
(1999年)
10 YEARS AFTER
(1999年)
テンプレートを表示

GET WILD DECADE RUN」(ゲット・ワイルド・ディケイド・ラン)は、TM NETWORKの29枚目のシングル。

内容[編集]

TM NETWORK再始動の曲。再始動にあたり、知名度があって、かつ変わったというのがわかりやすいという理由で「Get Wild」のリメイクとなった。

アレンジが大幅に変更され、Aメロのキーが1オクターブ低くなり、歌詞が小室により追加・変更され、曲の雰囲気も大幅に変更されている。「DECADE RUN」だけでも何種類か別ヴァージョンがある。「DECADE RUN」を更にリミックスした「112 CLUB MIX」が作られ、PV用にサビ以外はインストゥルメンタルにされたミックスも用意、アルバム「キヲクトキロク」にはラフミックスの「'99 Version」が収録されている。

c/wの「IT'S GONNA BE ALRIGHT」は、実質的な再活動後の1曲目となる新曲。元々、木根尚登にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)からサポートソングの依頼が来ていたが、これをTM NETWORKでやってはどうかという木根の提案により、TM NETWORKとしてのリリースとなった[1]。当時長らくプロデューサーに徹していた小室は「中々バンドマン視点でのアイディアが湧かず、詰んでいた」状態で制作したという[2]

アナログ盤も発売され、CDには未収録の「GET WILD DECADE RUN」のインストゥルメンタル・バージョンが収録されている。その代わり「IT'S GONNA BE ALRIGHT」のインストゥルメンタル・ヴァージョンはこちらでは未収録となっている。

2012年にリリースされた『ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999』に、アナログ盤限定であったインストゥルメンタル・ヴァージョンが新規に収録されている。

収録曲[編集]

CD版[編集]

  1. GET WILD DECADE RUN
  2. GET WILD DECADE RUN-112 CLUB MIX
    • 作詞 : 小室みつ子、小室哲哉 作曲・編曲 : 小室哲哉
  3. IT'S GONNA BE ALRIGHT
    • 作詞・作曲・編曲 : 小室哲哉
  4. IT'S GONNA BE ALRIGHT-INSTRUMENTAL
    • 作曲・編曲 : 小室哲哉

アナログ盤[編集]

  1. GET WILD DECADE RUN
  2. GET WILD DECADE RUN-112 CLUB MIX
  3. GET WILD DECADE RUN-INSTRUMENTAL
    • 作曲・編曲 : 小室哲哉
  4. IT'S GONNA BE ALRIGHT

収録アルバム[編集]

GET WILD DECADE RUN

IT'S GONNA BE ALRIGHT

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ メディアファクトリー刊 『続・電気仕掛けの預言者たち』 木根尚登著より。
  2. ^ テレビ朝日系列『アップデート大学』2016年11月6日放送分より。