RESISTANCE (TM NETWORKの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
RESISTANCE
TM NETWORKシングル
初出アルバム『humansystem
B面 Come Back To Asia
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ロック
レーベル エピックソニーレコード
作詞・作曲 作詞:小室みつ子
作曲:小室哲哉
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
TM NETWORK シングル 年表
Kiss You (世界は宇宙と恋におちる)
1987年
RESISTANCE
1988年
BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)
(1988年)
テンプレートを表示

RESISTANCE」(レジスタンス)は、TM NETWORKの12枚目のシングル。

解説[編集]

1987年11月11日にリリースされた5枚目のアルバム『humansystem』からのリカット・シングル。テレビドラマ『痛快!ロックンロール通り』(TBS系)主題歌。先行シングルを「KISS YOU」と「RESISTANCE」とで争った。結果「KISS YOU」を先行シングルとしてリリース。そのため、この曲のシングル化は後になったという経緯がある。なお、こののシングルCD盤は1988年2月26日発売で、CBSソニーグループ(当時)の8cmシングルCDとしては第1回リリース作品の内の1枚にあたる。

もともとアルバム『Self Control』用にバラードとして作られた曲のアウトテイクであり、プロデューサーの小坂洋二、そしてメンバーの宇都宮・木根のアイデアでアップナンバーに作り替えられたという経緯がある。そのためか、アルバム『DRESS』のバージョンでは本シングル盤とは異なる荘厳なアレンジとなっており、また、1992年小室哲哉セルフカバーアルバム『Hit Factory』では歌詞を書き直した上で、本来小室が構想していたバラードとして収録されている。

当初、小室みつ子は詞のサビ終わりを「走り続ける」ではなく「歩き続ける」と書いたのだが、宇都宮隆に「TMは歩いてるのではなく、走ってる」と言われ「走り続ける」に改変したという経緯がある。

1994年には作詞を手がけた小室みつ子が「RESISTANCE」をカバーしている。

「『Come on Let’s Dance』とともに青山純さんのドラムがす ごく大きい」と小室哲哉は語っている。[1]

収録曲[編集]

  1. Resistance
  2. Come Back To Asia
    • 作詞:小室みつ子/作曲:木根尚登/編曲:小室哲哉

収録アルバム[編集]

Resistance

Come Back To Asia

出典[編集]

  1. ^ 「TM NETWORK 30th Anniversary Special Issue 小室哲哉ぴあ TM編 (ぴあMOOK)」49ページの小室哲哉 のインタビュー
「RESISTANCE」の調
1A・1B
2A・2B・2C
3A 間奏・3B・3C 4A 間奏 5A
A-major f-sharp-minor.svgイ長調
(A)
C-major a-minor.svgハ長調
(C)
A-major f-sharp-minor.svgイ長調
(A)
C-major a-minor.svgハ長調
(C)
A-major f-sharp-minor.svgイ長調
(A)
C-major a-minor.svgハ長調
(C)