TK PRESENTS SYNTHESIZED TRANCE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
TK PRESENTS SYNTHESIZED TRANCE
小室哲哉ライブ・アルバム
リリース
ジャンル トランス
純邦楽
レーベル gaball screen
プロデュース 小室哲哉
テンプレートを表示

TK PRESENTS SYNTHESIZED TRANCE(ティーケー・プレゼンツ・シンセサイザード・トランス)は小室哲哉が行ったソロ・ライブツアーであり、または同名のタイトルでリリースされたライブ・アルバムである。

ツアー TK PRESENTS SYNTHESIZED TRANCE[編集]

  • 会場はクラブに限定していた。
  • 参加するミュージシャンは日替わりで変えられていた。

サポートミュージシャン[編集]

DJ[編集]

  • DJ DADO(IBIZA)
  • DJ SERGE(IBIZA)
  • DIMITRI D.K,N.(LONDON)
  • DAN2
  • DJ DRAGON
  • DJ TOMO(Whitehouse)
  • YO*C
  • MONABE
  • DJ CUNT(MASS UNITED)
  • DJ DOMINO
  • FUNKY GONG
  • DJ HOLEG MITSUMOTO
  • DJ Mike Maguire(Juno Reactor/Qube Records)
  • RYO(SOLSTICE MUSIC)

VJ[編集]

ヴォーカル[編集]

アルバム TK PRESENTS SYNTHESIZED TRANCE[編集]

  • ライブ会場で流れた音を直接録音したのではなく、卓上ミキシングコンソールのハードディスクに内蔵してあった楽曲を即興でリミックスしたバージョンをそのまま録音している。また、書き下ろしの新曲が多いため実質上はスタジオ・アルバム、或いはリミックスアルバムに近い構成である。
  • 版権の都合上、ヴォーカルが参加している楽曲は収録されていない。
  • TSUTAYAのみで限定販売された。
  • 「BRIDGE TO ETERNITY」は後にglobeが発表する「out of © control」とほぼ全フレーズ・構成が一緒であり、事実上原型とも言える。
  • 「MANY CLASSIC MOMENTS」はglobeがリリースした同名の曲より1部分のみ引用しており、それ以外は全くの別物である。
  • 「絹の道より…」は小室とkcoの結婚披露宴の新郎新婦入場の際に入場BGMとして流された。
  • 下記の楽曲は特に記名がない限り、作・編曲は小室である。

TK PRESENTS SYNTHESIZED TRANCE vol.1[編集]

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「FORCE FEEDBACK」  
2.「LIFE OF VIBE」  
3.「ORDINARY SPACE」  
4.「F442」  
5.「INJECTION (TK REMIX)」  
6.「PULSAR-PICOTTO VERDI MIX」  

TK PRESENTS SYNTHESIZED TRANCE vol.2[編集]

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「HIDDEN FRONTIER」  
2.「FOREIGN SHORE」  
3.「CLOUD 9」  
4.「KOMODO」  
5.「BRIDGE TO ETERNITY」  
6.「MANY CLASSIC MOMENTS」  
7.「IN TRANSIT」  
8.「GOING OUT THING」  
9.「OUT OF PERSPECTIVE」  
10.「絹の道より…」  


ALL MUSIC MIXED LIVE by TETSUYA KOMURO

EXCEPT:
MUSIC & ARRANGEMENT by DJ DRAGON for "F442"
MUSIC & ARRANGEMENT by ALEX GOLD for "FOREIGN SHORE"
Produced by G.BORTOLOTTI & M.PICOTTO for "PULSAR-PICOTTO VERDI MIX" "KOMODO"
Produced & MUSIC & ARRANGEMENT by GABALL for "LIFE OF VIBE" "GOING OUT THING" "OUT OF RESPECTIVE"