原田大三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

原田 大三郎(はらだ だいざぶろう、1956年10月21日 - )は、日本の映像作家。多摩美術大学情報デザイン学科メディアアートコースの教授であり国内で著名なCGクリエイター写真家映像作家。株式会社ドロップイン代表。ヴァイオリニストの原田幸一郎は兄。VJの先駆者など映像の新たな可能性を追求し、幅広く活動中。

来歴[編集]

福岡県生まれ。1995年の阪神淡路大震災をきっかけにスタートした神戸学校で三人兄弟の末っ子と語っている。長男(兄)がクラシックのバイオリニストである。九州産業大学芸術学部を経て1983年筑波大学大学院修了1985年から庄野晴彦とビデオパフォーマンスユニットのRADICAL TVを結成し、また単独としても早くから映像やCG作家として活躍している。

坂本龍一LUNA SEATM NETWORKglobe安室奈美恵等のコンサート映像監督や演出などが有名。また多くの映画のCG製作やスチル写真撮影、またシャープ製液晶テレビのAQUOSで流れる映像作成やNHKでの仕事も多い。

2001年には小室哲哉DJ DRAGONらとGABALLというテクノトランスユニットを結成し、自らはVJとして参加する。

2004年には東京都品川駅近くにあるキヤノンサロンSで作品展の「Dynamics 衝突の力学 -ある有機体との出会い-」が開催。著名な戦闘機や独自製作の飛行体と様々な特性を持つ有機体との衝突をCGでシミュレーションし、プロジェクターで上映された。この作品展自体の趣旨は、造形物自体のリアリティーを楽しむというよりも、有機体と飛行体が衝突する際に双方が見せる複雑な変化の美しさに主眼が置かれ、その瞬間自体の気持ちよさを楽しむという内容となった。

人物像[編集]

小室哲哉からは「映像はデモ段階の物を見せるのは中々難しいけど、彼はデモの時点で動いて見せられることが出来るレベルの作品を1日で作ることが出来る」と賛辞している[1][2]

受賞歴[編集]

参加作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

PV・CM[編集]

コンサート映像監督[編集]

その他[編集]

審査員歴[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Yahoo! Internet Guide」2000年10月号より。
  2. ^ リットーミュージック刊 『キーボード・マガジン』 2001年10・11月合併号より。

外部リンク[編集]