ズボンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ズボンズ
Zoobombs montreal2005.jpg
基本情報
別名 The Zoobombs
出身地 東京都
ジャンル ロック
ファンク
オルタナティブ・ロック
活動期間 1994年 - 2013年
2015年 -
公式サイト The Zoobombs (ズボンズ)
メンバー ドン・マツオ(ボーカル・ギター)
マッタイラ(キーボード・ボーカル)
ブッカビリー(ドラム)
マッチ(ベース)*サポート
旧メンバー ムーストップ(ベース)
アツシ(ドラム)
ピロ(パーカッション)
ポッキー(ドラム)
ピット(ドラム)

ズボンズ(The Zoobombs)は、日本ロックバンド1994年結成。2013年に一時活動終了するも、2015年に新メンバーを迎えて活動を再開することが発表された[1]

概要[編集]

1994年9月、満月の夜の東京にて結成。Rolling Stonesの"正統的"なRockサウンドを基礎に持ち、James BrownのFunk、Miles DavisのElectric Jazz、Stoogesのサイケデリック&アバンギャルド感覚をミックス。Hip Hop以降、オルタナティブ・ロック以降の感性で演奏する。バンドのパフォーマンスは他に比較しようがなく、時にPink Floydであったり、Jimi HendrixLed ZeppelinThe Whoなどと比較される。ロックの本質を問う激しいパフォーマンスは、国内外問わず評価が高い。

4本のカセットを自主制作で販売後、クアトロレーベルより3枚のアルバムをリリース。2000年東芝EMIよりメジャーデビュー。Virgin/EMIに3枚のアルバム、P-Vine、Ultra Vybeにそれぞれ1枚ずつのアルバムを残し、2009年には結成15周年記念として自主レーベル"Donuts Worm"を設立。すべて新録音のベストアルバムを製作し、そこをスタートとして活動を一新する。同時にアメリカでの活動も活発になり、The Museboxと契約。2012年にはアルバム「The Sweet Passion」を日米豪でリリース[2]

2013年9月22日、東京・下北沢BASEMENT BARで行われたライブをもって活動を終了[3]を宣言するも、2015年ブッカビリーの復帰に伴い活動を再開する。 同年4月〜カナダツアー。

メンバー[編集]

  • ドン・マツオ(ボーカル・ギター)2006年ソロデビュー。
  • マッタイラ(キーボード・ボーカル)
  • ブッカビリー(ドラム)
  • マッチ(ベース) 2015年サポートとして加入

元メンバー

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • Mo'Funky(1998年5月21日)
  • Bomb the Bomb(1998年7月18日)
  • Hot Love(1999年7月16日)スペースシャワーTV1999年7月度POWER PUSH
  • Doo-Bee(2000年8月30日)
  • Funky Movin'(2001年)
  • Feel Ur Sex From The Funky,funky Music(2002年)
  • Jumbo(2002年/オーストラリアのみ)
  • Pisces(2005年9月21日)
  • Colombie(2005年10月19日)
  • zoobombscrazy ep.(2006年7月5日)
  • Cowboy Trumps(2012年12月)カヴァー集

アルバム[編集]

  • SUPER FUNCY OF ズボンズ(1997年3月20日)
  • Welcome Back,Zoobombs!(1997年9月20日)
  • LET IT BOMB(1998年9月19日)
  • Bomb Freak Express(1999年8月6日)
  • Dirty Bomb(2000年10月12日)
  • Bomb You Live(2000年12月13日)ライブアルバム
  • Love Is Funky(2002年6月26日)
  • New Sanfrancisco(2004年10月15日)
  • B★B★B(2006年11月18日)
  • Bear's Banquet(2007年11月24日)ライブアルバム
  • Nightfriend of Zoobombs (2009年12月9日) ベストアルバム
  • Midnightfriend of Zoobombs (2010年4月24日) ベストアルバム2
  • AGITATION (2011年12月2日)
  • The Sweet Passion (2012年6月6日)
  • On The Jungle(2013年6月)

DVD[編集]

  • WHY DO THEY ROCK SO HARD?(2002年7月10日)

参加作品[編集]

2. I’M WAITING FOR THE MAN
  • JOYRIDE ― 矢沢永吉 スーパー・カバー・トラックス(2001年)
8. 黒く塗りつぶせ
  • LONDON PUNK 1977 Tribute Album(2004年)
4. NEW ROSE (The Damned)
6.Burning Farm
  • RESPECT THE STONES(2006年)
2. Rip This Joint
  • RESPECT THE STONES 2(2007年)
5. Sympathy For The Devil

ドン・マツオ プロデュース作品[編集]

6. Rainbow st.
  • フルーツ!フルーツ!フルーツ!/ザ・フルーツ(2011年)
  • vero/水中ブランコ(2014年)


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]