as A person

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
as A person
華原朋美シングル
初出アルバム『One Fine Day
B面 as A person【Version N】
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル WARNER MUSIC JAPAN
作詞・作曲 華原朋美(作詞)
菊池一仁(作曲)
プロデュース 松浦勝人
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 1999年度年間79位(オリコン)
華原朋美 シングル 年表
daily news
1998年)
as A person
1999年
be honest
1999年
テンプレートを表示

as A person」(アズ・ア・パーソン)は、日本の女性歌手華原朋美の14枚目のシングル。

解説[編集]

  • 小室哲哉と破局後、色々な騒動や休養を挟んで、およそ9ヶ月ぶりの新曲となった。復帰第1弾シングル。
  • 小室プロデュース離脱後、初のシングル作品。事務所もTKステートからプロダクション尾木に移籍した。
  • 発売日が小室哲哉がメンバーのTM NETWORKの楽曲「GET WILD DECADE RUN」と重なった。
  • 初の本人単独での作詞で、プロデューサーかつ恋人だった小室へのメッセージソングとして話題になった。作曲は浜崎あゆみV6Every Little Thingなどのヒット曲で知られる菊池一仁
  • 発売前の6月に静岡県御殿場市の乗馬クラブ「アルカディア」で白馬に跨って登場し、復帰会見を行ったが、当時は明らかに不完全な状態で本人曰く、30%程度しか本来の自分を取り戻していない状態であった。TVでも痛々しい姿で復帰し、当時は激太りだったと語っている。
  • 完全復活後の2001年に開催した当時デビュー7年目にして初となったファーストライブツアー“待っててくれてアリガトウ”では、涙ながらに力強く歌い、会場を感動させた。
  • 初登場で6位にランクインし、「here we are」以来、1年ぶりにTOP10入りを果たし、以降も3週連続10位内をキープし、最終的には約30万枚を売り上げた。
  • 1999オリコン年間シングルチャートでは79位。『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)年間パーフェクトランキングでは54位。

収録曲[編集]

  1. as A person
    作詞:Tomomi Kahala 作曲Kazuhito Kikuchi 編曲Masao Akashi
  2. as A person [Version N]
  3. as A person [instrumental]
  4. as A person [Version N / instrumental]

収録アルバム[編集]

as A person [as A....]
as A person [Classic Version]
ベストアルバム
as A person
as A person
その他
  • 「TOMOMI KAHARA FIRST LIVE 2001 〜待っててくれてアリガトウ〜」(ライヴVHS&DVD

タイアップ[編集]

  • NTV系「FUN」FUN'S RECOMMEND #006