岸谷香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
奥居香から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
岸谷 香
出生名 奥居香
生誕 (1967-02-17) 1967年2月17日(51歳)
日本の旗 日本 広島県広島市
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 明治大学付属中野高等学校定時制中退
ジャンル J-POP
ロック
職業 シンガーソングライター
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
ベース
ピアノ
キーボード
活動期間 1983年 -
レーベル SME Records
事務所 シンコー・ミュージック[注 1]
オールスパイスカンパニー
共同作業者 プリンセス プリンセス
富田京子
中山加奈子
鎌田雅人
和田唱TRICERATOPS
Unlock the girls
公式サイト KAORI KISHITANI.com

岸谷 香きしたに かおり女性1967年2月17日 - )は、日本シンガーソングライター。かつては奥居 香おくい かおり。結婚前の本名)名義で活動していた。所属事務所はオールスパイスカンパニー。夫は俳優岸谷五朗

概要[編集]

広島県広島市生まれ、東京都育ち[1][2][3]玉川聖学院高等部中退、明治大学付属中野高等学校定時制編入・中退。

PRINCESS PRINCESS時代から引き続き、歌手活動のほか、多くのアーティストに主に作曲家として毎年1〜2組ペースで楽曲を提供したり、音楽プロデュース活動を行ったりしている。また、つるの剛士のカバーアルバムにはコーラスで参加したりもしている。

「子育ては、絶対に手を抜かない」と語るほど熱心な教育ママだが、子供の入学願書を前日に郵便局に持参するなど、おっちょこちょいな面もある。

来歴[編集]

1983年
1986年
1987年
1994年
  • 8月1日、初のソロシングル「奇跡の時」をリリース。バンド活動と並行してソロとしての活動を開始。
1995年
  • 3月4日〜5日、初のソロライヴ「音楽会」をNHKホールで開催。
1996年
  • 5月31日、PRINCESS PRINCESS解散。その直後に俳優岸谷五朗と結婚する。
1997年
  • しばらく休養ののち、4月16日にリリースされたシングル「ハッピーマン」でソロ活動を再開。
  • 7月21日、アルバム「Shout」をリリース。
  • 8月23日〜、「CONCERT TOUR '97 ハッピーマンがやってきた」を行う、6ヶ所8公演。
1998年
  • 5月30日、アルバム「香」リリース。
  • 7月17日〜、「CONCERT TOUR'98 ひまわり」を行う、全14公演。
2000年
  • この年より2001年にかけて、南青山MANDALAでライブ「四季のうた」を行う。
  • 5月8日・21日、四季のうた春。8月20日・25日、四季のうた夏。11月4日・11月11日、四季のうた秋。
2001年
  • 2月24日・3月4日、四季のうた冬。
  • 4月17日、四季のうたベスト・オブ・マンダラ。
  • 夏、第一子(男子)を出産。これを契機に、結婚後の本名である岸谷香へと芸名を改める。
2003年
  • 2月23日・3月10日、南青山MANDALAでライブ「Kaori Kishitani Live'03 "ロングバケーション"」を行う。
  • 夏、第二子(女子)を出産。
2006年
  • 3月8日、8年ぶりのシングル「Hello Hello」をリリース。
  • 4月19日、シングル「Ice Age」をリリースする。
  • 5月31日、アルバム「Ring to the Heavens」(鎌田雅人プロデュース)をリリースし、6月3日には東京都内でライブを行った。
  • 12月13日に「Singing」をリリースし、映画『名犬ラッシー』日本版エンディングテーマに起用される。
2008年
  • 9月6日、渋谷のDUO MUSIC EXCHANGEで2年ぶりにライブを行う。準備体操ライブ 〜さびないようにね!〜。
2009年
  • 3月27・28日、渋谷のSHIBUYA-AXでライブを行う。準備体操ライブ 〜さびないようにね! パート2〜。
2010年
  • 1月2・3日、赤坂BLITZでライブを行う。準備体操ライブ 〜さびないようにね! パート3〜。
  • 1月2日「ぼくらのうた〜岸谷香バージョン〜」をリリース。配信限定シングルで着うた・着うたフルのみの配信。
2011年
  • 1月8・9日に赤坂BLITZで、1月15日に大阪BIG CATでライブを行う。準備体操ライブ 〜さびないようにね! パート4〜。大阪では12年ぶりのライブとなった。
2012年
  • 1月、震災復興支援の為、1年限定でプリンセス・プリンセス再結成。
  • 3月24日になんばHatchで、25日に名古屋クラブクアトロ、31日、4月1日にSHIBUYA-AXでライブを行う。準備体操ライブ 〜さびないようにね! パート5〜。
2013年
  • 準備体操ライブ 〜さびないようにね! パート6〜ツアーを4〜5月に5ヶ所6公演を行う。この準備体操ライブは今回で最後。
2014年
  • 5月21日、ベストアルバム「The Best and More」をリリース。
  • 6月14日〜、「岸谷香 2014 LIVE TOUR 47th SHOUT! "いくわよー!!"」を行う。6ヶ所8公演。
  • 6月25日、シングル「Romantic Warriors」をリリース。
  • 12月4日、1人演奏会「ひとりでできるもん」を開催。1ヶ所2公演。
2015年
  • 6月24日、シングル「DREAM」をリリース、9月から10月にかけてツアー「KAORI KISHITANI 2015 LIVE TOUR 48th SHOUT! -レッツゴー!!年女-」を行う。8ヶ所10公演。ツアー内にてPRINCESS PRINCESSの再結成ファイナルライブを行うこと、2016年に10年振りにアルバムをリリースすることを発表した。
  • 12月、「KAORI PARADISE 2015 -年末スペシャル-」を行う。3ヶ所6公演。
2016年
  • 3月11日〜13日仙台PIT、3月25、26日には豊洲PITにてPRINCESS PRINCESSの再結成の締めくくりLIVEを行う。
  • 5月25日、10年振りのオリジナルアルバム『PIECE of BRIGHT』をリリース。
  • 6月〜7月には一人で弾き語りの全国ツアー「KAORI PARADISE 2016 -はじめてのひとり旅-」を行った。18ヶ所25公演。
  • 6月17日放送のミュージックステーションに、奥居時代の94年10月以来22年振りの出演をした。
2017年
  • 8月〜10月に一人で弾き語りの全国ツアー「KAORI PARADISE 2017 HAPPY 50th ANNIVERSARY ぶらりひとり旅」を行った。19ヶ所22公演。
2018年
  • 1月 岸谷香が率いるバンド「Unlock the girls」を結成。
  • 4月 全国16ヶ所18公演予定でツアーの実施を発表した(7月~10月)。「The history of Kaori’s line」をサブタイトルに掲げ、彼女がこれまでに作った楽曲の歴史をテーマにライブを展開する。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

「ハッピーマン」「SPARKLE」「ひまわり」は2013年8月21日に12cmで再発。

  • DREAM(2015年6月24日)

アルバム[編集]

  • Renaissance(1994年11月21日)
  • shout(1997年7月21日)
  • (1998年7月1日)
  • RING TO THE HEAVENS(2006年5月31日)
  • The Best and More(2014年5月21日)、ベストアルバム。
  • PIECE of BRIGHT (2016年5月25日)オリコン28位
  • Dialogue~涙の理由~(2017年7月26日)、ミニアルバム。
  • Unlock the girls (2018年1月24日)、ミニアルバム5曲

配信限定[編集]

  • Diamonds(岸谷香2006ソロバージョン)
  • ぼくらのうた(岸谷香バージョン) (2009年1月2日)NHKおかあさんといっしょに提供のセルフカヴァー。この時は着うた・着うたフルのみで配信された。後にRomantic Warriorsのカップリングとして収録。

ライブビデオ[編集]

  • 音楽会(1995年7月21日)VHS・LD
    「楽園の扉」「スターライトセレナーデ~星光小夜曲~」収録CD付き
  • KOTV ライブ・スペシャル'97(1998年3月21日)VHS・DVD

参加作品[編集]

CD未発表[編集]

  • 真珠(中山加奈子 作詞)
  • A Visiter
  • CRY BABY(富田京子 作詞)

[編集]

  • ばかたれ(1998年9月25日)
  • 岸谷家の子育て1826日(の一部)(2006年5月31日)

楽曲提供[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

  • フジテレビ系列『P-STOCK』(司会)
  • フジテレビ系列『恋ノウタ』(声の出演)

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • ニチレイ 『アセロラドリンク』(関東地方限定CM)
  • HITACHI 『DVDカムWOOO』(CM出演&楽曲提供)
  • UCCレギュラーコーヒー 『スーパーアロマ/アロマリッチ』(CM出演&CM楽曲提供)
  • 日清フーズ マ・マーブランド「どうしてマ・マーはおいしいの」(CM楽曲提供&歌唱&アフレコ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 現在のシンコーミュージック・エンタテイメント
  2. ^ 奥居香名義としての最後の楽曲。
  3. ^ 奥居が初めて他アーティストに提供した楽曲。

出典[編集]

外部リンク[編集]