西川悟平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西川 悟平(にしかわ ごへい、1974年 - )は日本のピアニスト。父の西川幹彦は浪曲師で5代目吉田奈良丸を名乗っている。

大阪府堺市(現在の西区)浜寺出身。ピアノを始めたのは15歳と遅かった。大阪音楽大学短期大学部ピアノ科卒業後、1999年ニューヨークミュージックセンター日本支部主催のコンサートでの演奏が故デイビッド・ブラッドショー英語版コスモ・ブオーノ英語版の目にとまり、同年ニューヨークへと渡った[1]

しかし2004年のリサイタル中に指に不調をきたし、診断の結果ジストニアと診断された[2]。一時は両腕が使えなくなったものの、その後の懸命なリハビリとカウンセリングの結果、現在は7本の指が動くまでに回復した。

ジストニア発症後もピアノの演奏を続ける一方、オペラ歌手としても活動しており、山田耕筰のオペラ『黒船』のニューヨーク公演にテノール歌手として出演した[3]

受賞[編集]

2019年

脚注[編集]

  1. ^ Greenwich International Conservatory of Music”. 2012年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月21日閲覧。
  2. ^ 指の障害を克服したピアニスト…西川悟平さん”. ZAKZAK(株式会社産経デジタル) (2009年7月28日). 2016年7月21日閲覧。
  3. ^ 堺ジャーナル182号
  4. ^ “ベストドレッサー賞に8人…ドラマ復帰の杏さん「覚悟の1年、評価光栄」”. 読売新聞オンライン. (2019年11月27日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20191127-OYT1T50222/ 2019年11月28日閲覧。