浜寺町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浜寺町
廃止日 1942年7月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 堺市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 大阪府
泉北郡
総人口 18,823
国勢調査1940年
隣接自治体 堺市、鳳町高石町
浜寺町役場
所在地 大阪府泉北郡浜寺町大字船尾
 表示 ウィキプロジェクト

浜寺町(はまでらちょう)は、かつて大阪府にあったである。現在の大阪府堺市西区の一部に相当する。

歴史[編集]

浜寺の名称は、14世紀中頃(正平年間)に三光国師が建立した大雄寺[1]南朝の拠点のひとつとなり、吉野の日雄寺が山寺と呼ばれたのに対して「浜寺」と呼ばれたことに由来する。

現在は堺市の地域名として定着しているが、本来的には高石市の羽衣なども含む広域地名であるため、高石市域にも浜寺郵便局や浜寺病院など「浜寺」を冠した施設があり、浜寺公園も両市に跨っている。

沿革[編集]

  • 1650年慶安3年) 大鳥郡石津村が上石津村と下石津村に分村。
  • 1875年明治8年) 大鳥郡東下村、西下村、山内下村が合併して下村となる。
  • 1889年(明治22年)4月1日 町村制施行により、大鳥郡下石津村、船尾村、下村が合併して浜寺村が発足。大字下石津に村役場を設置。
  • 1896年(明治29年)4月1日 郡の統廃合により、泉北郡に属する。
  • 1908年(明治41年) 大字船尾に村役場を移転。
  • 1914年大正3年)4月1日 町制を施行して、泉北郡浜寺町となる。
  • 1942年昭和17年)7月1日 泉北郡鳳町踞尾村八田荘村深井村東百舌鳥村と共に堺市に編入される。
  • 1943年(昭和18年) 堺市浜寺石津町東、浜寺石津町中、浜寺石津町西、浜寺船尾町東、浜寺船尾町西、浜寺諏訪森町東、浜寺諏訪森町中、浜寺諏訪森町西、浜寺元町、浜寺南町、浜寺昭和町、浜寺公園町の現行町名に改称。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

  • 阪堺電鉄
    • 下石津駅、石津川橋駅、諏訪ノ浜駅、浜寺駅

現在は上記の他に阪堺線石津北駅が所在するが、当時は未開業。また、現在は阪堺線海道畑駅および阪堺電鉄全駅は廃止されている。

道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の南海高師浜線伽羅橋駅の辺りにあったが応仁の乱により焼失。伽羅橋駅前に碑がある。また、浜寺諏訪森町中2丁に「三光橋」、「三光会館」と三光国師に由来するものが残っている。