ラジオ図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラジオ図書館
ジャンル ラジオドラマ
放送方式 録音放送
放送期間 1981年4月6日 - 1996年9月30日
放送時間 放送時間の節を参照
放送局 TBSラジオ
ネットワーク MBSラジオCBCラジオ
HBCラジオRKBラジオ
提供 霊友会
テンプレートを表示

ラジオ図書館』(ラジオとしょかん)は、かつてTBSラジオの製作によりJRN系で放送されていたラジオドラマ番組。宗教法人霊友会一社提供1981年4月6日放送開始。1996年9月末に終了した。

概要[編集]

前身番組は1973年10月から1981年3月まで続いた「ラジオ名画劇場」(案内役は淀川長治)。

毎週、基本的には一話完結のラジオドラマの放送。

取り上げられる作品は国内外を問わず、ジャンルも多岐にわたっており、O・ヘンリーのような海外の古典文学作品や、日本の古典、近代文学作品や、放送当時の人気作家の新作、ブラックユーモア小説や青春小説、幻想小説、時代物小説、エッセイなどからラジオドラマ化され放送されていた。

「特集」、「シリーズ」として数週関連したものが放送される事もあった。(例えば、同一原作者の「特集」、「作品集」、「短編集」などや、「直木賞作家シリーズ」、「昭和文学シリーズ」など。「短編集」などでは、同一原作者の短編作品の放送のほか、関連したテーマでの様々な原作者の短編作品が、オムニバス的に放送される放送回もあった。)

一つの作品が「前・後編」などで数週間連続で放送される事もあり、映画『天と地と』が公開された時期には、5週連続で放送されたこともあった。

子供が夏休み冬休みの期間中には、サスペンス物、怪談物など(「夏の夜のミステリー特集」など)が選ばれて放送される事もあった。

ラジオドラマの出演者は、ベテラン俳優から新人、子役など様々な俳優声優などが出演していた。番組オープニング、エンディングには、当初三国一朗(1982年3月まで)や都筑道夫(1982年4月から9月まで)が案内役として出演したが、後にTBSアナウンサーが持ち回りで担当するようになり、ラジオドラマ内でもナレーションなどで、TBSアナウンサーの出演もあった。

ラジオドラマ以外でも、落語関連の放送がされた事もあった。(「戦後落語史」「日本の話芸」など。立川談志や、川戸貞吉などが出演。)

番組冒頭では、ドラマ名、原作者、原作題名の他、脚色、演出者などが紹介され、番組エンディングにはドラマ名、原作者、原作題名、脚色、演出、出演者のほか、音響、効果、技術など番組担当者の名前もアナウンスされていた(演出、音響、効果、技術の担当は、TBSラジオの社員など)。

番組エンディングには、次週放送予定もアナウンスされていた。

番組中のCMでは「インナートリップのラジオエッセイ」(有名人等が短いエッセイ的なものを語っていたもの)や、「インナートリップ 私の魂の開発」(一般人等や、有名人等のインタビュー的なもの)、放送時期によっては、霊友会の外郭団体である「ニューライフ・アドベンチャー運動実行委員会」の「高校生の主張」などが放送されていた。

放送時間[編集]

TBSラジオでの放送時間
  • 毎週月曜日20:00 - 21:00(1981年4月~1986年3月、1995年4月~1996年9月)
  • 毎週日曜日22:05 - 23:00(1986年4月~1995年3月)

ネット局[編集]

  • 北海道放送 毎週土曜日 23:05 - 24:00
  • 秋田放送 毎週日曜日 22:00 - 22:55
  • 東北放送 毎週月曜日 20:05 - 21:00(1990年3月まで、ナイターオフ期間(10月 - 3月)は毎週土曜日 19:00 - 19:55で放送)
  • 中部日本放送 毎週月曜日 20:00 - 20:55(1990年9月まで) → 毎週日曜日 23:05 - 24:00(1990年10月 - 1996年9月)
  • 毎日放送 毎週日曜日 23:45 - 24:40
  • 中国放送 毎週日曜日 23:00 - 23:55
  • RKB毎日放送 毎週月曜日 20:05 - 21:00(1996年3月まで) → 毎週日曜日 23:05 - 24:00(1996年4月 - 1996年9月)
TBSラジオ 月曜20:00 - 20:55枠
前番組 番組名 次番組
ラジオ図書館
(1981年4月~1986年3月)
TBSラジオ 日曜22:05 - 23:00枠
ラジオ図書館
(1986年4月~1995年3月)
TBSラジオ 月曜20:00 - 20:55枠
ラジオ図書館
(1995年4月~1996年9月)
TBSラジオスペシャル