小西康陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小西 康陽
生誕 1959年2月3日(57歳)
出身地 日本の旗 日本北海道札幌市
学歴 青山学院大学経営学部
ジャンル 渋谷系
職業 ベーシスト
音楽プロデューサー
担当楽器 ベース
ギター
キーボード
活動期間 1985年-
共同作業者 ピチカート・ファイヴ
公式サイト READYMADE ENTERTAINMENT

小西 康陽(こにし やすはる、1959年2月3日 - )は、日本音楽家北海道札幌市出身。北海道札幌南高等学校卒業、青山学院大学卒業。妻は、レディメイド・エンタテインメントの代表取締役で文筆家の長谷部千彩

プロフィール[編集]

デビュー以前[編集]

印刷業者の息子として札幌に生まれる。3歳より幼稚園・小学校を東京で、中学校・高校を札幌で過ごす。小学校5年生の頃に音楽に目覚め、以降レコード・コレクションを始める。また、漫画にも熱中し、雑誌『COM』や『ガロ』、24年組の少女漫画などを読み耽る。

1年の浪人の後、青山学院大学経営学部に入学。サザンオールスターズを生んだ音楽サークル「ベターデイズ」に所属。後に8 1/2に参加する鈴木智文や、ピチカート・ファイヴを共に結成する高浪慶太郎鴨宮諒宮田繁男らと知り合う。

大学3年生の頃から映画マニアになり、ミュージシャンデビューする25歳までの間、名画座を渡り歩き年間200本もの映画を観る。大学卒業時には、日活助監督試験を受験した。

ピチカート・ファイヴ[編集]

筒美京平に憧れて、仲間と作っていた「デモテープ制作集団」を、1984年にピチカート・ファイヴと命名し、細野晴臣のレーベルノン・スタンダードから1985年メジャー・デビュー。以降、幾度ものメンバーチェンジを繰り返しながら、2001年に解散するまでリーダーとして在籍した。2人編成時代は「ピチカート・ファイヴで2番目に人気のあるメンバー」と自虐的な発言もしていた[1]

ピチカート・ファイヴ解散後[編集]

ピチカート・ファイヴ解散後もそのマニアックな才能とキャラクターを活かし、ドラマや映画のサントラの他、CM曲や数々のリミックスアルバムに多数参加している。ヨーロッパアメリカを中心に、海外での人気も高いミュージシャンでもあり、プロモーション・ビデオなどでのアートワークや映画評論、コラムなど多彩な活動を行っている。

2009年12月より、ビクターエンタテインメントに移籍し、新レーベルREADYMADE-VICTOR INCORPORATED COMPANYの略である(レディメイドが/ビクターで/いろいろ/出しますの意味を持つ)「READYMADE V.I.C.」を設立し、2010年3月にはリミックスワーク集である『ATTRACTIONS! KONISHI YASUHARU Remixies 1996-2010』をリリースし、2011年3月31日、ユニバーサルミュージックに「PIZZICATO ONE」プロジェクトを立ち上げ、自身初のソロアルバム「11のとても悲しい歌」を5月25日にリリースした。

アルバム[編集]

DJ[編集]

「1974年以降の音楽は聴かない」と公言するものの、無類のレコードコレクターとして、また、その独特のリミックスセンスを生かして、趣味をかねて東京都内や海外のクラブDJを務めることも多く、音楽業界のみならず、クラブ業界でも大物の1人として認識されている。DJとしては須永辰緒と大変親しく、須永同様「レコード番長」の名を冠する大物DJである。

プロデュースしたアーティスト[編集]

楽曲提供[編集]

劇伴作曲[編集]

主なリミックス作品[編集]

  • m-flo「Hands (readymade JBL mix 2000 by Konishi Yasuharu)」「One Sugar Dream (Readymade Pot-Pourri of the Beats by KONISHI YASUHARU)」
  • エレキハチマキ「(It's a)Gloomy day(It's a Groovy readymade bikker mix by Yasuharu Konishi)」
  • Kahimi karie「One thousand 20th Century Chairs (Remixed by Konishi Yasuharu)」
  • キリンジ「君の胸に抱かれたい〜エイリアンズ(readymade 524 mix double by KONISHI yasuharu)」
  • クレモンティーヌ「男と女(Readymade one man DJ show mix by KONISHI YASUHARU)」「ラ・フレット(Readymade ORGAN BAR MIX by KONISHI YASUHARU)」
  • コーネリアス「COUNT5.6.7.8(remixed by KONISHI YASUHARU)」
  • coba「K jungle(the Sound of Readymade Mix by 初代Konishi Yasuharu)」
  • THE COLLECTORS「シャドウマン 〜Konishi,Yasuharu remix〜」
  • 高中正義「BLUE LAGOON(readymade 524 mix:YASUHARU KONISHI)」
  • 松平健「マツケンサンバII "READYMADE SHOGUN MIX2004" Remixed by KONISHI yasuharu」「マツケンサンバ3(readymade SHOGUN MIX 2005 by KONISHI yasuharu)」「マツケンのAWA踊り (Readymade暴れん坊 jump up 2006 Remixed by KONISHI yasuharu)」
  • モダンチョキチョキズ「自転車に乗って、(remixed by KONISHI yasuharu)」
  • ジャクソン5「I Want You Back (readymade 524 mix:YASUHARU KONISHI)」「ABC(readymade super 524 mix:KONISHI yasuharu)」
  • TELEX「Twist A Saint-Tropez (Readymade ; Twist A Tokyo Mix)」
  • トム・ジョーンズ「Tom Jones International(READYMADE 524 mix by KONISHI yasuharu)」
  • ZARD「Can’t take my eyes off of you」「Can’t take my eyes off of you(readymade wizard mix)」
  • YMO「テクノポリス(THE READYMADE/DARLIN' OF DISCOTIQUE TRACK by KONISHI YASUHARU)」
  • 猫沢エミ「Robot(the readymade mon ami robotique remix by KONISHI yasuharu)」
  • PUFFY「サーキットの娘(The Readymade JBL Mix '99 by KONISHI YAUSHARU)」「これが私の生きる道(The Readymade. Darlin' of Discotheque Track by KONISHI YASUHARU)」「ブギウギNo.5(readymade all that jazz 2003 by KONISHI YAUSHARU))」「Your love is a drug(readymade acid tect 2003 by KONISHI YASUHARU)」「HiHi(readymade toon jingle 2005 by KONISHI yasuharu)」
  • 弘田三枝子「レオのうた(readymade JBL mix by KONISHI YAUSHARU)」
  • 福富幸宏「Brasilia 2000 (Readymade All That Jazz by Yasuharu Konishi)」
  • breat「愛の言葉(readymade 524 mix by Yasuharu Konishi)」
  • ダイアナ・ロス&ザ・スプリームス「You Can't Hurry Love (READYMADE RE-EDIT by KONISHI yasuharu)」
  • エイジアエンジニア 「Grooving Loop(READYMADE WEEKEND MIX 2005 by KONISHI yasuharu)」「MOMI MOMI Fantastic(readymade モミモmix by KONISHI yasuharu)」
  • ECD「DIRECT DRIVE(Part 2/the readymade all that jazz〜あるいはコニシの猟盤日記ミックス by KONISHI YASUHARU」
  • SOUL SCREAM「続自由街道(readymade all that jazz by KONISHI yasuharu)」
  • ジェームス・ブラウン「Sex Machine (Readymade Jazz Defector by KONISHI yasuharu)」
  • エラ・フィッツジェラルド「Cool Breeze(Readymade All That Jazz/feat.akiko by KONISHI yasuharu)」
  • NONA REEVES「DJ!DJ!〜届かぬ思い〜(readymade 524 Classics by KONISHI yasuharu)」
  • ORIGINAL LOVE「羽根とピストル(readymade bellisima '99 mix byKONISHI YASUHARU)」「水の音楽/Hum a Tune(the readymade JBL mix by KONISHI yasuharu)」
  • クレイジーケンバンド「葉山ツイスト(readymade ye'ye' track byKONISHI YASUHARU)」「ハンサムなプレイボーイ(readymade 524 mix by KONISHI YASUHARU)」
  • DOMINO88「GO GO CLUB(readymade super 524 mix by yasuharu konishi)」
  • スケボーキング「太陽(The readymade JBL Mix by Yasuharu Konishi)」
  • フィンガー5「恋のダイヤル6700(readymade 0524-6700 MIX by KONISHI YASUHARU)」
  • ユニコーン「大迷惑(Readymade 大mix) by KONISHI yasuharu)」
  • 和田アキ子「帰り来ぬ青春(readymade mix 2004 by KONISHI yasuharu)」「トゥモロー〜ジョージアで行きましょう編〜(Readymade Alternate Mix by KONISHI yasuharu)」
  • globeFREEDOM (524 Mix)」
  • ももいろクローバーZももクロ・特盛り(12月限定)」「ももクロ・メガ盛り」

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • これは恋ではない 小西康陽のコラム1984-1996(幻冬舎
  • 東京の合唱(L'EDITION READYMADE 2000
  • トウキョウ・モナムール ピチカート・ファイヴのグラフィック・デザイン1985‐2001(ピエ・ブックス)
  • ぼくは散歩と雑学が好きだった。小西康陽のコラム1993-2008(朝日新聞社
  • いつもレコードのことばかり考えている人のために。(常盤響との共著、アスキー・メディアワークス)
  • マーシャル・マクルーハン広告代理店。小西康陽。(学研)

脚注[編集]

  1. ^ アルバム『HAPPY END OF THE WORLD』のシークレットトラックにおける発言など

参考文献[編集]

  • 山田五郎対談集『20世紀少年白書』 - 世界文化社

外部リンク[編集]