今夜だけきっと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今夜だけきっと
スターダストレビューシングル
初出アルバム『VOICE
B面 Baby,It's You
(Live from“VOICE” Tour)
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 根本要、手島昭(作詞)
根本要(作曲)
チャート最高順位
スターダストレビュー シングル 年表
6月のジングルベル
(1986年)
今夜だけきっと
(1986年)
もう一度ハーバーライト
(1986年)
テンプレートを表示

今夜だけきっと』(こんやだけきっと)は、スターダストレビュー(以下、スタレビ)の曲である。

作詞は根本要手島昭、作曲は根本要。『トワイライト・アヴェニュー』、『夢伝説』と並ぶ、スタレビ初期の代表作の一つである。

概要[編集]

1986年に発表されたアルバム「VOICE」からのシングルカット。このシングルがリリースされた1980年代後半は、アルバムがコンスタントにオリコンチャートのベスト10に入り、コンサート動員でも日本武道館のような大規模会場を満員にするなど、スタレビの人気が上昇していた時期であった。

この曲について、スタレビのメンバーはレコーディング時点から相当手ごたえを感じていた[1]ようだが、レコード売り上げは「夢伝説」以降では最低の約1万3千枚(オリコン調べ)に留まった。しかしながら、以後のコンサートでは毎回ここ一番に歌われる定番ナンバーとなっている。

コンサートでは、「ため息一つ 手のひらに そっとこぼれて 星になった」というラストの歌詞に合わせて、ステージ上に流れ星のような光の点が飛ぶ、という演出がなされる。

収録曲(EP[編集]

  • (A面)今夜だけきっと

 作詞:根本要、手島昭/作曲:根本要/編曲:スターダスト・レビュー

  • (B面)Baby,It's You(Live from“VOICE” Tour)

 作詞:根本要、林紀勝/作曲:三谷泰弘/編曲:スターダスト・レビュー

今夜だけきっと/ナチュラル〜抱きしめてこのままで〜[編集]

今夜だけきっと
ナチュラル~抱きしめてこのままで~
スターダストレビューシングル
A面 今夜だけきっと
B面 ナチュラル~抱きしめてこのままで~(STARDUST REVUE with 翔子
リリース
ジャンル J-POP
レーベル Zetima
チャート最高順位
スターダストレビュー シングル 年表
どうして
1999年
今夜だけきっと/ナチュラル~抱きしめてこのままで~
2000年
What is love?
(2000年)
テンプレートを表示

今夜だけきっと/ナチュラル~抱きしめてこのままで~』(こんやだけきっと/ナチュナル~だきしめてこのままで~)は、2000年5月17日に発売されたスタレビ通算36枚目のシングル。同グループ初のマキシ・シングルでもある。

「今夜だけきっと」はテレビ朝日木曜ミステリー別れる2人の事件簿』の主題歌、江崎グリコチーザ」CMソング。「ナチュラル~抱きしめてこのままで~」は当時スタレビが在籍していた事務所・アップフロントグループの後輩であるモーニング娘。主演の映画『ピンチランナー』の主題歌で、相田翔子がゲストヴォーカルで参加している。

発売日が奇しくも映画主題歌を担当したモーニング娘。の通算9枚目のシングル『ハッピーサマーウエディング』と同日だったこともあってか、チャート最高40位にとどまった。

収録曲[編集]

  1. 今夜だけきっと
  2. ナチュラル~抱きしめてこのままで~ - STARDUT REVUE with 翔子(作詞:まことつんく/作曲:根本要)
  3. 今夜だけきっと(Instrumental)
  4. ナチュラル~抱きしめてこのままで~(Instrumental)

カヴァーしたアーティスト[編集]

その他[編集]

2013年10月1日、この曲のサビをアレンジした発車メロディ高崎線行田駅の2番線に導入されたが、翌日の15時頃に使用停止され、1番線と同じ「夢伝説」に変更された。

脚注[編集]

  1. ^ アルバムBest Wishes添付の小冊子の中で、三谷泰弘は「これこそスターダスト☆レビュー以外には作り出せないサウンドだなと思う」、柿沼清史は「スターダスト☆レビューの中でスタンダード化される曲でしょう」、根本要は「すごく詞も曲も好きです」と述べている。