本間昭光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本間 昭光
別名 ak.homma
生誕 (1964-12-19) 1964年12月19日(53歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル J-POP
劇伴
サウンドトラック
職業 音楽プロデューサー
編曲家
作曲家
キーボーディスト
担当楽器 ピアノ
シンセサイザー
エレクトリックピアノ
事務所 ブルーソファ(bluesofa)
共同作業者 田村充義
ポルノグラフィティ
Vink
他多数
公式サイト 本間昭光 Akimitsu Homma オフィシャルウェブサイト

本間 昭光(ほんま あきみつ、1964年12月19日 - )は、日本ミュージシャン音楽プロデューサー[1]大阪府八尾市出身。ブルーソファ所属。別名義にak.hommaがある。

人物[編集]

アーティストの楽曲提供やアレンジ、プロデュースを中心に活動し、レコーディングやライブの際は主にキーボードの演奏を行う。

浜崎あゆみのサウンドプロデュースを1stシングル「poker face」から手掛ける。ポルノグラフィティでは「ak.homma」「本間昭光」「ak.homma、ポルノグラフィティ」などの名義を併用しながら2010年までのほぼ全ての楽曲の編曲・プロデュース、そして作曲を手掛け、2006年からはバックバンドバンドマスターも務めるようになった。2011年、ポルノグラフィティの制作体制が一新されて以降、「ワンモアタイム」をはじめとするシングル、アルバム『PANORAMA PORNO』など、直接編曲を手掛けるのは一部の楽曲にとどまっている。しかし、その後もトータル・プロデューサーとしてメンバーの新藤晴一岡野昭仁の相談に乗ったり、若手アレンジャーに助言したりする形で携わっている[2]いきものがかりではプロデュース、そしてほとんどのコンサートやイベント等にキーボーディスト兼バンドマスターとして参加する。また2010年に編曲を手掛けたNHK連続テレビ小説ゲゲゲの女房」の主題歌「ありがとう」が大ヒットを記録し、彼らの代表曲となった[3]。初めてシンガーソングライターとの関わりを持ったのは槇原敬之で、ヒット曲「もう恋なんてしない」は当時失恋した本間のために槇原が作った曲である[4]

都内にあるスタジオのマスタリングルームを改装し、自身のプライベートスタジオとして所有している。

経歴[編集]

※オフィシャルサイトのプロフィール等を参照[1][5]

プロデュース[編集]

手掛けたアーティスト[編集]

楽曲提供・アレンジ ・演奏参加[編集]

他多数

出演[編集]

TV番組[編集]

関連項目[編集]

一部テーマソングや挿入歌のアレンジ、一部挿入歌の作曲を手掛ける他、劇中音楽のキーボード演奏を担当する(作曲は根岸貴幸)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Profile of AK”. 本間昭光 Akimitsu Homma オフィシャルウェブサイト (2014年10月16日). 2017年12月1日閲覧。
  2. ^ 藤井美保「INTERVIEW ポルノグラフィティ」、『WHAT's IN? 2012年4月号(No.298)』第25巻第4号、ソニー・マガジンズ2012年3月14日、 032-039頁、 JAN 4910198550422、雑誌 19855-04。
  3. ^ いきものがかり「ファンが選ぶ名曲」結果発表! おすすめの名曲は「ありがとう」?「SAKURA」? 「YELL」?それとも?”. T-SITE NEWS. カルチュア・コンビニエンス・クラブ (2017年4月26日). 2017年12月1日閲覧。
  4. ^ 槇原敬之、平井堅ら“ラブソングマスター”が「天才的」と絶賛する楽曲”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン (2016年1月17日). 2017年12月1日閲覧。
  5. ^ 本間昭光 Akimitsu Homma”. bluesofa. 2017年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月1日閲覧。
  6. ^ 本間祭2015 -hommatsuri-”. 2015年11月28日閲覧。
  7. ^ 青木豪脚本×鈴木裕美演出×本間昭光音楽で少女漫画「花より男子」がミュージカル化”. シアターガイド (2015年4月20日). 2015年4月20日閲覧。
  8. ^ ダイスケ、本間昭光プロデュース新曲で直筆の“怪物”とジャケ共演”. 音楽ナタリー (2015年5月20日). 2015年5月21日閲覧。

外部リンク[編集]