佐藤タイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐藤タイジ
出生名 佐藤泰司[1]
生誕 (1967-01-26) 1967年1月26日(50歳)[1]
出身地 日本の旗 日本徳島県徳島市[1]
ジャンル ロック
職業 ロックスター
担当楽器 ギター
公式サイト 佐藤タイジ オフィシャルサイト

佐藤 タイジ(さとう たいじ、本名:佐藤 泰司、1967年1月26日 - )は、日本ギタリスト音楽プロデューサー俳優。フロントマンを務めるTHEATRE BROOKでは作詞・作曲・ヴォーカルも担当[2]徳島県徳島市出身。徳島県立城南高等学校卒業。

人物[編集]

自ら“ROCK STAR”を名乗り、THEATRE BROOKでは圧倒的なカリスマ性と独自の感性を持ったギターサウンドでバンドを牽引、またJAMダンス・ミュージックを主体としたThe SunPauloや数々のユニットで音楽活動を行う[3]

コンポーザー・音楽プロデューサーとしては、CHEMISTRYLeyona中島美嘉Rabbit大塚愛とのバンドユニット)、豊崎愛生、マイア・バルー等への楽曲提供、櫻井敦司BUCK-TICK)、MCUKICK THE CAN CREW)、井手麻理子THE King ALL STARS(加山雄三を中心としたバンド)、Droogへの楽曲提供とプロデュース、清春tobaccojuiceのプロデュースなどを行う[3]

影響を受けたアーティストはギター少年だった頃にコピーしていたディープ・パープルアイアン・メイデンヴァン・ヘイレン、自分のバンドを始めてから好きになった後期のビートルズ、先輩のバンドが影響を受けていたXTCバウハウスキュアー[4]ジェームス・ブラウンスライ&ザ・ファミリー・ストーントゥーツ・アンド・ザ・メイタルズボブ・マーリィレッド・ホット・チリ・ペッパーズフィッシュボーン、そしてヒップホップも聴くようになって音楽の幅が広がり、ロックの立ち位置でいわゆる黒人音楽の影響を受けてシアターブルックでやる音楽の土台が出来た[5]。理想のロックバンドはニール・ヤング&クレイジー・ホースで、ローリングストーンズより好き[6]。。

東日本大震災後、2012年から自ら発案した太陽熱から生まれた電気を使って武道館ライブを行うイベント「THE SOLAR BUDOKAN」を成功させ、2013年からは全てソーラー電気だけで開催する野外ロックフェス「中津川THE SOLAR BUDOKAN」を主宰している[7]

所属グループ[編集]

など

経歴[編集]

  • 1986年、THEATRE BROOK結成。
  • 1988年、THEATRE BROOKがアナログ盤『Theatre Brook』をリリース[2]
  • 1995年、THEATRE BROOKでメジャーデビュー。
  • 2000年、The SunPaulo結成。
  • 2001年、町田康とミラクルヤング結成。
  • 2006年、Taiji All Stars結成。
  • 2007年、TAIJIBAND結成。
  • 2008年、ソロ活動を本格的にスタートし、1stソロアルバム『The Divorced Rockstar』を発表[15]
  • 2010年、初のソロ・ライヴ・ツアーを敢行[15]
  • 2011年、東日本大震災を機にTAIJI at THE BONNETとインディーズ電力が始動。
  • 2012年、南流石や大塚愛とRabbit結成。
  • 2014年、加山雄三率いるTHE King ALL STARSに参加。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年5月14日 The Divorced Rockstar VFP-1

オムニバス[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2012年12月19日 佐藤タイジ presents A 100% SOLARS TRJC-1011 参加アーティスト:佐藤タイジ、SalyuChar、インディーズ電力。

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 備考
1st 2012年6月27日 佐藤タイジのギター教室〜踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃそんそん DVD ATDV-279 ギター教則ビデオ。

書籍[編集]

  • 『やめんかったらロックスター』(同友館

出演[編集]

  • 映画「アートフル・ドヂャース」(1998年公開) - 栗原勉 役

同窓生[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 連載コラム1. 佐藤タイジ”. 映画「ポリス インサイド・アウト」特設ページ (2007年2月). 2017年10月9日閲覧。
  2. ^ a b 佐藤タイジの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 2017年10月9日閲覧。
  3. ^ a b 佐藤タイジbio”. 佐藤タイジ オフィシャルサイト. 2017年10月9日閲覧。
  4. ^ シアターブルック (2010年6月7日). 『intention』 インタビュー(1ページ目). インタビュアー:平賀哲雄. hotexpress.. http://www.hotexpress.co.jp/interview/100607_theatrebrook/ 2017年10月15日閲覧。 
  5. ^ シアターブルック (2010年6月7日). 『intention』 インタビュー(2ページ目). インタビュアー:平賀哲雄. hotexpress.. http://www.hotexpress.co.jp/interview/100607_theatrebrook/page2.html#0 2017年10月15日閲覧。 
  6. ^ シアターブルック (2010年6月7日). 『intention』 インタビュー(3ページ目). インタビュアー:平賀哲雄. hotexpress.. http://www.hotexpress.co.jp/interview/100607_theatrebrook/page3.html#0 2017年10月15日閲覧。 
  7. ^ a b シアターブルックbio”. シアターブルック オフィシャルサイト. 2017年10月9日閲覧。
  8. ^ The SunPaulo bio”. The SunPauloオフィシャルサイト. 2017年10月9日閲覧。
  9. ^ 佐藤タイジ、町田康と結成したバンドについて語る”. BARKS (2001年3月7日). 2017年10月9日閲覧。
  10. ^ TAIJI at THE BONNET bio”. TAIJI at THE BONNETオフィシャルサイト. 2017年10月9日閲覧。
  11. ^ インディーズ電力bio”. インディーズ電力オフィシャルサイト. 2017年10月9日閲覧。
  12. ^ Rabbit PROFILE”. Rabbitオフィシャルサイト. 2017年10月9日閲覧。
  13. ^ <ARABAKI ROCK FEST.14>に加山雄三が率いるTHE King ALL STARSの出演が決定”. BARKS (2014年3月27日). 2017年10月9日閲覧。
  14. ^ 佐藤タイジ×堂珍嘉邦が初の音源リリース、全国7カ所ツアーも開催”. 音楽ナタリー (2016年11月17日). 2017年10月8日閲覧。
  15. ^ a b 佐藤タイジ プロフィール”. OTOTOY. 2017年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]