ザ・ミュージックアワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ミュージックアワー
ジャンル 音楽番組 / バラエティ番組
放送時間 火曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2010年4月20日 - 9月14日(21回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
プロデューサー 古谷英一 /
大木真太郎 (CP)
出演者 石橋貴明とんねるず
中居正広 (SMAP)
ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ザ・ミュージックアワー』(The Music Hour) は、TBS系列2010年4月20日から9月14日まで放送されていた音楽バラエティ番組。略称は「Mアワー」。ハイビジョン制作ステレオ放送

概要[編集]

1996年10月から2010年3月まで13年半の間放送されていた長寿番組『うたばん』の司会者と内容を引き継いで放送が開始された番組であった。新番組ではなく、あくまでも『うたばん』の発展的後継番組であると局側が主張しているため、新聞などのテレビ欄に「新」の文字は付けられなかった。

地上アナログ放送では当初サイドカット(4:3画面サイズ)での放送となったが、同年7月5日から地上デジタル放送の完全移行まで1年余りとなったのを前提として、地上アナログ放送の全番組がレターボックス放送に移行するのに伴い、同年7月6日放送分からレターボックス放送となった。

開始当初(2010年5月以前)のコンセプト[編集]

  • スタジオからの公開放送での生バンド[1]及びオープニングのダンサーの加入
  • 各アーティストのトーク時間の短縮
  • 音楽番組としての王道的な要素
  • 新旧・邦楽・洋楽の各ジャンルを問わない番組構成
  • これまで主構成だった秋元康を外し、よりTBSの意思が反映させられるスタッフを抜擢。なお、秋元は後番組「解禁!(秘)ストーリー 〜知られざる真実〜」にて、復帰をした。
  • エンターテイメント性の強化(パフォーマーの出演など)

実際に生放送を行ったのは、2010年4月20日27日5月4日18日の4回だった。

6月1日放送分以降より『うたばん』と同様のトークバラエティ路線に回帰したため、バンド演奏が少なくなり、大きくコンセプトを変える番組になった。但し、公開放送形式は変わらなかった。なお、同月29日放送分は日本が2010FIFAワールドカップの決勝ステージ進出に伴い緊急生放送となり、最終場面では加藤浩次とのトークを敢行した(但し収録しての放送はこれまで通り行われた)。

この番組の視聴率は、前番組が末期で8%前後なのに対し、当番組開始以来5%前後と大きく落ちてしまい、内容をリニューアルするも好転しなかったため、2010年9月14日の3時間スペシャルをもって終了となった。最終回では過去に出演した歌手やタレントを集め、『うたばん』時代を中心としたトークの総集編が放送[2]され、視聴率は12.1%と、半年の放送期間で唯一となる2桁を記録した(視聴率はビデオリサーチ関東地区。拡大スペシャルを含む)。

出演者[編集]

MC
演奏
  • ザ・ミュージックアワー・バンド
ナレーション

スタッフ[編集]

  • ナレーション:市川展丈
  • 構成:野村正浩、小原信治、樋口弘樹、加藤智久、いまぷくけんじ、若尾守重、美濃部達宏
  • リサーチ:川上共子、播田ナオミ、矢島悦子、谷岡千江里
  • タイトルディレクション:オムニバス・ジャパン
  • CG:TEAビデオセンター
  • テーマ作曲:コーニッシュ
  • TM:中澤健
  • TP:荒木健一
  • TD:山下直
  • VE:山田賢司
  • カメラ:藤田栄治、井原公二、飯橋俊昭、中野真悟、廣田雅之、中島文章、江浦友樹、渡邉岳之、重地渉、鈴木博之
  • 音声:森和哉、相馬敦、菅原正巳
  • PA:宮坂修、吉田岳、井上忠紀
  • 照明:原昇、加藤美和子、中川剛、木戸昭彦、鹿島雄司、岩崎ますみ、佐々木理衣、野田智貴、山田香織、半田圭、清水朝彦、中田学、宮澤朗
  • 美術プロデューサー:中江大志
  • 美術デザイナー:高松浩則、中川日向子
  • 美術制作:長谷川隆之、塩川満樹
  • 装置:鈴木匡人
  • 操作:福田良二、小野寺浩、志村和広
  • トラス:太田博、小沢あつし、矢野康之
  • 電飾:山中宏朗、西田和正、住義仁、入江智喜、佐山直也
  • 特殊装置:高橋出、石口俊晴
  • アクリル装飾:青木剛
  • 幕装飾:宮崎昭雄
  • 装飾:篠原直樹
  • 植木装飾:小林正和
  • 生花装飾:儀同博子
  • 衣裳:岩崎孝典
  • 持道具:貞中照美
  • 楽器:高井啓光、矢野幹夫、菊池伸江、小原健太朗
  • 化粧:田中智子・清田恵子(アートメイク・トキ)
  • 編集:浦辺啓、新井直樹、白澤淳、江川賢市、吉田俊夫、清水由子
  • 音響効果:伊藤誠、新谷隆生、大内藤夫
  • MA:青木有希
  • TK:長谷川道子、常藤直子
  • 編成:片山剛
  • デスク:江畑亜矢子
  • AD:安永洋平、竹村直、江口聡昭、瀧澤将太、氏家真希、佐藤優、八重垣諭、古賀輝彦、鈴木有紗、米重絵理
  • AP:久松理絵、姫野慈子
  • ディレクター:石黒光典、hanako、伊藤雄介、坂下勝己、黒川展寛/小野塚英明、伊藤秀人
  • プロデューサー:古谷英一
  • チーフプロデューサー:大木真太郎
  • 技術協力:エヌ・エス・ティーTAMCOラ・ルーチェ東通赤坂ビデオセンター、SiS、MTプランニング
  • 制作協力:クラリシオン、ファルコン、ボトム
  • 制作著作:TBS
中継スタッフ
  • TD:八木真
  • VE:小林陽二
  • カメラ:品地貴之
  • 音声:小沢義春
  • 照明:鈴木英敬

関連項目[編集]

脚注 [編集]

  1. ^ TBSのレギュラーの音楽番組としては、『音楽派Together』以来約21年振りの生バンドの導入となった。
  2. ^ かつて『うたばん』の開始前にとんねるずの司会で火曜21時枠に放送されていた『ねる様の踏み絵』の過去映像も放送された。

外部リンク[編集]

TBS系列 火曜21時台(2010年4月 - 9月)
前番組 番組名 次番組
ザ・ミュージックアワー