星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

星野仙一物語〜亡き妻へ贈る言葉』(ほしのせんいちものがたり・なきつまへおくることば)は、2005年1月2日の21:00 - 23:24(JST)に、TBSAVECの制作でTBSをキーステーションにJNN28局ネットで放送されたスペシャルドラマ。視聴率は7.9%。

概要[編集]

星野仙一の、中日ドラゴンズ監督要請から就任(1986年 - 1987年)から最愛の妻の死とナゴヤドーム完成(1997年)を経て阪神タイガースを18年ぶりの優勝へ導く(2003年)までを描いた作品であり、主人公の星野仙一役を星野本人と親交のあるとんねるず石橋貴明が演じた。星野が在籍した中日・阪神両球団が撮影協力に携わっていることや、東名阪テレビネットワーク完成30周年記念番組でもあるため、中部日本放送(CBC)、毎日放送(MBS)も制作に参加している[1]

当作品は主に“私”としての星野を描いているため、“公”のシーンは後述を除きほとんど出ず、肖像権・商標等の権利関係の配慮から当作品に登場するドラゴンズの選手名も星野の監督就任当時には在籍していなかった姓が中心であり(台詞中のみ。小林、田中など)、中日・阪神以外の球団名は一切出てこない。また、ナゴヤ球場でのロケも行われ、石橋扮する中日監督時代の星野が同球場のベンチ内で扇風機を叩き壊すシーンや当時ベンチ上に書かれていたリョービの広告も忠実に再現された。

配役[編集]

実話に基づいたフィクションのため、星野夫妻と島野育夫以外は全て架空の姓名となっている。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石橋の相方である木梨憲武も、前年12月11日に同じ東名阪テレビネットワーク(テレビ朝日メ〜テレ朝日放送)完成30周年記念番組であるドラマ『にんげんだもの・相田みつを物語』で主役の相田みつをを演じた。
  2. ^ 前述の『にんげんだもの』にも、みつをの親友「麻生忠男」役で出演した。
  3. ^ 夫は、星野監督時代の中日に在籍した元投手の与田剛。2017年現在は楽天の投手コーチ。
  4. ^ 元中日投手。星野の中日監督最終年(2001年)に入団したが、一軍未出場に終わった為星野の下ではプレーしていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]