島野育夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
島野 育夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県宇都宮市
生年月日 (1944-03-30) 1944年3月30日
没年月日 (2007-12-15) 2007年12月15日(63歳没)
身長
体重
175 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1963年
初出場 1963年10月22日
最終出場 1980年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 阪神タイガース (1980 - 1984)
  • 中日ドラゴンズ (1986 - 1991)
  • 阪神タイガース (1992 - 1994)
  • 中日ドラゴンズ (1995 - 2001)
  • 阪神タイガース (2002 - 2003, 2005 - 2006)

島野 育夫(しまの いくお、1944年3月30日 - 2007年12月15日)は、栃木県宇都宮市出身のプロ野球選手外野手)、コーチ、監督野球解説者。長男は元競輪選手の島野敦識(日本競輪学校第74期生、2012年1月引退)。

コーチ時代は相手の癖を盗む特技を生かし、球界屈指の名参謀と言われていた。 三宅博も著書の中でセンスを持ったクセ盗みの名人と記している[1]。特に星野仙一との監督・コーチコンビでは中日ドラゴンズ阪神タイガースで優勝を経験しており、低迷期の長かった阪神にあっては島野が在籍していた時期は最下位になったことは一度もなかった。

来歴[編集]

作新学院では1961年中堅手として、1学年下の八木沢荘六高山忠克らとともに第33回選抜高等学校野球大会に出場。作新学院は春の選抜初出場であった。2回戦で高松商に敗退[2]。同年の春季関東大会では決勝に進むが法政二高柴田勲に抑えられ敗れる。夏の甲子園予選北関東大会でも決勝に進むが、宇都宮学園に惜敗し甲子園出場を逸する。卒業後は社会人野球明電舎に進む。1962年都市対抗東京都予選準決勝に進むが、船田和英のいた北洋水産に敗れる。

1963年に中日ドラゴンズへ入団、俊足好打の外野手として期待される。1965年には一軍に定着するが、当時の中日は江藤慎一中暁生葛城隆雄ら外野手の層が厚く、準レギュラーにとどまる。

1968年シーズン途中に佐藤公博とともに、堀込基明との交換トレード南海ホークスに移籍し頭角を現す。1969年には左翼手の定位置を獲得し、初めての規定打席(20位、打率.266)にも達する。翌年には門田博光が台頭し、外野手のレギュラーを外れる。しかし1973年にはリードオフマンとして中堅手に定着し61盗塁を記録、またダイヤモンドグラブ賞を受賞しリーグ優勝に貢献した。同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズは全5試合に一番打者として先発出場。20打数5安打を記録したが、最終第5戦では最後の打者になっている。1974年1975年もレギュラーを確保し、ダイヤモンドグラブ賞に輝いた。

1976年江夏豊望月充との交換トレードで、江本孟紀池内豊長谷川勉とともに阪神タイガースに移籍し、外野守備・走塁コーチ兼任となった1980年をもって現役引退。

1981年、阪神の守備・走塁コーチに就任。1982年8月31日の対横浜大洋ホエールズ戦で石橋貢の捕球に対する判定を巡って柴田猛とともに審判に暴行し、無抵抗状態の審判を殴り蹴り続けた(横浜スタジアム審判集団暴行事件)。この暴行は映像がTV放送で流れ、永久追放を求める声も出た。翌9月1日、無期限出場停止の処分を受けるが、翌1983年3月に解除された。

1984年をもって退団。1985年サンテレビジョン野球解説者を務め、優勝した阪神のビールかけにも参加した。

1986年、中日の一軍外野守備・走塁コーチに就任。翌1987年星野仙一が監督に就き、そこから星野とともに活動する機会が増える(後述)[3]。何かと星野とソリが合わなかった落合博満は「島野コーチだけは選手の不平不満をちゃんと聞いてやり、ストレス解消と緩衝材としての役割を果たしていた」と語っている[4]

1991年、星野の辞任に伴い中日を去る。翌1992年、阪神のコーチに復帰。一軍外野守備・走塁コーチ(三塁ベースコーチ)を担当し、前年まで最下位争いの常連だった阪神が優勝争いを演じる一翼を担った。

1995年、中日に二軍監督として復帰。同年監督の高木守道が成績不振と健康問題で6月2日で休養、同3日からヘッドコーチの徳武定祐監督代行を務めたが、徳武代行も12勝25敗と成績が上がらずに7月23日に解任を発表、球宴明けの同29日から監督代行[5]、54試合一軍監督代行を務め最下位から5位に浮上させた[6]。星野が監督に復帰した1996年からはヘッドコーチに就任。1999年第2次星野政権のリーグ優勝に貢献。星野が2000年5月6日の対横浜戦で球審の橘高淳に暴行で退場、出場停止になった際は監督代行を務めた。

2001年オフ、阪神の監督に招聘された星野に従う形で阪神にコーチとして復帰する。この時すでに中日の二軍監督として残留することが発表されていたため、反故にされた中日側からは批判の声が上がった。この時星野は「オレと島ちゃんはどんな名刀でも切り裂くことができない」と言い、非はこちらにあるが勘弁してくれと中日側を説得したという。2003年、当時健康問題を抱えていた星野が試合中にベンチで休み、ヘッドコーチの島野が実質上の采配を振るなどリーグ優勝に貢献した。星野は著書の中で、「野球の原点と戦術にたけたベテランコーチ」と評価している[7]下柳剛は「島野さんという人は親父であり、上司であり、時には兄貴のような人、あるときは仲間でもあった。」と語っている[8]。翌2004年、星野の勇退とともにコーチを辞任しフロント入りしたが、2005年にオーナーの久万俊二郎の鶴の一声で一軍総合コーチに復帰した[4]

2006年二軍監督に就任するが、4月26日から胃潰瘍により長期入院、シーズン中は二軍打撃兼守備コーチの立石充男が監督代行を務めた。

2007年、二軍監督を平田勝男に譲って現場から離れ総合特命コーチに就任。翌年からは球団アドバイザーに就く予定だったが、胃癌のため12月15日に兵庫県西宮市の病院で死去した。63歳没。

その死は多くの阪神ファンや阪神球団関係者に悼まれ、2008年3月5日に大阪ドームにて追悼試合が行われた。

亡くなる数か月前、神戸市三宮に創作洋食の店をオープンし、オーナーとして経営していた。島野が亡くなってからは夫人が店長兼オーナーを務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 中日 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1964 44 28 27 8 5 1 0 0 6 3 2 1 0 0 1 0 0 11 0 .185 .214 .222 .437
1965 99 169 155 23 30 2 3 2 44 14 14 5 3 2 8 0 1 36 2 .194 .235 .284 .519
1966 104 141 126 16 30 2 1 1 37 10 7 4 5 1 7 0 2 13 0 .238 .287 .294 .580
1967 86 151 136 13 28 2 1 0 32 8 2 2 7 1 6 0 1 33 0 .206 .243 .235 .478
1968 22 20 20 2 2 1 0 0 3 0 1 1 0 0 0 0 0 6 0 .100 .100 .150 .250
南海 91 139 124 21 28 2 2 4 46 12 14 3 4 1 10 0 0 26 1 .226 .281 .371 .652
'68計 113 159 144 23 30 3 2 4 49 12 15 4 4 1 10 0 0 32 1 .208 .258 .340 .598
1969 119 412 380 38 101 12 2 6 135 28 21 6 6 1 23 0 2 58 11 .266 .310 .355 .666
1970 81 165 154 20 45 5 1 1 55 9 5 6 2 0 8 0 1 18 1 .292 .331 .357 .688
1971 82 89 84 17 15 0 0 0 15 3 7 1 0 0 5 0 0 19 1 .179 .225 .179 .403
1972 85 203 185 28 52 5 4 0 65 14 12 3 1 3 13 1 1 16 2 .281 .327 .351 .678
1973 130 594 559 68 141 17 2 2 168 28 61 14 8 0 27 0 0 46 10 .252 .287 .301 .587
1974 106 413 380 55 104 17 6 2 139 25 30 17 2 3 26 1 2 39 4 .274 .321 .366 .687
1975 103 402 375 44 86 11 4 2 111 30 28 7 4 2 21 1 0 34 4 .229 .269 .296 .565
1976 阪神 78 70 67 16 12 2 0 0 14 2 11 3 0 0 3 0 0 21 1 .179 .214 .209 .423
1977 68 76 65 15 17 3 0 1 23 9 7 0 5 0 6 0 0 10 0 .262 .324 .354 .678
1978 89 196 179 22 34 8 1 3 53 16 9 0 4 1 9 1 3 30 4 .190 .240 .296 .536
1979 43 14 12 10 3 0 0 0 3 0 14 2 0 0 2 0 0 3 1 .250 .357 .250 .607
1980 35 0 0 15 0 0 0 0 0 0 6 3 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:18年 1466 3283 3029 431 733 90 27 24 949 211 251 78 51 15 175 4 13 419 42 .242 .285 .313 .598
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 11 (1963年 - 1964年)
  • 33 (1965年 - 1968年途中)
  • 10 (1968年途中 - 1975年)
  • 8 (1976年 - 1980年)
  • 88 (1981年 - 1984年)
  • 76 (1986年)
  • 68 (1987年 - 1989年)
  • 81 (1990年 - 1991年)
  • 73 (1992年 - 1994年)
  • 91 (1995年、2005年 - 2007年)
  • 78 (1996年 - 2003年)

関連情報[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三宅博著、虎のスコアラーが教える「プロ」の野球観戦術、2013年、祥伝社、P26
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 星野の妻が病死した際は葬儀にも納骨まで出席し、晩年まで墓参りを欠かさなかった。田淵幸一山本浩二と星野の「友達」関係とはまた違う、職場関係を越えた深い仲にあった([いつ?]デイリースポーツの島野コラムより)。
  4. ^ a b サンケイスポーツ内コラム「猛虎水滸伝」、2012年7月29日
  5. ^ 監督代行の代行/メモ
  6. ^ 日本プロ野球平成の名将―1989ー2012、2012年、ベースボール・マガジン社、P103
  7. ^ 夢 命を懸けたV達成への647日、2003年、角川書店、P40
  8. ^ 本邦初公開 下柳氏が楽天入団時に背番号「91」選んだ理由 スポーツニッポン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]