千原陽三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千原 陽三郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1942-03-30) 1942年3月30日(78歳)
身長
体重
177 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手 内野手 外野手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

千原 陽三郎(ちはら ようざぶろう、1942年3月30日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手投手一塁手外野手)。

経歴[編集]

日大三高では投手として1958年秋季東京大会決勝に進出。日大二高のエース井上善夫と投げ合い、0-1で完封負けを喫するが、1959年春の選抜への出場を決める。選抜では2回戦(初戦)で松商学園に0-6で完封負け[1]。同年夏は都予選準決勝で、またも日大二高の井上と投げ合うが4-5で惜敗、甲子園には届かなかった。

卒業後は日本大学へ進学。東都大学野球リーグでは在学中3度優勝。2年上に宮田征典がおり、一塁手と投手を兼ねて起用される。1961年全日本大学野球選手権大会では、決勝で関大を降し優勝を飾る。3年生からはエースとして活躍、1962年秋季リーグで優勝し最優秀選手に選出される。1963年春季リーグでは優勝を駒大に譲るが、最優秀投手に選ばれた。投手としてリーグ通算46試合に登板し22勝14敗、防御率2.28、152奪三振。打者としても通算83試合に出場し267打数69安打、打率.258、0本塁打、19打点の成績を残した。ベストナイン(投手)にも2回選出されている。

1964年中日ドラゴンズ投手として入団。同年4月29日には初先発、広島竜憲一と投げ合い6回を2失点と好投するが、味方の援護に恵まれず敗戦投手となる。5月20日には巨人を相手に先発するが、初回に5失点と打ち込まれ降板、同年は0勝2敗に終わる。翌1965年は登板機会がなく一塁手として起用される。10月17日には五番打者として先発出場を果たし、広島の外木場義郎から1安打を放った。1966年は中継ぎとして8試合の登板に終わったが、シーズン序盤の8試合に一塁手として先発している。

1967年には本格的に野手転向。5月から右翼手、三番打者に抜擢される。同年は一塁手としても起用され54試合に先発出場、打率.280の好成績をあげる。1968年には広野功の移籍に伴い一塁手の定位置を得る。同年は初めて規定打席(16位、打率.268)に達し14本塁打を放つ。オールスターゲームファン投票の一塁手部門で、王貞治につぐ次点だったが監督推薦で出場した。1969年スティーブ・フォックスと併用され、1970年には新入団のジョン・ミラーが一塁手に定着。段々と出場機会が減り、1972年限りで現役を引退した。引退後は家業の靴店を経営。

星野仙一は、参謀役として生涯の盟友であった島野育夫との出会いについて、双方とチームメイトだった経験を持つ千原からの紹介だったと語っている[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1964 中日 9 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 92 20.1 22 2 13 2 1 8 1 0 15 14 6.30 1.72
1966 8 0 0 0 0 0 0 -- -- .000 30 5.2 5 1 7 0 0 7 0 0 2 2 3.00 2.12
通算 17 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 122 26.0 27 3 20 2 1 15 1 0 17 16 5.54 1.81

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 中日 9 4 4 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .500 .750
1965 38 39 36 5 8 0 0 0 8 0 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .222 .282 .222 .504
1966 36 46 44 3 8 2 1 0 12 3 1 2 0 0 2 0 0 10 0 .182 .217 .273 .490
1967 109 269 246 33 69 17 0 7 107 33 0 2 2 1 19 1 1 43 2 .280 .335 .435 .770
1968 123 500 462 53 124 20 1 14 188 60 2 5 2 7 26 0 3 75 8 .268 .312 .407 .719
1969 82 213 198 14 42 10 1 4 66 16 1 1 3 2 9 0 1 48 2 .212 .250 .333 .583
1970 66 72 64 2 8 1 0 0 9 3 0 0 0 0 5 1 2 17 3 .125 .211 .141 .352
1971 14 13 13 0 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .231 .231 .308 .538
1972 32 37 35 1 9 1 0 0 10 2 0 0 0 0 2 1 0 9 2 .257 .297 .286 .583
通算:9年 509 1193 1102 112 272 53 3 25 406 118 4 10 7 10 66 3 7 213 17 .247 .294 .368 .662

記録[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1964年 - 1966年)
  • 43 (1967年 - 1972年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 星野の著書『ハードプレイ・ハード 勝利への道』より。星野と島野はともに中日ドラゴンズOBであるが、1968年シーズン途中に島野は南海ホークスへトレードされ、同年オフに星野が明治大学から入団しているため、直接の接点はない。

関連項目[編集]