岡田幸文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡田 幸文
千葉ロッテマリーンズ #66
2012maines okada.jpg
2012年4月30日、QVCマリンフィールドにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県塩谷郡高根沢町
生年月日 (1984-07-06) 1984年7月6日(33歳)
身長
体重
177 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2008年 育成選手ドラフト6位
初出場 2010年6月1日
年俸 4,180万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡田 幸文(おかだ よしふみ、1984年7月6日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手外野手)。2009年に育成選手としてマリーンズに入団、同年3月に支配下選手登録された。2010年に初めて一軍に昇格し、この年の日本シリーズでは、勝てば日本一が決まる第7戦で決勝打となる適時打を放つなどマリーンズの日本一に貢献[2]。2011年には日本の育成選手出身者として初めて全試合に出場した[2]

2011年と2012年にゴールデングラブ賞を受賞。また2011年にはリーグ新記録となる「外野手のシーズン連続守備機会無失策」359を樹立したことにより、特別表彰を受けた。一方、プロ入り以来本塁打が無く、2014年には初打席以来1,773打席連続本塁打無しの新記録を達成した[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

作新学院高では、2年夏は1番センターとして栃木県予選に出場。同大会の決勝で会田有志(のち巨人)有する佐野日大高に敗れる。2年秋から主将を務め、俊足の一番打者として活躍[4]。チームは秋季県大会で準優勝、春季県大会では優勝したものの[5]、本命として迎えた3年夏の栃木県予選では4回戦で那須拓陽高に0対2で敗れ、甲子園出場はならなかった[6]

高校卒業後の2003年日本大学に進学。同級生には、長野久義がいた。しかし、入学してまもなく左肘の軟骨を故障して手術を受け、全治1年以上と宣告されたため数カ月で大学を中退している[7]

大学中退後は地元に戻り、肘が完治した2004年から全足利クラブでプレー。同年の全日本クラブ野球選手権での優勝にも貢献し、俊足好守の一番・中堅手として活躍した[8]2006年前半は左手首の骨折と右ひざ半月板損傷で治療に時間を要したが[8]、7月に11歳年上で足利市職員の女性と結婚している。結婚を機に2007年から足利ガスの嘱託社員となり、2008年4月からは全足利クラブの主将を任された。

同年のドラフト会議千葉ロッテマリーンズから育成枠で6位指名を受ける。背番号は132に決まった。

プロ入り後[編集]

2009年
入団後は育成選手のためさいたま市ロッテの独身寮に入居して単身赴任を始める。球場のクラブハウスでは、椅子と段ボール箱だけでロッカーもない環境に置かれてハングリー精神を鍛えられたという[7]3月30日支配下登録され、同時に背番号66に変更。独身寮を出て足利市内の自宅から二軍の練習に通った[7]。同年は同じ俊足外野手の早坂圭介のブレイクもあり、一軍昇格はならなかった。
2010年
開幕二軍で迎えたが、6月1日に初の一軍昇格。球団初の育成ドラフト出身で一軍に登録されている。7月4日のヒーローインタビューでは「オーバーフェンス以外は全部捕るつもりでいる」と発言した。
中日ドラゴンズとの日本シリーズでは、第2戦で先発メンバーで出場。11月7日の第7戦で12回表に浅尾拓也から右中間へ決勝打となる適時三塁打を放っている。
2011年
開幕戦に1番センターのスタメンに抜擢されるとそのままシーズン終了まで1番もしくは2番でスタメン出場を続け、育成選手としてプロ入りした選手では初となるシーズン全試合出場・規定打席到達[9]を果たし、俊足を活かしチームトップとなる41盗塁を記録したほか、打率も.267を記録し、守備面ではシーズンを通して無失策で、両リーグトップの351刺殺を記録し刺殺のパ・リーグ記録にあと2と迫り、最多得票(163票)でゴールデングラブ賞を受賞するなど自己最高の成績となった。外野手としてシーズン連続守備機会無失策359のリーグ新記録を樹立したことにより、特別表彰をも受けた[10]
2012年日本代表vs台湾代表戦
2012年
シーズン前の東日本大震災復興支援ベースボールマッチの日本代表に、千葉ロッテから唯一選出された。
全試合フルイニング出場を目標に臨むも、開幕当初は自身の打撃不調もあり途中で交代を送られたり控えに回ることもあるなど低調で、フルイニングはおろか前年達成した全試合出場すらも早々に達成不可能となった。当初は9番が多かった打順も復調後は1番に定着した。しかし、交流戦では指名打者の使えないセ・リーグ主催試合でスタメン落ちすることもあり、更に角中勝也の台頭や荻野貴司の復帰に伴ってスタメン落ちしたり、スタメンでも打順が9番となるなど、前年と比べると不安定な起用状況となった。6月16日の対阪神タイガース3回戦(QVCマリンフィールド)でプロ初失策を記録し、外野手の連続守備機会無失策が602でストップした。通年で、リーグ2位となる319刺殺をマークし、前年に続きゴールデングラブ賞を受賞した。
2013年
同年からチームの主将を務める。前年を上回る134試合に出場したものの、角中・荻野貴司・清田育宏伊志嶺翔大・ルーキー加藤翔平ら他の俊足外野手との兼ね合いもあり、スタメン落ちして途中で守備固めとして起用されるケースも少なくなく、2010年以来3年ぶりの規定打席未到達となり、打率も最終的に前年を下回るなどレギュラーの地位を守れなかった。また、3年連続のゴールデングラブ賞も逃した。一方で、前年より盗塁数こそ減少したが、盗塁成功率は自己最高の.864を記録した。
2014年
7月31日、対北海道日本ハムファイターズ戦(QVC)の第1打席で中前打を記録したが、これでプロ入りからの連続打席無本塁打を1770として、元東急フライヤーズ横沢七郎の同記録に並び、つづく第2打席で死球を受けNPB新記録とした[3]
2015年
移籍した成瀬善久に代わって選手会長に就任したが、打率は.245と、昨季を下回る結果に終わり、初の年俸ダウンも味わった。

人物[編集]

プロ入り前・社会人時代から既婚であり、入団当時で育成契約では史上初の既婚選手であった。プロ入りについては2人の子供もいたため妻に大いに反対されたが「2年だけやらせてくれ」と説得し、2年後に退団した場合は社員として採用するという足利ガスの後押しもあって入団を決めた[7]

2009年のオフには年俸が支配下選手最低額の440万円に上がり、二軍監督に着任した高橋慶彦から起用を増やすと明言された事もあって、栃木県足利市の自宅を離れ、単身、ロッテ浦和球場近くにアパートを借りている[7]

一軍で活躍した2010年のオフには年俸が倍増し、「奥さんの給料を超えましたね」と発言した。2011年シーズンに向け、千葉マリンスタジアムに近いアパートに引越しをする[11]

一軍のレギュラーに定着した2011年から、TBSのスポーツアナウンサー・石井大裕(元・アマチュアテニス選手)および、同局の営業局に勤務する大裕の兄・大貴(メンバー全員が現役の会社員であるボーカルユニット「√9」のメンバー)と交流。2013年には、石井兄弟が 「Well stone bros feat. 我武者羅應援團」という名義で、岡田のために「Go for it」という登場曲を作った。2014年にも、新しい登場曲として「OVERCOME」を制作。4月2日には、大貴・大裕ともTBSへの勤務を続けながら、「Well stone bros.」としてこの曲でavex traxからメジャーデビューを果たした[12]。ちなみに、「OVERCOME」のCDシングルのジャケットやミュージックビデオには、千葉ロッテのホーム用ユニフォーム姿の岡田が登場している[13]

選手としての特徴[編集]

岡田の打撃フォーム

打撃[編集]

バットを短く持つコンパクトなスイングを持ち味とし、2010年は内野安打率32パーセントを記録するなど内野安打が多く、俊足なため併殺打も少ない。2010年は内野安打を狙って「走り打ち」になることが多く打率も伸びなかったが、終盤からはしっかりと振り切る打撃を心がけている[14]

プロ入りから本塁打がなく、2014年7月31日にプロ初打席からではNPB新記録となる1773打席連続無本塁打とした(2016年シーズン終了時点で、2443打席連続無本塁打であり、継続中である)[15]。高校時代は練習試合で1本打ったのみで、社会人時代を含めて公式戦で本塁打を打ったのは、2008年5月の全日本クラブ野球選手権の栃木県予選が最後となっている。連続無本塁打記録は本人も気にしているようであり、2016年の秋季キャンプでは、千葉ロッテの30代の選手として唯一の志願参加となったが、その際、「下半身や体幹を強化し、強いスイングができるようになった。これを継続して、引退するまでに1本は打ちたい」と述べている[16]。なおNPBにおいて初本塁打をもっとも遅く記録したのは村松有人の1566打席目であったが、2017年7月30日の福岡ソフトバンクホークスvs北海道日本ハムファイターズの試合において、ファイターズの中島卓也が2287打席目にしてプロ初ホームランを放ち、この記録を更新した。初打席からに限らない連続無本塁打の記録は赤星憲広が記録した2528打席である[3]

守備[編集]

持ち味の俊足を生かした守備範囲の広さを武器とする[17]。守備の上手さだけでなく、その動きの華麗さから、チームの勝敗を問わずに、度々ニュースなどでフィールディングの映像が取り上げられている。スタートを切ることを心がけており、抜けると思われた当たりを好捕するファインプレーを度々見せている。なかでも圧巻といえるのが2011年6月15日の対巨人戦で、2回裏、5回裏、8回裏に抜けそうな打球を好捕するファインプレーを1試合で3回も見せた[18]。また、フェンスまでの距離を常に測り、追いつけないと判断した場合は、すばやくクッションボールを捕りにいくなど状況判断に優れている[19]

走塁[編集]

50メートル走5秒6、一塁到達3.97秒を誇る俊足である[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 ロッテ 72 161 142 19 25 2 0 0 27 8 15 6 9 1 8 0 1 15 2 .176 .224 .190 .414
2011 144 635 577 68 154 7 4 0 169 35 41 11 20 1 28 0 9 66 5 .267 .311 .293 .604
2012 131 482 431 53 113 5 3 0 124 18 23 14 25 2 18 0 6 47 4 .262 .300 .288 .588
2013 134 355 313 39 81 4 4 0 93 18 10 3 16 3 18 0 5 26 7 .259 .319 .297 .604
2014 110 249 222 37 61 6 3 0 73 9 14 4 11 1 14 0 1 32 1 .275 .307 .329 .648
2015 112 205 188 24 46 2 3 0 54 13 11 2 7 0 8 0 2 22 0 .245 .283 .287 .570
2016 121 356 327 38 90 5 4 0 103 18 14 7 6 0 20 1 3 42 2 .275 .323 .315 .638
NPB:7年 824 2443 2200 278 570 31 21 0 643 119 137 47 94 8 114 1 27 250 21 .259 .303 .292 .595
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


外野







2010 68 107 1 0 0 1.000
2011 144 351 8 0 1 1.000
2012 130 319 6 3 1 .991
2013 130 259 3 2 0 .992
2014 105 141 3 0 1 1.000
2015 105 131 1 1 0 .992
2016 111 160 6 2 2 .988
通算 793 1468 28 8 5 .996

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100盗塁:2014年5月10日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(QVCマリンフィールド)、8回裏に二盗(投手:相原和友、捕手:伊志嶺忠
その他の記録
  • プロ初打席からの連続打席無本塁打:2443(2016年度シーズン終了時)、NPB記録

背番号[編集]

  • 132 (2009年 - 同年3月29日)
  • 66 (2009年3月30日 - )

登場曲[編集]

  • 「Happiness」/ (2011年)
  • 「バリバリBUDDY!」/ V6 (2012年)
  • 「Go for it」/ Well stone bros feat. 我武者羅應援團 (2013年)
  • 「OVERCOME」/ Well stone bros. (2014年)
  • 「NIPPON」 / 椎名林檎 (2015年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロッテ - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月4日閲覧。
  2. ^ a b 島村誠也 (2014年4月3日). “プロ入り後、1637打席本塁打ゼロ。ロッテ・岡田幸文の挑戦”. 集英社 web Sportiva. 2014年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c “ロッテ岡田 67年ぶり更新 不名誉だけど「自分らしい」”. スポーツニッポン. (2014年8月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/01/kiji/K20140801008666340.html 2014年8月19日閲覧。 
  4. ^ 朝日新聞、2002年7月4日付朝刊、栃木地方面
  5. ^ 朝日新聞、2002年5月5日付朝刊、栃木地方面
  6. ^ 朝日新聞、2002年7月24日付朝刊、栃木地方面
  7. ^ a b c d e AERA、2010年11月22日号、P.78
  8. ^ a b 読売新聞、2006年7月31日付朝刊、栃木地方面
  9. ^ 育成枠出身の外国人選手も含めば、オリックスのアーロム・バルディリスも規定打席に到達した。
  10. ^ パ4人特別表彰 内川、ダル、平野、岡田 - 日刊スポーツ(2011年11月9日)
  11. ^ 岡田“奥さんの給料超え”127%アップ! - スポーツニッポン(2010年11月20日)
  12. ^ TBS石井アナ、ロッテ岡田登場曲歌う - 日刊スポーツ(2014年3月28日)
  13. ^ 「Well stone bros.」公式サイト「DISCOGRAPHY」
  14. ^ a b 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、122頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  15. ^ 岡田、夢見る初本塁打=32歳、2443打席なし-プロ野球・ロッテ”. 時事通信. 2016年12月16日閲覧。
  16. ^ 岡田、夢見る初本塁打=32歳、2443打席なし-プロ野球・ロッテ”. 時事通信. 2016年12月16日閲覧。
  17. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2011』 白夜書房、2011年、48頁。ISBN 978-4-86191-710-3
  18. ^ 美技連発、外野の名手 ロッテ・岡田幸文 - 日本経済新聞 2012年2月11日配信、2013年4月5日閲覧
  19. ^ 岡田 美技連発は“打つ前のスタート”と成瀬との信頼関係 - スポーツニッポン(2011年6月16日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]