山森雅文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山森 雅文
Ymamori masafumi.jpg
2011年8月6日、QVCマリンフィールドで。
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県下益城郡豊野村(現・宇城市
生年月日 (1960-11-26) 1960年11月26日(56歳)
身長
体重
178 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1978年 ドラフト4位
初出場 1980年11月8日
最終出場 1993年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

山森 雅文(やまもり まさふみ、1960年11月26日[1] - )は、熊本県宇城市出身の元プロ野球選手外野手)。1988年登録名は山森 眞幸

来歴・人物[編集]

熊本工業高校入学当初は投手であったが、監督に投球フォームを変えたほうがいいと指摘され、これが気に障り外野手に転向した。高校卒業後1978年のドラフト会議阪急ブレーブスに4位指名され入団。会議当日は自動車教習所普通運転免許の学科試験を受けていた。

守備は上手かったが、打撃が思うように行かず、毎年のように打撃力向上が課題とされていた。しかし、大事な場面で打席が回ってきたときの安打は多く、1984年には初の満塁本塁打を、翌年には2本の満塁本塁打を記録し、勝負強さを示している。1986年には規定打席に到達していないにもかかわらず守備が評価されゴールデングラブ賞を受賞。1994年に現役引退。

引退後、1995年上田利治監督の下で日本ハムの一軍外野守備走塁コーチ、2000年二軍コーチ、2001年からオリックス二軍のコーチを歴任。2004年限りで退団。

2005年11月には台湾統一ライオンズの打撃コーチに就任が発表されたが、就任前に辞退した。2007年より、千葉ロッテマリーンズのスカウトに就任し2011年からはロッテの一軍外野守備走塁コーチを務め[2]2012年からは同球団の二軍外野守備走塁コーチを務める。10月15日、球団から来季のコーチ契約更新はない旨を通知された[3]2013年からは再びスカウトを務める[4]

愛称はゾンビ(映画『ゾンビ』を他の選手と見に行き、その映画に出てくるゾンビに似ていたことから)。

サーカスプレー[編集]

1981年9月16日阪急西宮球場で行われた阪急対ロッテ後期11回戦にて、山森は今も語り継がれるファイン・プレーというべき捕球を行った。

1回表ロッテの攻撃で、2番の弘田澄男は阪急先発の山田久志のボールを打ち返し、山森の守るレフト方向へ、高く舞い上がる大きなフライを放った。この大きな当りはレフトのラッキーゾーンを超えてホームランになる、そう誰もが思ったが、山森は自分の身長よりもかなり高いラッキーゾーンの金網の最上部に右足の中段でのワンステップだけでまるで猫のように飛び乗ると、左足と右手を金網に掛けて右足でバランスを取りつつグラブを差し出した。ボールは山森の構えるグラブへ吸い込まれ、ホームランと思われた打球はこのプレーによってアウトとなった。

このプレーでアメリカの野球殿堂関係者が「日本人第一号の米国野球殿堂入り[5]」を決めた。このことで、日本中で大きな話題となった。現在も殿堂入りしたメジャーリーガーと同じように写真とこのプレーをした時の映像が流されている。また、アメリカのテレビで放送されたホームランキャッチベスト10特集で並み居るメジャーリーガー達を抑えて1位を獲得したこともあった。

名称だけを見ると曲芸のような技と思われるが、山森は試合前の練習中常にフェンスの高さ、フェンスまでの距離を確認し、金網の上を歩く練習までしていたと言われており、実際には常日頃からの準備が実った結果と言える。山森もこのプレーは「練習の延長の様なもの」としか思っておらず、殿堂入りするまではよく覚えていなかったといい、むしろ翌日に弘田から「よくもオレの数少ないホームランを取ってくれたな」と怒られたことを覚えていたという[6]

またこの当時、「山森が捕球したままスタンド(ラッキーゾーン)に落ちたらホームランなのかアウトか?」と話題になったが、あの体勢で捕球後にスタンドに落ちてもボールを落とさなければ打者はアウトである。[7]

1990年5月3日グリーンスタジアム神戸で行われたオリックス対日本ハム5回戦でも、自身2度目のホームランキャッチをしている。[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1980 阪急
オリックス
1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1981 101 62 53 15 11 0 2 0 15 4 2 0 3 0 6 0 0 9 0 .208 .288 .283 .571
1982 67 53 47 7 9 1 0 3 19 5 1 0 2 0 4 0 0 6 0 .191 .255 .404 .659
1983 51 42 38 3 9 1 2 0 14 0 2 0 2 0 2 0 0 9 0 .237 .275 .368 .643
1984 115 214 195 22 40 9 1 6 69 28 2 2 3 1 11 0 4 22 6 .205 .262 .354 .616
1985 69 64 53 9 12 2 0 3 23 11 1 0 3 0 7 0 1 6 0 .226 .328 .434 .762
1986 102 126 113 13 32 8 0 10 70 20 0 5 6 1 5 0 1 19 4 .283 .317 .619 .936
1987 87 112 97 13 18 0 1 3 29 9 1 1 5 0 7 0 3 21 4 .186 .262 .299 .561
1988 112 334 295 34 81 12 2 3 106 24 3 2 20 1 14 2 4 40 7 .275 .315 .359 .675
1989 50 49 45 8 13 2 0 0 15 3 0 1 1 0 3 1 0 8 3 .289 .333 .333 .667
1990 88 51 43 17 14 3 0 3 26 9 6 3 3 0 5 0 0 11 1 .326 .396 .605 1.000
1991 85 71 65 5 10 2 1 0 14 2 2 1 2 0 4 1 0 14 4 .154 .203 .215 .418
1992 89 119 107 7 22 3 1 0 27 8 3 0 6 1 4 0 1 17 2 .206 .239 .252 .491
1993 55 61 57 12 18 0 1 2 26 11 2 0 0 1 3 0 0 12 1 .316 .344 .456 .800
通算:14年 1072 1359 1209 165 289 43 11 33 453 134 25 15 56 5 75 4 14 194 32 .239 .290 .375 .665
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1979年 - 1994年)
  • 79 (1995年 - 2000年)
  • 71 (2001年 - 2004年)
  • 73 (2011年 - 2012年)

登録名[編集]

  • 山森 雅文 (やまもり まさふみ、1979年 - 1987年、1989年 - )
  • 山森 眞幸 (やまもり まさゆき、1988年)

脚注[編集]

  1. ^ 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P110。
  2. ^ 2011年度のコーチングスタッフのお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2010年11月21日
  3. ^ コーチ契約に関するお知らせ - 千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト 2012年10月15日
  4. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P18
  5. ^ 注:野球殿堂入り選手ではなく、あくまでアメリカ野球殿堂博物館に展示された日本人選手第1号である。
  6. ^ 【9月16日】1981年(昭56) 本人も忘れていたプレーで“米野球殿堂入り”した山森 - スポーツニッポン、2012年9月16日配信
  7. ^ 注:元日本野球規則委員、元パ・リーグ記録部長・千葉功著 日米プロ野球珍場面名ジャッジP84~85参照。
  8. ^ 注:NHK BS1『球辞苑 〜プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち〜』(テーマ『ホームランキャッチ』2017年1月14日放送)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

【9月16日】1981年(昭56) 本人も忘れていたプレーで“米野球殿堂入り”した山森 - スポニチ