久万俊二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

久万 俊二郎(くま しゅんじろう、1921年1月6日 - 2011年9月9日)は、日本の実業家阪神電気鉄道社長会長取締役相談役阪神タイガース元オーナー。なお、戸籍上の表記は久俊二郎。

来歴・人物[編集]

兵庫県神戸市生まれ、高知県高知市出身。戦時中の学徒出陣により東京帝国大学法学部を仮卒業後、戦争も熾烈になってきた1945年3月、一個中隊を率いて玉砕寸前まで戦った元海軍将校

1946年に阪神電鉄入社。1978年取締役就任。1982年社長昇格。1992年から会長。1984年から阪神タイガースのオーナーを、明治大学一場靖弘の、いわゆる「裏金問題」で辞任するまで20年間にわたり務めた。在任20年間でチームがAクラス(3位以上)に入ったのが4回、最下位は10回だった。

阪神球団社長を務めた小津正次郎とは出世競争でのライバル的存在で、業界では「阪神はいずれ、久万か小津のどちらかがトップになる」と言われていたという[1]。企業経営者としては、バブル経済期に同業他社が積極投資・経営多角化に打って出る一方で、慎重かつ保守的な姿勢を崩さず、バブル崩壊前後の安定を維持した。また労使交渉などでも手腕を発揮した。

1985年8月12日運輸省で行われた民鉄協の会議に出席する為に東京へ来る予定だったが、自身の急用が出来て会議に出席出来なくなって直前にキャンセルしたため、本来ならこの日の帰阪の際に搭乗する予定だった日本航空123便の墜落事故の難から逃れることができた[※ 1][※ 2]

ドイツ語に堪能で、酔うとドイツ語の歌を披露する一面もあった。

2011年9月9日、老衰のため神戸市東灘区の病院で死去[2]。90歳没。

阪神タイガースのオーナーとして[編集]

本業の鉄道経営に徹した「金儲けのプロ」として西梅田再開発(オオサカガーデンシティ)を推進した一方、野球の知識は皆無でもスポーツ新聞の全紙に目を通していた。記者などの問いに対し、『球団より会社(電鉄)』「私は野球は好きじゃない」などと答えることもあった。

1987年掛布雅之が酒気帯び運転で事故を起こした際、当時の本社社長でもあった久万は「うちの4番は欠陥商品。野球選手以前に人間として失格だ」と批判したが、これが元で掛布は久万存命中は指導者として阪神へ復帰することが許されなかったとされ、結果的に久万の没後から2年後に掛布は「GM付コーディネーター」として復帰した[3]。「私の目の黒いうちは、彼を絶対にウチの監督にはしない」と周囲に語ったことがある[4]

1985年の阪神優勝の原動力となったランディ・バースについて、1988年水頭症を患った長男への対応を巡り対立し、シーズン途中で解雇した(ちなみにこの件は当時の球団が保険加入を怠っていた為、多額の医療費を請求されるのを恐れて解雇したものである。後々示談金が支払われたが、このバースの解雇が祟り、当時の阪神球団社長であった古谷真吾が東京のホテルで投身自殺する結果となった)。

1995年のシーズン途中、チームの低迷について「彼の采配はスカタンですな[5]」と当時の中村勝広監督を批判し、中村を途中辞任に追い込んだ。後任となった藤田平も翌年、低迷を理由に1年で退任に至ったが、球団社長から解任を伝えられた藤田が求めた会見を拒み、藤田が退任を同意するまでまる1日以上を要する事態となった(詳細は藤田の項目を参照)。

1999年ヤクルト監督を勇退したばかりの野村克也を監督として招聘し、3年連続セ・リーグ吉田義男監督時代の1998年を含めると4年連続)最下位になっても続投を発表したものの、夫人の脱税発覚・逮捕で野村が辞任。また、田中康夫らが週刊誌で「阪神を3年連続最下位にして野村さんを続投を決めた久万さんもオーナーを辞めるべし」と厳しく批判した。野村退任後野村について「あの人は(経営者ではなく)野球の監督」、「だますのが仕事」、「何回もだまされて腹立ってまんねん」と発言した[6]。野村の後任として中日監督を辞任したばかりの星野仙一を招聘した。星野はこの際、「(低迷は)すべてあなたの責任」と久万に経営体質の抜本的改善を迫り(もっとも、野村も同様の指摘をしている)、これを就任の第一条件にしたと後に著書で回顧している(結果として、タイガースは2003年にリーグ優勝を果たした)。

2004年の球界再編問題では当初近鉄・オリックス球団の合併を容認、さらに「各球団の採算が取れて、1番試合をやりやすいのは(1リーグ)8球団」と問題浮上以前からの主張を繰り返した[7]。しかし、星野仙一前監督の説得により一転反対。近鉄の選手らに同情的で「2リーグ制維持」を求めた野崎勝義球団社長らを後押ししたが、自身は確固とした姿勢を欠いたことは否めず、「(球団合併推進による)1リーグ移行」強硬派の巨人・渡邉オーナーが「(2リーグ制維持なら)パ・リーグに行く」と発言した直後には「阪神としては巨人と2球団だけでもいい」と破れかぶれの発言をした。この際、久万は本社顧問弁護士らに巨人の行動が現実化した場合の対応について諮るなど、かなり動揺していた。新規参入に名乗りを上げ、既存球団首脳との会談を求めるライブドア堀江貴文社長に「会ってもいい」と柔軟な姿勢を見せた一方、他球団も同じとはいえ、こと阪神は「2リーグ制維持」を求め、その主導格にありながら、結果的に最後まで(「1リーグ移行」を最終目標としていたとされる)近鉄・オリックスの球団合併には反対しなかった。

2005年に途中休養説や辞任説がささやかれた巨人監督・堀内恒夫の後任として星野が候補として挙げられた時に「巨人の監督になればいいじゃないですか」と容認する発言をしている。

久万の後継者で電鉄会社の後継者となった手塚昌利や球団社長をつとめた野崎勝義らは間接的ながら、久万時代の球団の経営姿勢について批判的な発言をしている。野崎は久万没後の2011年10月、新聞に掲載した追悼録で「(久万に仕えた球団社長の中で)自分がもっとも久万さんと衝突したのではないか」と述べ、野崎がタイガース低迷へのファンの嘆きや関連会社の業績への影響を訴えても「タイガースなんてちっちゃい会社。強い、弱いと騒がんでええ」と言われ「絶句した」と記している[8]。しかし、1996年に28年ぶりに球団決算が赤字になったことで再建に取り組むようになり「それまで閉じていた本社の金庫をあけてくれた」という[8]。また、野村・星野両監督の招聘は久万の英断であったこと、積極投資→収入増→常勝というチーム作りを成就させて2003年に優勝したことは、久万がタイガースと向き合った証明であり、「久万遺産」であると評した[8]。一方、2004年の球界再編問題時に野崎が「(渡邉恒雄が主導した)1リーグ制が実現するとプロ野球がつぶれる」と久万に食ってかかったところ、「巨人とはけんかするな」と言ったように現実主義者な一面もあった[8]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 久万の代理としてこの会議に出席した部下で阪神電鉄本社専務取締役(阪神タイガース球団社長)の中埜肇と常務取締役の石田一雄の二人が終了後帰阪のために同便に搭乗しこの事故の犠牲者となってしまった。
  2. ^ なお、阪神の選手・コーチ陣は事故当日に前日までの平和台球場での対中日戦の主催試合(中埜も観戦に訪れていた)をこなして13日からの後楽園球場での対巨人戦に向けての移動のため福岡羽田JAL366便に搭乗していたが、その機体(JA8119)の羽田での折り返しの便が同墜落事故の当該便の123便であった。また、この366便に搭乗していた選手の一員である木戸克彦の妻は123便に搭乗予定だったが直前にキャンセルし難を逃れた。

出典[編集]

  1. ^ メディアファクトリー『タイガースファンという生き方』1999年刊行
  2. ^ 85年・日本一の元名物オーナー・久万氏、天国へ…阪神:プロ野球:野球:スポーツ報知大阪版”. スポーツ報知 (2011年9月14日). 2011年9月14日閲覧。
  3. ^ 掛布雅之氏のGM付育成&打撃コーディネーター就任について”. 阪神タイガース (2013年10月21日). 2014年2月7日閲覧。
  4. ^ 【田所龍一の球界よもやま話】「掛布監督」阻む“金銭トラブル”の実像はこうだ…誤解でイメージ悪化した「阪神の宝」がタテジマを着る日”. 産経ニュース WEST (2013年6月11日). 2014年2月8日閲覧。
  5. ^ オーナー「スカタンな采配や」衝撃的発言で辞任した中村監督
  6. ^ 阪神・久万オーナー 、野村監督に毒ガス 「あの人は人をだますのが仕事」、『デイリースポーツ』2004年9月14日付
  7. ^ 新リーグ構想を支持 阪神の久万オーナー”. 共同通信社 (2004年6月25日). 2011年9月14日閲覧。
  8. ^ a b c d 「悼む 久万俊二郎さん」毎日新聞2011年10月9日5面

関連項目[編集]