石田弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いしだ ひろし
石田 弘
生誕 (1943-09-21) 1943年9月21日(76歳)
東京都杉並区
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
出身校 日本大学芸術学部
職業 テレビプロデューサー
活動期間 1967年 - 現在
活動拠点 フジテレビジョン
テレビ番組 ミュージックフェアオールナイトフジ夕やけニャンニャンとんねるずのみなさんのおかげでした
配偶者 あり

石田 弘(いしだ ひろし、1943年9月21日 - )は、日本テレビプロデューサーフジテレビジョン人事局付嘱託エグゼクティブプロデューサーフジパシフィック音楽出版取締役

愛称は「ダーイシ」。東京都出身。

来歴[編集]

海城高校卒業後、日本大学芸術学部在学中からフジテレビでアルバイトを始め、1967年に正式に入社。アルバイト時代から引き続きドラマを制作していたが、フジテレビ制作部門の分社化に伴い、ビデオソフト制作部門に異動し、成人向けビデオの制作も行っていた。

その後、分社化した制作会社・フジ制作に出向し、音楽・バラエティ番組を担当した。『リブ・ヤング!』では洋楽とフォーク、ロックのみ扱い、この番組がキャロルのデビューのきっかけとなる。1973年より『ミュージックフェア』のディレクター、1980年よりプロデューサーを務める。

1980年代以降、『オールナイトフジ』、『夕やけニャンニャン』、『とんねるずのみなさんのおかげです』などのバラエティ番組をヒットさせる。とんねるず石橋貴明にテレビ局に関係なくマネされていて、石橋は「ダーイシ男」としてコントに仕立て上げた。

『夕やけニャンニャン』から誕生したおニャン子クラブに関して、傘下の音楽出版社であるフジパシフィック音楽出版(現・フジパシフィックミュージック)を介して、権利をレコード会社と折半させたほか、ファンクラブの運営も委託。自前のファッションブランド「Hip's road」を立ち上げ、これらのグッズ販売の会社を設立する(現在「フジテレビショップ フジさん」を運営する株式会社オンエア)など、フジサンケイグループメディアミックスの基礎を作り上げた一人でもある。

役員待遇に昇進した後、2005年の役員定年満了後も、三宅恵介と同様に嘱託として引き続きフジテレビに在籍しており、『ミュージックフェア』等を担当している。

番組演出以外では、1973年にチューリップ心の旅」のミュージック・ビデオを制作。また、1975年の「吉田拓郎・かぐや姫 コンサート インつま恋」の映像制作も担当。国内外の音楽関係イベントのプロデュース、演出も多数あり。映画『おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!』ではスペシャルアドバイザーを務めた。

エピソード[編集]

学生時代からエルヴィス・プレスリーの大ファンで、好きな曲は「ラヴ・ミー・テンダー(Love Me Tender)」。石田の定年(役員契約満了)記念特番『とんねるずの石田さんのおかげでした オールスター大感謝祭〜台場の中心で、Iが叫ぶ〜』では誕生日祝いとして、和田アキ子などが石田のためにこの曲を歌い、プレゼントした。

GARLAC』誌上のインタビューで「低俗と俗悪は違う。ふざける番組でも超えてはならない一線がある。悪ふざけにならないようにしなければならない」と自説を述べたことがある。ただし、担当していた『とんねるずのみなさんのおかげです』にて、「木梨憲武さんを偲んで」という視聴者ドッキリ企画を行った際は、局に約800件の抗議電話が来たことがある。

糖尿病の持病があり、明石家さんまやとんねるず等から度々ネタにされている。

担当番組[編集]

石田班のスタッフ[編集]

概要[編集]

上司だった横澤彪率いる「ひょうきんディレクターズ」と呼ばれる横澤班とは仲が悪く、王東順率いる「王班」とも一線を画していた。横澤班が担当していた番組の収録には『ザ・ベストテン』(TBSテレビ)の追っかけ中継の立ち入りを許可されていた一方、石田は同番組を敬遠する対応を取っていた。

2005年9月29日放送の『とんねるずの石田さんのおかげでした オールスター大感謝祭〜世界の中心で、Iが叫ぶ〜』では、スタッフロールの冒頭に「石田班」と表示された。

近年はFNS27時間テレビの特番等で三宅恵介ら横澤班出身のスタッフと組む事が多い。

石田班スタッフ[編集]

港浩一
共同テレビジョン代表取締役社長
稲村健
ピボーテ代表者。
太田一平
ディレクター、プロデューサーを経て現在チーフプロデューサー
関卓也
共同テレビジョン出向・第3制作部プロデューサー兼CMアドコンテンツ部長、総合開発局業務センター部長
時宗大
FCC出向。作曲家すぎやまこういちの長男
中垣佐知子
ロングテイル所属
松村匠
2010年にフジテレビを退社し、AKSコンテンツビジネス本部長
笠井一二
フジテレビを退社し、独立。制作会社社長
坂間和夫
2006年、フジテレビを定年退職
木村忠寛
ライツ開発局企画部長
石井正幸
共同テレビ常務取締役・制作センター第2制作担当
小西康弘
BSフジ出向
鈴木正人
FCC出向
渡邊俊介
編成局制作センター第二制作室チーフプロデューサー
神原孝
FCC制作室企画開発部長

脚注[編集]

  1. ^ [1]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]