1997年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1997年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ6位
59勝76敗1分 勝率.437
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場 ナゴヤドーム
ナゴヤドーム - panoramio (8).jpg
球団組織
オーナー 大島宏彦
経営母体 中日新聞社
監督 星野仙一
« 1996
1998 »

1997年の中日ドラゴンズ(1997ねんのちゅうにちドラゴンズ)では、1997年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、2回目の星野仙一監督体制の2年目のシーズンであり、ナゴヤドームを本拠地とした最初のシーズンである。

概要[編集]

大型補強などもなくドーム元年のこの年は優勝候補にあげられたものの、自慢の強竜打線が開幕から沈黙。先発陣では二枚看板の一人でエースの今中慎二が左肩痛で投げられず山本昌、抑えの宣銅烈に頼る有様で投手陣も崩壊。それでもチームは6月まで阪神とAクラスを争うものの、夏場に入ると打線の不振などもあり自力優勝が消滅。8月に大きく負け越すと最後は1992年以来5年ぶりの最下位で終了。投手陣では最多勝の山本がチームを引っ張り、2年目の門倉健も10勝を挙げる活躍を見せたがチーム防御率4.33はリーグ5位に終わり、コントロールの悪さから失点する試合が目立った。打撃陣では新外国人のレオ・ゴメス立浪和義が打線を引っ張ったほか、星野の大学の後輩である鳥越裕介も低打率ながら守備で活躍した。一方で強竜打線を牽引した大豊泰昭山崎武司アロンゾ・パウエルなどが本塁打や打率を大きく落とし、狭いナゴヤ球場から広いナゴヤドームに本拠地が移転したことでチーム本塁打が前年の179本から115本へ激減したほか、チーム打率最下位、打点・得点リーグ5位、併殺打がリーグ1位を記録するなど不振に陥った。対戦成績では巨人、阪神に14勝13敗、17勝10敗と勝ち越して全球団負け越しこそ逃れるものの、優勝のヤクルトには11勝16敗1分で太刀打ちできず、巨人同様ヤクルト優勝の引き立て役となった。オフに星野監督はシーズン終了後4番の大豊と2番手捕手の矢野輝弘を阪神へ放出し、関川浩一久慈照嘉を獲得するなど戦力を再編。コーチ陣では星野監督の片腕である島野育夫ヘッドコーチは留任したものの、小松辰雄投手コーチや柏原純一打撃コーチなどが成績不振の責任を取り辞任した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
選手名 年数 年齡
1 立浪和義 10年目 27歳
2 鳥越裕介 4年目 25歳
3 パウエル 6年目 32歳
4 ゴメス 1年目 31歳
5 音重鎮 10年目 33歳
6 山崎武司 11年目 28歳
7 大豊泰昭 9年目 33歳
8 中村武志 13年目 30歳
9 山本昌 14年目 31歳

※年数はNPB所属通算年数、年齡は開幕時

1997年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト -- ヤクルト --
2位 広島 2.0 広島 3.0 広島 8.0 広島 9.5 横浜 3.5 横浜 11.0
3位 阪神 3.5 中日 4.5 阪神 10.5 横浜 10.0 広島 8.0 広島 17.0
4位 中日 4.5 阪神 5.0 中日 12.5 中日 12.0 阪神 15.5 巨人 20.0
5位 巨人 横浜 6.0 横浜 14.0 阪神 12.0 中日 17.5 阪神 21.0
6位 横浜 6.5 巨人 8.5 巨人 15.0 巨人 16.5 巨人 18.5 中日 24.0
1997年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ヤクルトスワローズ 83 52 2 .615 -
2位 横浜ベイスターズ 72 63 0 .533 11.0
3位 広島東洋カープ 66 69 0 .489 17.0
4位 読売ジャイアンツ 63 72 0 .467 20.0
5位 阪神タイガース 62 73 1 .459 21.0
6位 中日ドラゴンズ 59 76 1 .437 24.0

オールスターゲーム1997[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 星野仙一
投手 山本昌 5
宣銅烈
内野手 立浪和義 6

個人成績[編集]

投手成績[編集]

  • 色付き規定投球回(136イニング)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手








































W
H
I
P
 
/山本昌 29 28 4 1 1 18 7 1 838 206.2 174 26 57 3 159 1 0 74 67 2.92 1.12
/門倉健 34 26 2 0 0 10 12 0 747 160.0 173 13 96 10 143 4 1 95 84 4.73 1.68
/前田幸長 25 18 0 0 0 2 13 0 448 101.1 112 11 37 3 91 2 0 59 57 5.06 1.47
/古池拓一 30 19 0 0 0 4 9 0 439 98.2 93 7 51 7 87 0 3 56 55 5.02 1.46
/中山裕章 53 0 0 0 0 7 6 0 330 76.2 67 10 32 7 54 6 1 41 37 4.34 1.29
/落合英二 19 9 2 0 1 4 7 0 271 66.1 66 3 7 2 52 0 0 33 27 3.66 1.10
/宣銅烈 43 0 0 0 0 1 1 38 232 63.1 36 0 12 1 69 0 1 9 9 1.28 0.76
/大塔正明 43 0 0 0 0 2 1 0 260 58.0 61 5 23 8 47 6 0 26 23 3.57 1.45
/遠藤政隆 40 2 0 0 0 2 4 1 273 56.2 61 7 40 7 51 3 3 36 33 5.24 1.78
/今中慎二 10 8 0 0 0 2 2 0 195 44.2 42 5 19 3 18 0 0 23 20 4.03 1.37
/山田洋 10 6 1 1 0 3 2 0 172 41.0 33 4 16 3 30 3 0 16 14 3.07 1.20
/有働克也 19 3 0 0 0 1 4 0 153 37.1 39 2 11 2 20 1 1 17 17 4.10 1.34
/野口茂樹 11 7 0 0 0 0 1 0 179 37.0 46 2 21 3 14 2 0 29 27 6.57 1.81
/村田勝喜 11 6 0 0 0 2 3 0 167 34.0 42 7 24 2 21 0 0 24 24 6.35 1.94
/井手元健一朗 28 2 0 0 0 1 2 0 138 29.1 33 6 18 1 16 0 0 30 22 6.75 1.74
/北野勝則 34 0 0 0 0 0 1 0 93 20.2 25 5 9 1 7 0 0 11 10 4.35 1.65
/山田喜久夫 19 0 0 0 0 0 0 0 77 18.0 16 2 8 1 7 0 0 10 9 4.50 1.33
/佐藤康幸 15 0 0 0 0 0 0 0 79 15.1 25 1 9 1 12 1 0 17 12 7.04 2.22
/小野和義 8 2 0 0 0 0 1 0 61 11.2 20 2 6 0 6 0 0 15 15 11.57 2.23
/森廣二 5 0 0 0 0 0 0 0 42 8.1 13 1 7 0 4 0 0 7 7 7.56 2.40
/佐藤秀樹 6 0 0 0 0 0 0 0 36 7.0 9 2 5 0 8 0 0 7 7 9.00 2.00
/小島弘務 6 0 0 0 0 0 0 0 26 6.1 7 1 1 0 3 1 0 5 5 7.11 1.26
/山田貴志 4 0 0 0 0 0 0 0 27 6.1 7 1 3 0 1 0 0 2 2 2.84 1.58
/日笠雅人 5 0 0 0 0 0 0 0 21 4.0 5 0 4 2 4 1 0 1 1 2.25 2.25
/平沼定晴 4 0 0 0 0 0 0 0 15 3.2 6 0 1 0 1 0 0 0 0 0.00 1.91
/内藤尚行 2 0 0 0 0 0 0 0 4 0.1 1 0 2 0 0 0 0 1 1 27.00 9.00

主な打撃成績[編集]

  • 色付き規定打席(421打席)以上の選手
  • 太字はリーグ最高
選手











































O
P
S
 
/立浪和義 133 579 495 77 133 24 3 14 205 55 8 5 1 1 77 4 5 42 13 .269 .372 .414 .786
/ゴメス 135 562 483 84 152 23 1 31 270 81 2 0 0 2 74 3 3 76 13 .315 .407 .559 .966
/山崎武司 130 483 421 45 108 19 2 19 188 54 0 1 0 1 55 4 6 66 14 .257 .350 .447 .796
/益田大介 117 458 402 54 108 15 8 2 145 24 11 8 6 4 42 0 4 88 2 .269 .341 .361 .701
/パウエル 106 417 379 36 96 13 1 14 153 56 0 0 0 0 36 3 2 56 17 .253 .321 .404 .725
/大豊泰昭 95 341 296 33 71 12 0 12 119 35 0 1 2 2 38 2 3 78 5 .240 .330 .402 .732
/中村武志 102 314 280 27 65 15 0 8 104 36 0 0 2 3 26 5 3 42 11 .232 .301 .371 .673
/鳥越裕介 124 308 269 35 56 6 2 2 72 16 10 3 14 2 20 1 3 63 2 .208 .269 .268 .536
/矢野輝弘 83 244 214 24 54 8 0 3 71 19 1 0 5 0 22 1 3 32 3 .252 .331 .332 .662
/音重鎮 55 149 130 9 21 3 1 1 29 9 2 0 8 2 8 1 1 24 5 .162 .213 .223 .436
/山口幸司 65 129 110 16 25 2 0 2 33 5 1 0 4 1 13 0 1 19 5 .227 .312 .300 .612
/樋口一紀 55 126 101 14 23 4 2 0 31 5 3 3 7 0 18 0 0 17 5 .228 .345 .307 .651
/愛甲猛 93 121 99 8 28 5 1 2 41 20 0 0 2 4 16 0 0 18 3 .283 .370 .414 .784
/荒木雅博 63 74 67 9 12 2 0 0 14 2 12 4 5 0 1 1 1 16 1 .179 .203 .209 .412
/井上一樹 28 74 73 6 21 5 0 2 32 9 0 1 0 0 1 0 0 25 0 .288 .297 .438 .736
/渡辺博幸 34 65 52 6 18 5 2 0 27 4 0 1 0 0 11 0 2 8 2 .346 .477 .519 .996
/神野純一 13 53 46 3 8 0 0 0 8 5 2 0 0 1 5 0 1 12 0 .174 .264 .174 .438
/川又米利 48 45 41 0 9 3 0 0 12 7 0 0 0 0 4 1 0 13 1 .220 .289 .293 .582
/筒井壮 37 45 42 2 9 1 0 0 10 3 0 0 1 1 0 0 1 9 1 .214 .227 .238 .465
/彦野利勝 42 42 36 2 11 3 0 1 17 19 0 0 0 1 5 1 0 8 1 .306 .381 .472 .853
/山田広二 19 39 39 2 6 2 0 1 11 8 1 0 0 0 0 0 0 10 0 .154 .154 .282 .436
/光山英和 25 38 34 1 4 1 0 0 5 2 0 0 1 0 3 0 0 12 0 .118 .189 .147 .336
/中野栄一 12 24 23 0 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 1 0 0 11 1 .130 .167 .174 .341
/森野将彦 13 22 22 2 3 1 0 1 7 1 0 0 0 0 0 0 0 8 2 .136 .136 .318 .455
/原田政彦 14 21 20 2 6 1 1 0 9 2 0 2 0 0 1 0 0 3 0 .300 .333 .450 .783
/種田仁 8 19 13 1 1 1 0 0 2 0 0 0 5 0 1 0 0 2 0 .077 .143 .154 .297
/大西崇之 6 9 8 0 2 0 0 0 2 0 2 0 1 0 0 0 0 3 0 .250 .250 .250 .500
/市原圭 22 7 7 4 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
/椎木匠 4 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
/幕田賢治 2 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[1]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
山本昌 最多勝利 18勝 3年ぶり3度目
最多奪三振 159個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
山本昌 投手 3年ぶり2度目
ゴメス 三塁手 初受賞
ゴールデングラブ賞
選手名 ポジション 回数
立浪和義 二塁手 3年連続3度目[注 1]

ドラフト[編集]

網掛けの選手は逆指名による入団

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 川上憲伸 投手 明治大学 入団
2位 森章剛 外野手 藤蔭高 入団
3位 正津英志 投手 NTT北陸 入団
4位 鈴木郁洋 捕手 東北福祉大学 入団
5位 井端弘和 内野手 亜細亜大学 入団
6位 高橋光信 内野手 国際武道大学 入団
7位 白坂勝史 投手 関東学院大学 入団
8位 清水清人 捕手 邇摩高 入団

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1988年に遊撃手部門で受賞しており、通算4度目。

出典[編集]

  1. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7