笑っていいとも!新春祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
笑っていいとも!新春祭
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
当番組の生放送V4スタジオから行われた
お台場フジテレビ
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 金子傑(フジテレビ) /
石井浩二(総合演出、フジテレビ)
監修 高平哲郎スーパーバイザー
プロデューサー 及川俊明(制作P) /
坪田譲治(フジテレビ)
出演者 森田一義(タモリ)
中居正広SMAP
西山喜久恵フジテレビアナウンサー
いいとも青年隊イワンジョン
ほか
音声 モノラル放送
オープニング 「ウキウキWatching」
いいとも青年隊)アレンジ曲
エンディング 同上
外部リンク 公式サイト
笑っていいとも!新春祭
頭と体を使って選手権SP
放送時間 月曜日 21:00 - 23:24(144分)
放送期間 2004年1月5日(1回)
笑っていいとも!2005★新春祭!
頭と体を使って選手権SP
放送時間 月曜日 21:00 - 23:24(144分)
放送期間 2005年1月10日(1回)

特記事項:
合計2回放送
テンプレートを表示

笑っていいとも!新春祭』(わらっていいとも しんしゅんさい)とは、フジテレビ系列で、2004年1月5日2005年1月10日年末年始である月曜日 21:00 - 23:24(JST)に生放送されていた『森田一義アワー 笑っていいとも!』の特番である。正式な番組タイトル名は『笑っていいとも!新春祭 頭と体を使って選手権SP』である。モノラル放送を実施していた。

総合司会森田一義火曜日レギュラー中居正広SMAP)。進行役は西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)。総合司会者であるタモリ(この番組では本名の森田一義名義で出演している[1])。名称は「新春祭」。

概要[ソースを編集]

番組対抗戦形式で『笑っていいとも!』のオリジナルコーナー・ゲームで優勝チーム競う。出場番組は番組毎にチームを組み、出場番組は1月スタートの新ドラマ・新番組チームと『笑っていいとも!』チームなどである。

毎年、4月)と10月)の改編時期に年間2回生放送されている『笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル』とは異なり、「曜日対抗 いいとも!選手権」をベースとしたスペシャル版という趣旨であり、「スリッパ卓球」「ニャニャニャミュージック」「ボウリング」などを主に頭と体を使ったコーナー・ゲームで勝敗を競う。

また、「笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル」と得点システムは異なり、各チーム所持している得点を賭けてゲームに挑戦。ゲームの勝利チームのみ、設定された倍率だけ得点が倍増して返ってくるが、残りのチームは賭け点が没収される(途中、クイズ等で得点が増える救済措置的コーナーも用意されている)。

また、「笑っていいとも!」名義ではあるがはスタジオ新宿アルタではなく、港区台場フジテレビのV4スタジオから生放送されていた。

新宿アルタからセットをまるごと持ってきて組み立てているため、ドラマ出演者がほとんどであることから、ドラマ収録のスタジオとの行き来だけで済むという利便性がある事でフジテレビからの生放送になったという事情がある。ドラマ収録の合間にそのまま出演者は出演することになるので、普段バラエティ番組に出演しない俳優女優を出演させることが出来るという利点もあった。

出演者[ソースを編集]

総合司会[ソースを編集]

進行[ソースを編集]

いいとも青年隊[ソースを編集]

2004年(第1回)[ソースを編集]

太字が優勝チームを示す

笑っていいとも!新春祭 頭と体を使って選手権SP[ソースを編集]

放送日:2004年1月5日月曜日

視聴率:20.7%関東地区ビデオリサーチ調べ)

総合司会:森田一義中居正広SMAP

進行:西山喜久恵(フジテレビアナウンサー

アシスタント:イワンジョン

出場チーム・ゲスト出演者
トピックス
  • CM直前のタモリの客席に対する掛け声である「笑っていいとも!新春祭 頭と体を使って選手権SP そろそろ行ってもいいかな?」を噛んでしまった事があった。タモリ曰く「昼もやってるから疲れているんだよ」の事。
  • ラストゲーム「ボウリング1ピン勝負」で全チーム失敗の為、残りポイントでは「笑っていいとも!」チームの優勝だが、視聴者および観客の盛り上がりが損ねてしまう事態を配慮した「笑っていいとも!」チームの意向で、急遽サドンデス・延長戦を実施した。延長戦1本目で成功した「ファイアーボーイズ〜め組の大吾〜」「白い巨塔」の2チームで延長戦2本目を行い、結果「ファイアーボーイズ〜め組の大吾〜」が優勝を決めた。

2005年(第2回)[ソースを編集]

笑っていいとも!2005★新春祭! 頭と体を使って選手権SP[ソースを編集]

放送日:2005年1月10日(月曜日) 

視聴率:20.4% (関東地区。前年比 - 0.3%)

総合司会:森田一義、中居正広(SMAP)

進行:西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)

アシスタント:イワン、ジョン

出場チーム・ゲスト出演者(※ 1)
備考
(※ 1)『救命病棟24時』 - 江口洋介松嶋菜々子京野ことみ大泉洋小栗旬MEGUMI鷲尾真知子香川照之川岡大次郎田村たがめ(オープニングの冒頭に日活撮影所から中継で出演(スタジオ出演はなく、ゲームには参加せず))。武田祐子(フジテレビアナウンサー)
(※ 2)労働基準法(18歳未満は22時以降の生出演が出来ない)により、長澤まさみが17歳だったため「あるなしクイズ」終了後(21:45頃)に途中退席。
(※ 3)堀江は当時ライブドア社長(2006年に粉飾決算事件で辞任)。
トピックス
  • 救命病棟24時』の番宣ポスターに総合司会であるタモリが写真に写っていた。だが、実際にはドラマには出演していない。

ルール(いいとも!ヘッドシステム)[ソースを編集]

  • 最初は100タモリの点数が与えられる。
  • 各ゲームごとにオッズ(倍率)が表示される。
  • 各チームは自信度に応じて点数をかける。
  • 各ゲーム勝利チームにはかけた点数 × オッズ分の得点が入る。
  • 負けたチームはかけた点数分減点される。
  • 一番得点が高かったチームには優勝賞金200万円が贈呈される。

主なコーナー[ソースを編集]

スリッパ卓球[ソースを編集]

スリッパ卓球を行い、トーナメント戦で各チーム2組ずつ対戦し、ダブルス戦で戦うが、打順は関係なくどちらが打っても良い。サーブ権は交互で各試合の勝利チームに得点が入る。優勝したチームには100万円が贈呈される。スリッパ卓球の審判は青木史義が担当。

あるなしクイズ[ソースを編集]

マルチ画面に出題された「ある」or「なし」の単語から「ある」に共通するものを当てる。また、総合司会の中居正広SMAP)より先に答えたら得点が貰え、遅ければ得点はなし。オッズは3倍。

ニャニャニャミュージック[ソースを編集]

チームの1名が丸台に立ち出題された楽曲を90秒間で「ニャニャニャ」のリズムで歌い、他のメンバーが楽曲のタイトルを当てる。当てたら他のメンバーと入れ替わり、パス有で最高曲数の1チームのみ得点が入る。オッズは2倍。

いいとも!なぞQ[ソースを編集]

なぞなぞクイズが出題されるので各チームが答えるゲームコーナー。オッズは2倍。

この人の真実はどれ? NEW YEARダウトJAPAN[ソースを編集]

出題者にまつわる3つのエピソードをA〜Cに分けて紹介されるが1つだけが真実であり、後の2つはウソ。各チームはウソを見抜いて真実を当てる。

1人目は総合司会である中居正広SMAP

  • A.SMAPリーダーに不正発覚!? 『曜日対抗いいとも!選手権』で九九が出来ずにカンニング!?
  • B.芸能界騒然!? 感動バラエティ番組で中居ウソ涙ポロリ!?
  • C.中居、業界のタブーを暴露! 音楽番組で僕のマイクにだけアレ(電池)が入っていなかった!?

正解はC。タモリが司会を務める音楽番組ミュージックステーション』(テレビ朝日系列)での出来事。

2人目は総合司会である森田一義

  • A.タモさんショッキング! 豪華ゲスト来られず一度だけ『友達の輪』が切れる!?
  • B.世にも奇妙ないいとも! 会場全席シルバーシート!?
  • C.いいとも!トリビア! 二日酔いでタモさん靴を履き忘れて登場!?

正解はB。1996年9月13日『笑っていいとも!』生放送分の観客はおじいさん、おばあさんだけだった。

3文字しりとり点とりムしりとり[ソースを編集]

3文字限定のしりとりゲームであり、指名されたチームは5カウント内で解答し、次のチームを指名していく。失敗した場合、そのチームを指名したチームに点数が奪われる。

ボウリング1ピン倒し[ソースを編集]

レーンに立っている1ピンを各チーム代表者が倒し、ピンを倒したチームに得点が入る。オッズは10倍。

わずか2回で企画終了、その後[ソースを編集]

『新春祭』の企画終了の理由については詳しくは不明だが、視聴率が20%台をたたき出したにもかかわらず、2005年に前年比で0.3%を下回ったことも理由の一つとあげられる。

2004年2005年と続けて1月の第2月曜日の21時枠で放送していた『新春祭』はわずか2回で幕を閉じる形となった。代替として「新春祭」を発展解消(企画終了 → リニューアル)する形で2006年は、月9ドラマ『西遊記』の放送枠の確保の都合上、『新春祭』に代わる形で、1月7日 21:00 - 22:54(JST)のプレミアムステージ枠で、新春祭でこれまで行われてきた「1ピン倒し」等のボウリング企画のみをメインとした『中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル2006』として放送。1月スタートの新ドラマ4番組のみで争い、いいとも!チームや総合司会であるタモリが不在であった等、『いいとも!』の形式ではなくなった(しかし、各ドラマの収録現場へいいとも!の各曜日アナウンサーがレポートに来ていた)。この番組は生放送で、司会者は中居正広(SMAP)と高島彩(フジテレビアナウンサー、当時)が担当した。

なお、2007年も、月9ドラマ東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』の放送枠の関係で、前回同様、1月6日21:00 - 22:54(JST)の土曜プレミアム枠で前述の中居の番組を「中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル2007激突!スターボウリング」として放送した。

その後毎年、奇数月(1月7月)に『中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル』を生放送し、偶数月(4月10月)に「笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル」を生放送しそれぞれ、各月第1月曜日に放送し(第2月曜日に放送される事もあった)、2009年まで続いた。

その『中居正広の〜』も事実上企画終了となり、また2010年より偶数月(4・10月、第2月曜日)に生放送していた『夜の笑っていいとも!春・秋のドラマ特大号』も2011年10月より企画変更し、同年10月10日に『タモリ・中居の手ぶらでイイのに…!?〜ドラマチック・リビングルーム〜』が放送された(半年後の2012年4月9日にその第2弾『タモリ・中居のコンビニでイイのに…!?〜ドラマチック・アウトドア〜』が放送された)。

2012年1月4日には『ホンマでっか!?TV』で冬ドラマ対抗戦が行われた。

スタッフ[ソースを編集]

備考[ソースを編集]

  • 番組テーマ曲は、通常の「ウキウキWatching」にアレンジを加えたものとなっている。CMアイキャッチ音も同じようにアレンジを加えたものとなっているが、エンディングと、提供表示音は「笑っていいとも!特大号」と同じものが流れる。
  • 進行役である西山アナウンサーは、フジテレビアナウンサーの中で『いいとも!』に最多出演したアナ(SP含む)であり、本家「笑っていいとも!」のテレフォンアナウンサーや増刊号担当アナウンサーを降任して以降も、唯一出演していた番組である。
  • スリッパ卓球の審判は東京都下卓球連盟理事の青木史義が務めている。なお、スリッパ卓球は森田一義(タモリ)の考案であるらしい。
  • 視聴者に携帯電話から優勝するチームを予想して投票し、見事優勝するチームに投票した方から抽選で100名にいいとも!特製タモリのの形をした携帯ストラップがプレゼントされていた。

脚注・出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ しかし、他の出演者からは「タモリさん」、「タモさん」と呼ばれることが殆ど。また、曜日コーナー中の名義もほぼ「タモリ」名義。稀に「森田」、「森田一義」が使用される。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]