鈴木浩介 (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき こうすけ
鈴木 浩介
生年月日 (1974-11-29) 1974年11月29日(42歳)
出生地 日本の旗 日本 福岡県北九州市八幡西区
身長 179 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ舞台映画
活動期間 1997年 -
配偶者 大塚千弘2015年 - )
所属劇団 劇団青年座(1997年 - 2004年
事務所 シス・カンパニー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
恋におちたら〜僕の成功の秘密〜
LIAR GAME
交渉人〜THE NEGOTIATOR〜
悪党〜重犯罪捜査班
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
テレビ
笑っていいとも!

鈴木 浩介(すずき こうすけ、1974年11月29日 - )は、日本俳優福岡県北九州市八幡西区出身。シス・カンパニー所属。妻は女優の大塚千弘。血液型AB型。左利き

人物・略歴[ソースを編集]

西南学院高等学校青山学院大学経営学部経営学科卒業。高校時代に陸上部に所属し、短距離走で全国高等学校総合体育大会に出場した経歴を持つ。

西田敏行に憧れ、大学在学中に休学し青年座研究所に入所、1997年劇団青年座に入団。劇団の若手として活動し、西田の退団をきっかけに自身も2004年に退団。その後はテレビドラマを中心に活動。

2007年、『LIAR GAME』のフクナガユウジ(福永ユウジ)役を好演し、数々の名台詞によって知名度を上げた。キノコヘアー・黒ぶち眼鏡・大声で台詞を発する・他人を罵倒する、という強烈なキャラクターのため、本人は「(フクナガユウジは)疲れる」とコメントしている。なお上記の役が反響を呼んだためか『フライトパニック』にて、ほぼ同一パターンの役を演じている。

私生活では、2015年7月期に放送されたテレビ朝日系テレビドラマ『刑事7人』での共演を機に交際していた女優の大塚千弘と同年10月7日に結婚[1][2]

出演[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

  • どん底(1997年)
  • 美女で野獣(2001年、新国立劇場
  • お茶をすすって(2002年、劇団青年座)
  • ハロルドとモード(2002年、劇団青年座)
  • ハイ・ライフ(2003年、青年座ユニットHIGH LIFE)
  • セヴン・ストーリーズ 七階でおきた七つの物語(2003年、シアター21)
  • LYNX〜リンクス(2004年、青山円形劇場
  • ピッピ〜長くつ下のピッピより〜(2004年、フジテレビ・梟雄舎)
  • ダム・ショー(2006年、シーエイティープロデュース)
  • 橋を渡ったら泣け(2007年、Bunkamura&キューブ
  • PARCO Tryout2007-ドラマリーディングシリーズVOL.1- Director's Choice〜白井晃が提示する翻訳劇「フォーエバー・ワルツ」(2007年、PARCO劇場
  • 日本語を読む〜リーディング形式による上演〜(2008年、世田谷パブリックシアター
  • アケミ(2009年)
  • タトゥー(2009年、新国立劇場)
  • LOVE 30 〜女と男と物語〜 VOL.3「エアコンな夜」(2009年、PARCO劇場)
  • NECK(2010年、ネルケプランニング
  • 叔母との旅(2010年、シス・カンパニー)
  • メガネ夫妻のイスタンブール旅行記(2011年、城山羊の会)
  • CLOUD-クラウド-(2011年、青山円形劇場)
  • 泣き虫なまいき石川啄木(2011年、シス・カンパニー)
  • その妹(2011年、シス・カンパニー)
  • ガラスの動物園(2012年、シス・カンパニー)
  • 朗読 宮沢賢治が伝えること(2012年、シス・カンパニー)
  • 叔母との旅 再演(2012年、シス・カンパニー)

バラエティ[ソースを編集]

ドキュメンタリー[ソースを編集]

  • にっぽん紀行「開拓の心つなぐ 親族ソフトボール〜北海道むかわ町穂別〜」(2015年9月22日、NHK総合) - 案内人

CM[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “鈴木浩介&大塚千弘が結婚 今夏共演きっかけ「笑顔溢れるチームを」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年10月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/10/08/kiji/K20151008011281970.html 2015年10月8日閲覧。 
  2. ^ “鈴木浩介&大塚千弘、結婚を発表<コメント全文>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年10月8日). http://mdpr.jp/wedding/detail/1531167 2016年8月29日閲覧。 
  3. ^ “「ドクターX」初のスピンオフドラマ配信決定、勝村政信演じる加地秀樹が主人公”. 映画ナタリー. (2016年9月2日). http://natalie.mu/eiga/news/200329 2016年9月2日閲覧。 
  4. ^ 東山紀之、テレ朝“水9”刑事ドラマ枠初登場 豪華共演者にうれしい悲鳴”. ORICON (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  5. ^ 東山紀之×北大路欣也、再タッグで最強チーム誕生 凶悪犯罪に立ち向かう〈コメント到着〉”. モデルプレス (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  6. ^ 向井理、“ムコ入り”榮倉奈々と夫婦役 遺産相続題材にテレ朝連ドラ初主演”. ORICON (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  7. ^ “入江悠監督、新作は地元・埼玉が舞台!トリプル主演に大森南朋&鈴木浩介&桐谷健太”. 映画.com. (2017年3月5日). http://eiga.com/news/20170305/3/ 2017年3月5日閲覧。 
  8. ^ 佐藤浩市、三浦友和ら豪華出演陣 クルマづくりの情熱描く動画公開”. スポニチアネックス (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]