硫黄島〜戦場の郵便配達〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

硫黄島〜戦場の郵便配達〜(いおうじま せんじょうのゆうびんはいたつ)は2006年12月9日の午後9時から11時9分までフジテレビ系列で放送された、硫黄島の戦いを主題にドラマドキュメンタリー映像を組み合わせて製作された番組である。

概要[編集]

本作のドラマ部分では、アメリカ軍が迫る硫黄島に向け、決死の覚悟で輸送任務を行う根本正良海軍少尉市丸利之助海軍少将(ともに実在の人物)との交流を、ドキュメンタリー部分では市丸少将の遺族や硫黄島から生還した兵士の証言を中心に製作されている。

この作品のために実物大の一式陸上攻撃機が再現され、TVドラマとしては初めて撮影クルーが硫黄島にある海軍地下司令部壕に入った。

登場人物[編集]

ほか

スタッフ[編集]

補足[編集]

なお、劇中では一式陸上攻撃機を「戦闘機」と呼んでいるが、実際には攻撃機という部類に属する。 詳しくは一式陸上攻撃機及び攻撃機#日本海軍での分類を参照。

外部リンク[編集]