市丸利之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市丸利之助
Ichimaru Rinosuke.jpg
生誕 1891年9月20日
日本の旗 日本 佐賀県東松浦郡久里村
(現:佐賀県唐津市
死没 1945年3月26日
日本の旗 日本 硫黄島東京都
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1913年 - 1945年
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

市丸 利之助(いちまる りのすけ、1891年明治24年)9月20日 - 1945年昭和20年)3月26日)は、日本海軍軍人である。最終階級は海軍中将(戦死による特進)。佐賀県東松浦郡久里村(現在の唐津市)出身。

経歴[編集]

日本海軍の航空草創期のパイロットである。訓練飛行中に操縦索が切れ、搭乗機が墜落し右大腿骨、頭蓋骨、顔面を骨折した[1]。再手術を行うなどして、 療養生活は3年近くに及ぶ。復帰後、予科練設立委員長となり、次いで初代部長として教育にあたる。市丸の指導は教育学的にも評価され[1]、市丸は予科練育ての親といわれる。太平洋戦争において第二十一航空戦隊司令官として南方戦線で指揮をとり、次いで第十三連合航空隊司令官として内地防空にあたる。1944年(昭和19年)に第二十七航空戦隊司令官として硫黄島に赴任し、翌年の硫黄島の戦いで戦死した。市丸の戦死の状況は明確ではないが[2]アメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトに宛てた手紙を残し戦後有名となる。手紙はアナポリス博物館に保管されている[2]。なお市丸は同期生で自決した草刈英治とは親友の間柄であった[3]

年譜[編集]

戦死状況[編集]

1945年3月26日未明、日本軍硫黄島守備隊は最後の組織的反攻を行い、栗林忠道陸軍中将、市丸海軍少将以下、数百名の残存部隊がアメリカ軍陣地へ総攻撃をかけた。

市丸少将は遺書としてアメリカ大統領フランクリン・ルーズベルトに宛てた『ルーズベルトニ与フル書』をしたため、これをハワイ生まれの日系二世三上弘文兵曹に英訳させ日本語、英語各一通を作りアメリカ軍が将校の遺体を検査することを見越してこれを村上治重大尉に渡した。村上大尉は最後の突撃の際にこれを懐中に抱いて出撃し戦死。『ルーズベルトニ与フル書』は目論見どおりアメリカ軍の手に渡り、7月11日、アメリカで新聞に掲載された。それは日米戦争の責任の一端をアメリカにあるとし、ファシズムの打倒を掲げる連合国の大義名分の矛盾を突くものであった。「卿等ノ善戦ニヨリ、克(よ)ク「ヒットラー」総統ヲ仆(たお)スヲ得ルトスルモ、如何ニシテ「スターリン」ヲ首領トスル「ソビエットロシヤ」ト協調セントスルヤ。」(ルーズベルトは4月12日に死去したため、『ルーズベルトニ与フル書』は本人は目にしていないとみられる。)

尚、公式な戦死日は訣別の電報が打電された3月17日とされている。市丸の最期を確認した者はおらず、遺体も発見されていない。

市丸が所有していた刀を米兵が拾い、ニュージャージー州の骨董店に並べられていたが、市丸の遺品であることが判明しNHKのテレビ番組を通じ遺族の元へ戻っている[4]

関連書籍[編集]

  • 『市丸利之助歌集』(市丸晴子編、出門堂、2006年) ISBN 4903157024
市丸は和歌に通じており、長女晴子によって遺品から編まれた。
(新版:肥前佐賀文庫(一)出門堂、2006年) ISBN 4903157032 

市丸の登場する作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『太平洋戦争名将勇将総覧』土門周平「海軍中将 市丸利之助」
  2. ^ a b 『回想の日本海軍』「市丸海軍少将の遺書」
  3. ^ 『嗚呼、草刈少佐』市丸利之助「心兄 草刈英治君」
  4. ^ Greeting of August 2001和訳

参考文献[編集]

  • 水交会編『回想の日本海軍』原書房
  • 『嗚呼、草刈少佐』政教社
  • 歴史と旅増刊号『太平洋戦争名将勇将総覧』秋田書店
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版

関連項目[編集]

外部リンク[編集]