小須田和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小須田 和彦(こすだ かずひこ 1961年 - )はフジテレビスポーツ局チーフゼネラルプロデューサー、テレビプロデューサー群馬県出身。通称「日本一ついてない男」[1]

来歴・人物[編集]

早稲田大学卒業後、フジテレビ入社。最初はバラエティ番組を担当、「ダウンタウンのごっつええ感じ」のディレクター・プロデューサーなどを務めていた。

1997年10月、ヤクルトスワローズの優勝決定試合中継の為「ごっつええ感じ」の特番が急遽中止になり、松本人志の激怒やフジテレビへの不信感から始まり、その後吉本興業をも巻き込んでの番組打ち切りに発展した。同時に小須田が企画していたロンドンブーツ1号2号の新番組が立ち消えとなり、更にはディレクターとして演出担当をしていた「明石家さんまのスポーツするぞ!大放送」が終了してしまった。これらの要因を作った事の責任を取る形でスポーツ部に異動。1997年12月の明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショーでは、友人の甲斐よしひろと飲みながら電話、8秒で合格してしまった。明石家さんまに慰められた。この一連の「ついてなさ」や人事異動が、下記のキャラクター「小須田部長」のベースとなった。

オーバーしていた美術予算管理の為に美術部へと人事異動。その後、野球や競馬の人気低迷を打破する為にスポーツ局に引き抜かれた。明石家さんまのスポーツするぞ!大放送お台場明石城でプレゼンし、2004年11月1日に復活させた。

2007年初夏の人事異動で、スポーツ局副部長からバラエティセンターに復帰した。2009年6月、水口昌彦ポニーキャニオン取締役に就任するのを機に、デスク担当部長から部長に昇進した。2011年6月29日付で、専任局次長に就任。[2]

2012年6月28日より、現職。

担当番組[編集]

第二制作部時代[編集]

美術部美術プロデューサー時代[編集]

他多数

スポーツ局時代[編集]

小須田部長[編集]

小須田がモデルとなった「小須田部長」は1999年11月から2001年9月まで同局で放送された「笑う犬の冒険」で内村光良が演じていたキャラクターである。部長職に付くまでは優秀な人物だったのだが、忘年会で社長の物真似をした事から社長を激怒させてしまい、その後毎回のように(余計な事をやって社長を怒らせて)左遷させられたり無茶な作業をやらされたりする(毎回役職も変わっているため、厳密には部長ではない)。しかもこの事が原因で妻から三行半を叩きつけられる。最終回では映画「アルマゲドン」に近いテイストのコントを披露し、宇宙へと旅立った。

詳細は「小須田部長」の項目参照。

脚注[編集]

  1. ^ 明石家さんまが命名
  2. ^ 連合通信ドットコム6月24日投稿日より