能町みね子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
能町 みね子
誕生 1979年3月17日(37歳)
北海道
職業 エッセイストイラストレーターライターコラムニスト漫画家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学
活動期間 2006年 -
ジャンル エッセイコラムニスト
代表作 オカマだけどOLやってます。
デビュー作 オカマだけどOLやってます。
親族 斧屋(弟)
公式サイト 外部リンク参照
テンプレートを表示

能町 みね子(のうまち みねこ、1979年3月17日[1] - )は、日本エッセイストイラストレーターライターコラムニスト[2]漫画家[3][4][5]。「自称漫画家」という肩書きを名乗る[6][7]北海道出生、茨城県牛久市出身[8][9]。「能町 みね子」はペンネームであり、父方と母方の祖母の名前を組み合わせたもの[10]

来歴[編集]

1979年3月17日に北海道で生まれ、その2年後[11]、両親が茨城県牛久市へ新居を構えそこへ引っ越し[12]牛久市立牛久第一中学校[9]土浦第一高校を卒業した。その後、東京大学に進学し、卒業[8]

2005年ブログ「オカマだけどOLやってます。」を開始し、身体上・戸籍上の性が男性であった(性同一性障害の診断書を得ている[13])ことを隠して女性としての社会生活を送る様子を描く[14][4][13]。ブログを元とした同タイトルの書籍を2006年に発売。2007年1月に性別適合手術を受け、戸籍においても女性となり[1][4]、同年8月14日付でブログ名を「オカマじゃなくなりました。」に変更[15][13]。その後、当初の目的を果たしたとして、同年10月7日付で更新を終えた[16][13]。書籍発売と同時期より、ブックマン社ウェブサイトでエッセイ「くすぶれ!モテない系」を連載[17]。それを機にイラストレーター兼エッセイストとして、独自の視点で多くの雑誌連載やウェブ連載、挿絵などを手掛ける[18]

2011年10月、久保ミツロウとのトークライブ「男子禁制‼︎俺たちデトックス女子会」開催[19]。以降も不定期に開催されている[20]

その後、ラジオパーソナリティを一般からも公募していたオールナイトニッポン0(ZERO)のオーディション(応募総数1609組)を久保ミツロウとのコンビで勝ち抜き、2012年4月3日から火曜2部で「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン0(ZERO)」の放送が開始された[21]。翌年には火曜1部へ昇格し、時間帯を変えて「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン」となり、2014年3月25日まで放送された。2014年4月15日からは「俺たちデトックス女子会Podcast」をスポンサーなしで不定期に配信していて[22]iTunesPodcastランキングでは登録初日に1位であった[23]。2015年4月2日からは「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLD」が開始され[24]、2015年9月24日まで放送された。

テレビ番組では久保、ヒャダインとともにメインキャストを務める『久保みねヒャダこじらせナイト』が2013年10月より週1回レギュラー放送されている他[25]、2014年10月から2015年9月まで放送された『ヨルタモリ』にレギュラーとして出演していた[26]。また、2015年5月よりNHKの『ニュース シブ5時』では、大相撲の本場所がある際に解説者として出演しており、2016年1月には「能町みね子のシブ5時相撲部」というコーナー名が付けられた[2]。その他、2015年3月より開始したZIP!のアニメコーナー『グッド・モーニング!!!ドロンジョ』では、ドロンジョ役の声優として出演している[27]

人物[編集]

プロ彼女[編集]

「プロ彼女」の考案者[41][42][43]。「週刊文春」のコラムにてロンドンブーツ1号2号田村淳の結婚相手である香那[注 1]に対して、一般女性というよりはプロの女性だろうという意味の文章を寄稿、掲載されたのが初出[42][43]。その後、 久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLDで「プロ彼女」という言葉が使用され始めた[43]。 この言葉の定義は、

  • 芸能人・スポーツ選手とばかり付き合う一般女性。容姿は端麗。
  • 本人は芸能活動を昔やっていたが、名前を検索しても見つからない程度。あるいはやっていない。
  • ブログやSNSも見つからない。自己主張をほとんどしていない。

などが挙げられ[43]、能町はこれを「今どき召し使いに徹して芸能人の妻という名誉や財産を手にするなんて「プロ」の女だ」と皮肉を込めた言葉であると述べている[42]

しかし、「女性自身」が西島秀俊の結婚を報じた際に「プロ彼女」の語句を使用し、言葉の定義を、

  • 男に尽くすプロ級の彼女[42]
  • 非の打ち所がない彼女のこと。容姿端麗で性格も完璧[43]
  • 芸能人と交際してもブログで明かさず、陰ながら支えてカレの株を上げてくれる一般人女性[43]

などとした。その後さらに西島秀俊が結婚相手に対して求めた条件にあった、

  • 男の浮気は許す
  • メールの返事がなくても気にしない

なども条件になったと「ViVi」編集部が誌上で説明した[42][44]

これらに対し能町は「言葉をつくりだした本人の意図とは関係ない形で、しかも意味も間違ったまま広まっていく……これはまさに「こじらせ女子」と同じ現象!こじらせ女子現象!」と発言[45][43]。また、「週刊文春」のコラムにて「ViVi」編集部から取材の依頼があったことを記載し「私はこの単語を褒め言葉として広める気はないので(取材依頼を)断ったのです。だから、あとで私に文句を言われないようにやたら定義が丁寧に書いてあるんでしょう」と説明し、「皮肉な言葉が褒め言葉として使われているのが悔しい。」「これでは私の生み出した言葉が古すぎる価値観の女を再生産することになってしまう」と女性誌が褒め言葉として定義したことに対して憤慨していた[42]

その後、2015年新語・流行語大賞エントリーされた時には「「プロ彼女」のエントリー、正直言ってちょっとうれしい…。たとえほとんどの人が誤用してるか、意味分かってなかったとしても、少なくとも「起源はオレや!」と言い張れるもんね」[46][43]と誤用を許容と受け取れる発言が見られた。

評価[編集]

  • 中央大学文学部教授の辻泉はブログで能町の著書『雑誌の人格』の「画力とキャッチフレーズ、的確な分析に基づいた文章」を評価した[47]
  • 小島宏教育出版サイト上の書評で能町の著書『言葉尻とらえ隊』について「教養とセンス」があると述べた[48]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

イラスト担当[編集]

連載中[編集]

  • 中野の森BAND(Rooftop〈ルーフトップ〉、2009年12月号 - )[49]
  • 能町みね子の雑誌の人格(装苑文化出版局〉、2010年1月号 - )
  • 言葉尻とらえ隊(週刊文春文芸春秋〉、2011年10月27日 - )
  • 能町みね子の純喫茶探訪 きまぐれ★ミルクセ〜キ(食べようびオレンジページ〉、2012年8月号 - )
  • 牛込の加寿子荘(cakes(ケイクス)〈ピースオブケイク〉、2012年9月11日 - )[50]
  • サンデー小町(cakes(ケイクス)〈ピースオブケイク〉、2012年10月30日 - )[51]
  • 鎌田智恵のそのセリフ、おもしろいっすか?(イラスト担当)(東奥日報夕刊東奥日報〉、2013年4月11日 - )
  • 能町みね子の東京リアルストリートビュー(散歩の達人交通新聞社〉、2013年8月号 - )
  • 大相撲電車道(ROLA新潮社〉、2013年9月号 - )
  • 西能川相撲座談会(西田淳裕市川紗椰との座談会が書き起こされた文と能町担当の箸休め力士名鑑が交互で連載) (ROLA〈新潮社〉のwebサイト、2014年12月1日 - )[52]
  • 味の根多帖(イラスト担当)(なごみ淡交社〉、2015年1月号 - )
  • ソロ活の達人に聞く!(一人カラオケの達人)(レッツエンジョイ東京〈東京地下鉄ぐるなび〉、2015年1月27日 - )[53]
  • ふつうにっき|能町みね子(note〈ピースオブケイク〉、2014年12月30日[54] - )[55]

出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

アニメ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ モデル引退後であったため、「一般女性」と報道されることがあった。

出典[編集]

  1. ^ a b 能町みね子さん「私はオネエじゃない」日テレに抗議”. 日刊スポーツ (2015年8月14日). 2015年8月14日閲覧。
  2. ^ a b 新・シブ5時相撲部 タイトルが完成!!”. ニュース シブ5時. NHK (2016年1月8日). 2016年1月16日閲覧。
  3. ^ a b 能町みね子さん 急死の理事長に「北の湖さん、言葉出ないよ」”. スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2015年11月20日). 2016年1月14日閲覧。
  4. ^ a b c 能町みね子さん、「オネエ」紹介に訂正要求も日テレから「謝罪の言葉ない」”. RBB TODAY. イード (2015年8月7日). 2016年1月14日閲覧。
  5. ^ 能町みね子 (のうまち みねこ)|プロフィール・連載・記事”. cakes(ケイクス). ピースオブケイク (2016年1月14日). 2016年1月14日閲覧。
  6. ^ 能町みね子氏インタビュー〜能町みね子『ときめかない日記』特設サイト”. Webマガジン幻冬舎. 幻冬舎 (2015年12月8日). 2016年1月13日閲覧。
  7. ^ 久保ミツロウと能町みね子がオールナイトニッポンやってみた(宝島社、2014年10月3日)ISBN 978-4-8002-3081-2 共著・久保ミツロウ 巻頭、巻末の自己紹介より
  8. ^ a b 妄想娘、東大のその先へ――能町みね子×大石蘭対談”. cakes(ケイクス). ピースオブケイク (2014年3月29日). 2016年1月13日閲覧。
  9. ^ a b 能町みね子 (2012年11月7日). “私が育った街、牛久のイズミヤに入っている書店にこんなものがあるそうです!”. Twitter. 2016年1月13日閲覧。
    能町みね子 (2012年9月3日). “牛久市立牛久第一中学校卒業ですけどね”. Twitter. 2016年1月13日閲覧。
  10. ^ 能町”. 能町みね子の仮サイト (2014年11月15日). 2015年11月8日閲覧。
  11. ^ 能町みね子 (2011年4月10日). “私自身は住んでいたのは幼児期の2年間だけで、”. Twitter. 2016年1月14日閲覧。
  12. ^ 能町みね子 (2011年5月5日). “親が北関東に家を構えたことはあまり喜ばしくないとずっと思っていたけれども、”. Twitter. 2016年1月14日閲覧。
  13. ^ a b c d 白根麻子 (2015年8月18日). “「オネエ」と呼ばれるのを拒否する能町みね子とは結局何者なのか?”. アサ芸プラス. 徳間書店. 2016年1月13日閲覧。
  14. ^ オカマだけどOLやってます。”. アメブロ (2005年12月11日). 2005年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月13日閲覧。
  15. ^ オカマじゃなくなりました。”. アメブロ (2007年8月14日). 2007年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月13日閲覧。
  16. ^ オカマじゃなくなりました。”. アメブロ (2007年10月7日). 2007年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月13日閲覧。
  17. ^ 【独女通信】もしかして、モテない系ではありませんか?”. ライブドアニュース. ライブドア (2007年1月17日). 2016年1月13日閲覧。
  18. ^ 著作節を参照。
  19. ^ 久保ミツロウ×能町みね子が愚痴だらけのトークイベント”. コミックナタリー. ナターシャ (2011年9月2日). 2016年1月16日閲覧。
  20. ^ 久保ミツロウと能町みね子のトークライブ「男子禁制!!俺たちデトックス女子会」”. 俺たちデトックス女子会 (2016年1月4日). 2016年1月16日閲覧。
  21. ^ 久保ミツロウ×能町みね子、オールナイトニッポン新番組担当”. コミックナタリー. ナターシャ (2012年3月21日). 2016年1月16日閲覧。
  22. ^ 俺たちデトックス女子会Podcast”. Podcast (2015年3月18日). 2016年1月16日閲覧。
  23. ^ 能町みね子 (2014年4月17日). “どういう基準なのかよく分からないですけど、強豪ぞろいを抑えて1位です。正直、引いてます”. Twitter. 2016年1月16日閲覧。
  24. ^ 久保ミツロウ&能町みね子のANN復活!「GOLD」の木曜日レギュラーに”. コミックナタリー. ナターシャ (2015年3月6日). 2016年1月16日閲覧。
  25. ^ 久保みねヒャダこじらせナイト”. フジテレビ (2015年1月7日). 2016年1月16日閲覧。
  26. ^ ヨルタモリ”. フジテレビ (2015年1月6日). 2016年1月16日閲覧。
  27. ^ グッド・モーニング!!!ドロンジョ”. ZIP!. 日本テレビ (2015年1月15日). 2016年1月16日閲覧。
  28. ^ a b 2013年9月24日放送後記メモ”. 久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン. ニッポン放送 (2013年9月25日). 2016年1月13日閲覧。
  29. ^ 久保ミツロウと能町みね子がオールナイトニッポンやってみた(宝島社、2014年10月3日)ISBN 978-4-8002-3081-2 2012年5月15日オールナイトニッポンゼロ第7回放送分
  30. ^ 能町みね子 (2015年2月19日). “ベースを弾きすぎたら、”. Twitter. 2016年1月13日閲覧。
  31. ^ 能町みね子、ミルクセーキへの思い歌った自作曲公開”. 音楽ナタリー (2016年4月20日). 2016年4月20日閲覧。
  32. ^ nomuchさんのプロフィール”. はてな (2009年12月4日). 2009年12月4日閲覧。
  33. ^ [笑っていいとも! (2013年5月13日放送回) の番組概要ページ]”. gooテレビ番組(関西版). goo (2013年5月13日). 2016年1月13日閲覧。テレフォンショッキング部分。
  34. ^ 大相撲 超会議場所初日~リアルSUMOUを初披露~@ニコニコ超会議2015[DAY1]”. ニコニコ生放送. ドワンゴ (2015年4月25日). 2016年1月14日閲覧。
  35. ^ 『東京パフェ学』 ISBN 978-4579212347
  36. ^ 『お家賃ですけど』 ISBN 978-4-487-80324-8
  37. ^ 『オカマだけどOLやってます。完全版』ISBN 978-4-16-777303-8
  38. ^ 能町みね子さん「LGBTが第一のアイデンティティなわけじゃない」”. ハフィントン・ポスト (2015年9月4日). 2016年1月14日閲覧。
  39. ^ [ヨルタモリ (2015年3月1日放送回) の番組概要ページ]”. gooテレビ番組(関西版). goo (2015年3月1日). 2016年1月13日閲覧。
  40. ^ 2013年7月16日放送後記メモ”. 久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン. ニッポン放送 (2013年7月17日). 2016年1月13日閲覧。
  41. ^ 明けましてこじらせナイト 寿スペシャル 2015”. 久保みねヒャダこじらせナイト. フジテレビ (2015年3月5日). 2016年1月15日閲覧。
  42. ^ a b c d e f 今なぜ“尽くす女”が礼賛されるのか?「ViVi」“プロ彼女”特集炎上問題を考える”. リテラ. サイゾー (2015年4月6日). 2016年1月15日閲覧。
  43. ^ a b c d e f g h 「プロ彼女」生みの親・能町みね子氏、流行語大賞エントリーに歓喜「履歴書の賞罰欄に書けます!」”. ORICON STYLE. オリコン (2015年11月10日). 2016年1月13日閲覧。
  44. ^ ViVi 2015年4月号 p.279
  45. ^ 能町みね子 (2014年11月25日). “言葉をつくりだした本人の意図とは関係ない形で、しかも意味も間違ったまま広まっていく……”. Twitter. 2016年1月15日閲覧。
  46. ^ 能町みね子 (2015年11月10日). “「プロ彼女」のエントリー、正直言ってちょっとうれしい…。”. Twitter. 2016年1月15日閲覧。
  47. ^ 『雑誌の人格』能町みね子(文化出版局)”. 中央大学(メディア論・文化社会学)・辻 泉の書評ブログ (2014年1月31日). 2016年1月6日閲覧。
  48. ^ 書評:小島宏の気になる1冊 その233”. 教育出版 (2015年11月8日). 2015年11月8日閲覧。
  49. ^ 能町みね子 超大河伝奇ロマン!!! 中野の森BAND”. Rooftop. ロフトプロジェクト (2016年1月4日). 2016年1月14日閲覧。
  50. ^ 牛込の加寿子荘”. cakes(ケイクス). ピースオブケイク (2014年5月14日). 2016年1月14日閲覧。
  51. ^ サンデー小町”. cakes(ケイクス). ピースオブケイク (2013年11月13日). 2016年1月14日閲覧。
  52. ^ 西能川相撲座談会”. ROLA. 新潮社 (2016年1月11日). 2016年1月14日閲覧。
  53. ^ 達人 能町みね子さんの記事一覧”. レッツエンジョイ東京. 東京地下鉄ぐるなび (2015年12月25日). 2016年1月14日閲覧。
  54. ^ 14.12.29ふつうにっき”. note. ピースオブケイクス (2014年12月30日). 2016年1月14日閲覧。
  55. ^ 能町みね子”. note. ピースオブケイクス (2015年10月29日). 2016年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]