久保みねヒャダこじらせナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
久保みねヒャダこじらせナイト
ジャンル トーク番組 / バラエティ番組
放送時間 土曜日 25:45 - 26:05
日曜日 1:45 - 2:05)(20分)
放送期間 2013年10月19日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 木月洋介(P兼務)
プロデューサー 黒木彰一(CP)
出演者 久保ミツロウ
能町みね子
ヒャダイン
テンプレートを表示

久保みねヒャダこじらせナイト』(くぼみねヒャダこじらせナイト)は、フジテレビ他で毎週土曜25:45 - 26:05(毎週日曜1:45 - 2:05、JST)で放送されているバラエティ番組。

概要[編集]

2012年12月から不定期で放送されていた『久保ヒャダこじらせナイト』が(みね→能町みね子)を加えてレギュラー化したもので、クリエーター3人によるトークバラエティ番組

2015年6月より、スカパー!ケーブルテレビ向けの「フジテレビTWOドラマ・アニメ」にて金曜25時-26時(土曜1-2時)にかけて、過去の放送分をまとめて再放送している。またこれのCS用オリジナルスピンオフとして随時『久保みねヒャダ こじらせミニ』が放送されている。

本番組を開始するきっかけは、久保が2012年5月に「笑っていいとも!」にゲスト出演したことである。当番組のプロデューサーであり、当時いいともの演出も担当していた木月洋介によるとこの出演は非常に反響が高くオファーが殺到、フジテレビ内でも久保の良さを生かせる番組が企画された。久保は他局を含めた番組オファーを断っていたが、木月自身がニッポン放送でレギュラー出演していた「久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポン」のスタジオに足繁く通うなどして承諾にこぎつけたという[1]

スタッフの大半は「いいとも」と共通しており、時折番組内では「いいとも」のコーナーが復活放送されることもある。2016年3月12日には、「いいとも」が放送されていたスタジオアルタにて、「久保みねヒャダこじらせライブin新宿アルタ」が行われ、150人のファンが会場に集まった。[出典 1]スペシャル内容は「いいとも」の人気コーナーだった「テレフォンショッキング」や「そっくりさんコンテスト」に似た企画が行われたほか、エンディングのスタッフロールも「いいとも」末期に準じた青の明朝体フォントが使用された。

出演[編集]

ナレーション[編集]

主な企画・コーナー[編集]

近況まとめ
久保と能町が自身のtwitterでツイートした内容、またそれにまつわる出来事について語るもので、「オールナイトニッポン」の「twitterアゲイン」に類似した企画。
すき間ソング
ヒット曲に存在しない、誰も手がけていないテーマの歌を3人で作詞・作曲するもの。当初歌い手はお笑い芸人・タレントが担当していたが、第6弾以降は本業の歌手が担当する機会が多い。
完成した曲はPVも含めYoutube公式チャンネルで視聴可能のほか、一部の曲はカラオケのJOYSOUNDでも配信されている。
ミツ長の野望
番組の放映状況を日本地図で示し、最終的には全国制覇を目指すもの。放映地域は赤、未放送局は青、フジテレビ系列の無い放送局は白で示される。このコーナーでは久保がデザインしたキャラクター「はっちゃん・スマ子・ガラ亀じーさん」の人形が進行を担当する。
脳内BGM
久保がトイレでビデ洗浄する際、B'zの『BE THERE』が流れるというコメントから生まれたコーナー。様々なシチュエーションで流れるBGMを視聴者から募集する。

スペシャル[編集]

  • 2014年1月1日 2:15 - 4:00(JST)に『久保みねヒャダ 明けましてこじらせナイト 寿スペシャル』が放送された。
  • 2014年4月4日の23:00 - 23:45(JST)には『久保みねヒャダこじらせナイト 全国のみなさま初めましてスペシャル』がフジテレビ系列全国26局ネット(テレビ大分テレビ宮崎は除く)で放送された。
  • 2015年1月1日 2:00 - 3:30(JST)に『久保みねヒャダ 明けましてこじらせナイト 寿スペシャル2015』が放送された。
  • 2016年4月3日 1:45 - 2:45(JST)には『久保みねヒャダこじらせナイト さよならアルタSP』が放送された[出典 1][2]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 放送期間 放送日時 遅れ
関東広域圏 フジテレビ(CX) 2013年10月19日 - 土曜 25:45 - 26:05[3] 制作局
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)[4] 2014年2月12日 - 同時ネット
宮城県 仙台放送(OX) 2014年10月18日 -
長野県 長野放送(NBS) 2015年4月18日 -
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT) 2015年6月6日 -
北海道 北海道文化放送(UHB)[5] 2013年10月26日 - 土曜 25:50 - 26:10 42日遅れ
新潟県 新潟総合テレビ(NST) 2014年4月14日 - 月曜 25:40 - 26:00 34日遅れ
中京広域圏 東海テレビ(THK)[6] 2013年10月26日 - 金曜 25:25 - 25:45 13日遅れ
富山県 富山テレビ(BBT) 2014年9月29日 - 月曜 25:45 - 26:10 29日遅れ[7]
静岡県 テレビ静岡(SUT) 2014年10月14日 - 火曜 24:55 - 25:15 31日遅れ[8]
広島県 テレビ新広島(TSS) 2014年4月11日 - 金曜 26:20 - 26:40 76日遅れ
愛媛県 テレビ愛媛(EBC) 2014年4月4日 - 金曜 25:55 - 26:15 34日遅れ
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)[9] 2015年2月20日 - 水曜 25:30 - 25:50 19日遅れ

過去のネット局[編集]

放送対象地域 放送局 放送期間 放送日時 遅れ
福島県 福島テレビ(FTV) 2014年4月19日 - 2016年3月 同時ネット
熊本県 テレビくまもと(TKU) 2014年10月11日 - 2015年4月4日 土曜 25:35 - 25:55 35日遅れ[10]
長崎県 テレビ長崎(KTN) 不明 木曜 25:45 - 26:05 不明
秋田県 秋田テレビ(AKT) 2014年10月6日 - 2016年9月26日 月曜 24:25 - 24:50 9日遅れ[7]

なお前述のお正月スペシャルは、通常版を放送していないフジテレビ系列局関西テレビ岡山放送テレビ西日本サガテレビテレビ大分沖縄テレビを除く)でも単発扱いで臨時に同時ネットされた。

また、『久保ヒャダこじらせナイト』は2012年12月1日2013年4月4日6月1日に放送された。

スタッフ[編集]

  • 構成:山内正之、大井達朗、今村クニト、今関ちなつ、飯田延孝
  • ブレーン:樋口卓治、上川健史(上川→途中から)
  • TD→TP:高瀬義美
  • TD:中村和正
  • SW:小林光行、諏訪多順、小出豊
  • CAM:秋山勇人、遠藤俊洋、加藤渉、斉藤幸雄、泉亜紀子、澤井周、瓜生宗資、上田軌行
  • VE:嶋田義子、山下義子、磯野邦男、須賀勝
  • VTR:広瀬日出夫
  • AUD:松原瑞貴、酒井一、栗原博一
  • 照明:八木原伸治、関口肇、大科麻紀子
  • 美術プロデュース:井上明裕
  • 美術進行:西村貴則
  • デザイン監修:鈴木賢太
  • デザイン:安部彩
  • 大道具製作:浅見大
  • 大道具:中本晃幸
  • アクリル装飾:松本健
  • 電飾:森智、鈴木健也
  • 装飾:山下正美、百瀬貴弥
  • 視覚効果:川上勝大
  • 植木装飾:後藤健
  • アイアン:青木紀和
  • 持道具:市橋理恵
  • 衣装:金城史子
  • メイク:山田かつら
  • CGプロデュース:久保田幸
  • CGデザイン:木本禎子
  • 装飾タイトル:竹内理恵
  • 編集:吉川豪、水元綾子
  • MA:山岸慎一郎、松山千紘
  • 音響効果:松長芳樹
  • 技術協力:ニューテレスfmtIMAGICAデジタルサーカススタジオアルタ日放共立
  • 人形操作:スタジオノーヴァ
  • Thanks:福原伸治、守屋カズヒロ、藤原昭彦
  • 編成:渡辺恒也
  • 広報:平井隆
  • デスク:小林琴美、宮崎由佳
  • TK:海老澤廉子
  • オンデマンド:上島和也、中垣佐知子
  • ライツ:則松慧
  • コンテンツデザイン:近藤壮(近藤→途中から)
  • FD:原田愛花、大家璃子
  • 制作プロデューサー:山下直美、黒柳法子(黒柳→以前は制作進行→AP)
  • ディレクター:渡辺資、常盤俊郎、四方田翔平(四方田→以前はFD)
  • チーフディレクター:岡本舞(岡本→以前はFD→ディレクター)
  • 演出・プロデューサー:木月洋介
  • チーフプロデューサー:黒木彰一
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 衣装:東京衣裳、古川富美子
  • 編成:加藤達也
  • 広報:瀧澤航一郎
  • オンデマンド:高木由佳
  • FD:内田義之、松尾亮勲
  • 制作協力:MTG

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 人気番組『久保みねヒャダ』担当プロデューサーに直撃! タモリイズムを継承する「こじらせ系タレント」の魅力
  2. ^ 放送3日前の3月31日をもってスタジオアルタがスタジオとしての運用を終了したため[出典 2]、これがフジテレビにおける最後のアルタ制作番組となった。
  3. ^ 2013年10月から2016年3月までは土曜 25:35 - 25:55。
  4. ^ 2015年3月までは水曜 25:05 - 25:25(123日遅れ)。
  5. ^ 2014年9月までは7日遅れ、2014年10月から2015年3月までは同時ネット。2015年4月から再び7日遅れ。2015年10月現在、42日遅れ。
  6. ^ 2014年9月までは土曜 25:45 - 26:05。2015年3月までは金曜 24:55 - 25:15。
  7. ^ a b #41から放送
  8. ^ #43から放送
  9. ^ 2015年3月までは金曜 26:05 - 26:25。
  10. ^ #42から放送、2014年12月までは同時ネット。

出典[編集]

関連項目[編集]

  • ヨルタモリ - スタッフは一部共通するほか、出演者も同番組に携わっている(能町=レギュラー出演者、久保=タイトルロゴデザイン、ヒャダイン=音楽担当)。

外部リンク[編集]

フジテレビ 土曜25:35枠
前番組 番組名 次番組
ゆるテレ
【25:55に移動】
単発枠
【26:03に移動】
久保みねヒャダこじらせナイト
【ここからフジバラナイト SAT枠】
-