ビデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビデ(手前。奥は便器)

ビデ: bidet)とは排便後の肛門及び、排尿、性交前後の性器及び陰毛やその周辺部を洗浄するための器具である。南欧、特にイタリアスペインポルトガルギリシャマルタクロアチアキプロスアルバニアの一般家庭のバスルームにはシャワー便器と並んで必ず設置されており、現地人(男女とも)の日常生活において必須の設備とされる。

形状[編集]

上からみたビデ
ビデ(手前。奥は便器)

洋式便器の便座と蓋を省いたような形状をしている。 (及び湯)をためて手で肛門や性器を洗浄する種類と、上向きの水栓が付いていてそこから水(または湯)が出て直接洗浄する種類がある。

使用法[編集]

洋式便器の使用時とは逆向きにまたがり使用する。この使用法と形状から、フランス語で「子馬」を意味するビデという名称が付いた。

避妊[編集]

女性器を洗うため、避妊の目的もあると誤認される場合もあるが、避妊の効果はない。

日本での広まり[編集]

日本でビデが広まったのは温水洗浄便座が普及した1980年代以降である。それまでにもシティホテルの浴室等に設置されていることはあったが、多くの日本人は本来の用途が分からないため、風呂上がりに口をすすいだり、小便用の便器であると勘違いする人も存在し、当時のホテル専門誌や案内本等では注意を呼びかけていた。漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』でも両津勘吉大原部長イタリア旅行した際、ホテルのビデでを洗うというエピソードがある。

温水洗浄便座[編集]

現在、広く使われるようになっている洗浄器付きの便座には、ビデという名前の洗浄機能が付いているものも多く見られる(INAXなど一部メーカーでは「チャーム」という名称だったことがある)。しかし、これは本来のビデとは主目的が異なり、小用後の女性器の洗浄を行う機能である。もちろん、本来の目的にも使用は可能であるが、外性器の洗浄のみで、内性器の洗浄まで行うのは、形状からして困難であろう。

歴史的背景[編集]

スイスフランス等西欧で、風呂トイレ水道設備がまだ普及していないころに、排便後の肛門や、排尿や性交後の性器を清潔に保つために女性と男性によって使用されたものである。風呂や便器が進歩した現在でも、並べてビデも設置されているホテル等もある。また、便所を共同とする宿屋でも、ビデだけは各部屋に設置されている場合も多い。

携帯器[編集]

膣内部の洗浄用に携帯用ビデも市販されている。

外部リンク[編集]