笑いの神様が降りてきた!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
笑いの神様が降りてきた!
ヒャダインシングル
A面 笑いの神様が降りてきた!
B面 PON!!!
デートのあと -a BOY to a GIRL-(Men's Discのみ)
デートのあと -a GIRL to a BOY-(Lady's Discのみ)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル Lantis
LACM-14095(Men's Disc)
LACM-14096(Lady's Disc)
作詞・作曲 前山田健一
チャート最高順位
ヒャダイン シングル 年表
23時40分
(2013年)
笑いの神様が降りてきた!
(2013年)
半パン魂
2014年
テンプレートを表示

笑いの神様が降りてきた!」(わらいのかみさまがおりてきた!)は、ヒャダインの7枚目のシングル2013年5月29日にLantisから発売された。

概要[編集]

前作「23時40分」から4ヶ月ぶりのリリースとなる2013年2作目のシングル。表題曲「笑いの神様が降りてきた!」は、日本テレビ系のバラエティ番組笑神様は突然に…』のテーマソングに起用された[3]。バラエティ番組のテーマソングを務めるのは今回が初めてとなる[3]。またカップリング曲の一つ「PON!!!」は、こちらも日本テレビ系の情報バラエティ番組PON!』のテーマソングにも起用されている[4]。販売形態はMen's Disc盤とLady's Disc盤の2種リリースで、ディスクジャケットは、どちらもファッション雑誌の表紙をモチーフにしたものとなっている。表題曲はPVが作成されており、「ヒャダル子」役を女優肘井美佳が務めている[5]。振付は西田一生(西田プロジェクト)が担当。

収録曲[編集]

収録曲(Men's Disc盤)[編集]

(全作詞・作曲・編曲:前山田健一

  1. 笑いの神様が降りてきた! [4:19][1]
    同番組のために書き下ろした。「おもちゃ箱をひっくり返した」ようなにぎやかなポップチューンが特徴。
  2. PON!!! [3:42][1]
    同番組のために書き下ろしていたジングルを繋ぎあわせることで歌にしている[4]
  3. デートのあと -a BOY to a GIRL- [2:13]
    Lady's Disc盤と異なり、男性目線での曲となっている。

収録曲(Lady's Disc盤)[編集]

(全作詞・作曲・編曲:前山田健一

  1. 笑いの神様が降りてきた!
  2. PON!!!
  3. デートのあと -a GIRL to a BOY- [2:13]
    Men's Disc盤と異なり、女性目線での曲となっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c 【CDシングル】笑いの神様が降りてきた! (Lady's Disc) 詳細”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2014年3月18日閲覧。
  2. ^ a b 笑いの神様が降りてきた!【Men's Disc】 作品紹介”. ORICON STYLE. オリコン (2013年5月29日). 2014年3月18日閲覧。
  3. ^ a b c ヒャダイン新曲、『笑神様は突然に…』テーマソングに決定”. ORICON STYLE. ORICON. 2014年3月18日閲覧。
  4. ^ a b 笑いの神様が降りてきた!【Lady's Disc】詳細”. Lantis. Lantis. 2014年3月18日閲覧。
  5. ^ ヒャダインが新曲「笑いの神様が降りてきた!」ミュージックビデオを公開”. Zigg. 2014年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]