鹿内宏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しかない ひろあき
鹿内 宏明
生誕 (1945-05-26) 1945年5月26日(73歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 東京大学法学部
職業 実業家

鹿内 宏明(しかない ひろあき、旧姓: 佐藤1945年5月26日 - )は、日本実業家

フジサンケイグループ会議初代議長の鹿内信隆の娘婿であり、同議会の第3代議長を務めた。現在は株式会社鹿内事務所代表取締役。

来歴・人物[編集]

東京都出身。父は医師で親族にも医師の多い家系に生まれる[1]

東京教育大学附属高等学校(現:筑波大学附属高等学校)を経て東京大学法学部入学。3年の時には小田実が著した『何でも見てやろう』に触発され、ボート部の先輩ら3人とジープ仕立てて、南米大陸を廻る旅に出た[2]

大学卒業後の1968年日本興業銀行(現:みずほ銀行)に入行。リクルートブック誌上に正宗猪早夫頭取とサシで向き合い興銀の将来を語る若手行員に選ばれたほか、大蔵省経済理論研修に派遣されるなど入行当初から将来を嘱望されていた[1]。入行3年目には人事部に異動。その際にエリート集団であると自負する興銀マンは、自分の退職を機に息子を入行させたいと思う行員が多く、一定数を認めるのが不文律となっていたが、宏明はそれを人事を停滞させる悪弊と断じ、人事部長にそうした慣習はやめるべきだと進言。硬骨漢ぶりを発揮した[3]1976年には興銀の海外子会社IBJインターナショナル(ロンドン興銀)の立ち上げに携わり、スペインの政府系公社への大規模融資シンジケーション主幹事の地位を獲得した初の日本人として注目を集めた[4]

この間、1972年11月に鹿内信隆の次女・厚子と結婚した。厚子は母・英子の気性の激しさや兄・春雄、姉・寛子の派手な言動に挟まれて育ったため、早くから控えめにふるまうことを習いとした。また家族内で絶え間なく繰り返される衝突や葛藤に接してきたため、結婚後は、家族に愛情は残しながらも、実家とは距離を置いた[1][5]

1988年、フジサンケイグループ会議議長だった春雄が死去した。これに伴い議長に復帰した信隆は宏明を興銀から退職させ、鹿内家と養子縁組の上で議長代行に就任させた。母の性格を知る厚子は夫のグループ入りに反対し続け、父にも「やめてほしい」と再三懇請するも、信隆は「死んでも守るから」と答えを翻さなかった[5]。宏明のフジサンケイ入りにあたって、興銀の中村金夫頭取や池浦喜三郎会長は手勢を連れず巨大メディアの舵取りは無謀だとして、スタッフを5人でも10人でも連れて行くよう勧めた[6]。だが、宏明は興銀からスタッフを引き連れて乗り込んできたという印象を避けたかったこと、グループの後継者不在という危殆にあたって、望まれ、請われて行くのだとして、単身でのグループ入りを決断した[7]

1990年、信隆が急死した後に議長に昇格する。

宏明の議長就任後は、春雄や信隆を相次いで失った鹿内家の求心力が弱まっていたが、グループの結束力強化を図る形で1991年2月にグループの最高意思決定機関である「フジサンケイコーポレーション」を設立。宏明が会長兼社長に就くとともにグループの主幹4社(ニッポン放送フジテレビジョン産経新聞社サンケイビル)の会長職も兼務した。また、主幹4社の社長を同社の役員に置いた。

会長の業績としてはフジテレビのお台場移転を決断した事が挙げられる。会長在任中は岳父信隆以上のワンマンぶりが語り草であり、「宏明が出社すると社の他のエレベーターが全て停止する。」「役員全員が正門で出迎える。」「お台場の球体展望台に社長室を置くつもりだった。」等という話が当時の関係者から語られている[要出典]

宏明のフジテレビ会長時代に放送開始した番組としては、『クイズ!年の差なんて』(1988年~1994年)、『キテレツ大百科』(1988年~1996年)、『とんねるずのみなさんのおかげです』(1988年~1997年、改題を挟み1997年~2018年まで放送)などが挙げられる。

一方で朝の報道・情報番組は、宏明の肝いりで放送開始した『FNN朝駆け第一報!』や『FNN World Uplink』が、当時民放トップだった日本テレビの『ズームイン!!朝!』に及ばず1~2年で打ち切られ、後にフジテレビが日テレに視聴率三冠王(1994年から2003年まで)を明け渡すきっかけともなった(後に『めざましテレビ』(1994年~)が放送開始し『ズームイン!!朝!』をリニューアルに追い込んだ)。

1992年7月21日、産経新聞社取締役会にて突然会長職を解任された。翌7月22日、宏明は河田町のフジテレビ第5スタジオで記者会見を開き、ニッポン放送、フジテレビ、サンケイビルの会長職とフジサンケイグループの会議議長を辞任すると自ら発表した。会見を終えると宏明は宿泊先であるホテルオークラに戻り、わずかに残った2人の側近と共に食事に出た。その席で宏明は「日枝(日枝久)は僕の前では従順そうにふるまっていたが、彼が首謀者だったんだな。…… 参ったな」と呟いた[8]。その後取締役も辞任し、フジサンケイコーポレーションは解散。長く続いた鹿内家の経営的支配は終わりを迎えた。

こののち、ニッポン放送の筆頭株主として復権を図っていたが、同社の上場により保有比率が低下した。2005年1月に2970株を残し、計262万5000株(発行済株式の約8%)を大和証券SMBC(後の大和証券キャピタル・マーケッツ2012年大和証券に吸収合併され解散)に売却。これによって、フジサンケイグループにおける鹿内家の直接的な影響力は無くなった。

以後、宏明はロンドンに生活の拠点を移しており[9]2009年にはロンドン在住の東京大学卒業生有志による同窓会「英国赤門学友会」の設立発起人を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『メディアの支配者 下』p.81
  2. ^ 『メディアの支配者 下』p.156 - 157
  3. ^ 『メディアの支配者 下』p.164 - 165
  4. ^ 『メディアの支配者 下』p.242
  5. ^ a b 『メディアの支配者 下』p.156
  6. ^ 『メディアの支配者 下』p.193
  7. ^ 『メディアの支配者 下』p.194
  8. ^ 『メディアの支配者 上』p.165
  9. ^ 『メディアの支配者 下』p.369

参考文献[編集]

関連項目[編集]