ほんこん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほんこん
本名 蔵野 孝洋(くらの たかひろ)
ニックネーム ほんこんさん
生年月日 (1963-06-16) 1963年6月16日(59歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市平野区
身長 172cm
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 大阪市立東淀工業高等学校
出身 NSC大阪校4期
コンビ名 130R
相方 板尾創路
芸風 コント(ツッコミ)
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1985年 -
同期 今田耕司
板尾創路
桂茶がま
長谷川宏ティーアップ
現在の代表番組 お笑いワイドショー マルコポロリ!
教えて!ニュースライブ 正義のミカタ
過去の代表番組 中川家ん!
配偶者 既婚
弟子 11人
テンプレートを表示

ほんこん(本名:蔵野 孝洋(くらの たかひろ)、1963年〈昭和38年〉6月16日 - )は、日本お笑いタレント漫才コンビ130Rツッコミ担当。相方板尾創路。最近は、それぞれピンでの活動が多い。吉本興業所属。吉本総合芸能学院 (NSC) の4期生。

大阪府大阪市平野区出身。大阪市立東淀工業高等学校卒業。身長173cm、体重70kg。既婚。

来歴[編集]

骨付きカルビ芸名で、NSCの同期である今田耕司と共に「ダブルホルモンズ」としてデビュー。ダブルホルモンズ解散後、「ホンコン・マカオ」の板尾創路からコンビ名を譲り受け、同じくNSC同期の4期生の松本秀文(現:株式会社尚美堂社長)と新たに「ホンコン・マカオ」を結成するも、松本が芸人を廃業して解散[1][2]

その後板尾と「130R」を結成し、しばらくは関西圏を中心に活動していたが、1991年12月より『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ)のレギュラーに抜擢され、1997年11月の放送終了まで番組に出演し、全国的知名度を得るようになる。ダウンタウン以外のごっつのメンバーでレギュラー放送開始から最終回まで出演したのは、ほんこんと今田のみである[注 1]

130R時代の当初の芸名は本名の蔵野孝洋名義だったが、『ごっつ』でも出演者テロップは本名ながらも、ダウンタウンからは「ホンコン」と呼ばれることが多く、共演者の今田や東野幸治も「ホンコンさん」と呼んでいた。本名で呼ぶのは、後輩のロンドンブーツ1号2号などごくわずかである。1997年に「ほんわかテレビ」で芸名をひらがなの「ほんこん」に改名した。

人物[編集]

  • 吉本興業発行の月刊誌「マンスリーよしもと」で、2000年から2002年まで「吉本ブサイクランキング」の3年連続1位に輝き、殿堂入りしたこともある。よく言う言葉として、「しんどいわ」・「夢も希望もないわ〜」。
  • 吉本新喜劇時代は、張り出した頬骨を共演の座員に「飴玉口の中に入れてる?」とイジられるギャグが定番だった。
  • 『ダウンタウンのごっつええ感じ』の企画で、1997年7月1日香港イギリスから中華人民共和国に返還された時に祝福に駆けつけた。
  • てるてる家族』で演じた池田栄町商店街の電器屋の主人のイメージが本来とは違う性格に描かれていたため、そのモデルからのクレームで急遽、職種がたこやき屋に変わった。そのため、収録済みの大村崑との共演シーンはお蔵入りとなった。
  • 食事の前には必ず、手を合わせて大きな声で「いただきます」と挨拶をする[3]
  • タモリ倶楽部」にときおり出演。主にマニアック企画において常識人的ポジションで進行役を務めることが多いが、タモリ電車クラブ(TAMORI TRAIN CLUB)の会員番号No.0007である。
  • 趣味はサーフィンで、仕事の合間を縫って足繁く湘南に通っている。
  • かざあなダウンタウン』では、当時住んでいた場所から、「方南町のスター」とレギュラー仲間から言われていたことがある。
  • 東京銀座大阪心斎橋お好み焼き鉄板焼き店『冨くら』、神奈川県藤沢市たこ焼き店『海蔵』を経営・プロデュースしていたが、経営状態が芳しくなかったのか、現在はいずれも閉店。大阪・ミナミちりとり鍋店を開いていたこともある。
  • 後輩芸人からはもちろん、同期の芸人からも「ほんこんさん」と呼ばれている。さらには、大先輩であるはずのビートたけしも何故か「ほんこんさん」と呼ぶ。
  • 2020年12月27日、自身のYouTubeチャンネルでライブ配信を行い、同年の夏に脅迫被害に遭っていたことを告白した[4]
  • 見取り図のリリーを可愛がっており、大阪で不定期に「Lily Hong Kong」というリリー曰く「ほんこんさんが考えたおしゃれな名前のトークライブ」を開催している。

不祥事[編集]

室井佑月との裁判[編集]

2020年2月、作家の室井佑月が自身のTwitterで、愛知県内にあるマスクのメーカーの商品である「日の丸マスク」を政府が発注すると誤解し、政府を批判する内容をツイートしたが、誤りに気付き当日中に「訂正します」と投稿した。しかし、ほんこんは同年5月、「室井佑月らの中傷で日の丸マスクが製造中止に」という誤った内容の記事をツイッターで拡散した。

これを受け、2021年6月に室井はほんこんに対して謝罪と投稿の削除を要求したが、1本目の投稿だけ削除し、謝罪はなかったので、同年7月19日に室井はほんこんを提訴した。室井は550万円の損害賠償を求め、代理人弁護士は自身の夫である米山隆一が務めた。なお、2本目のツイートは、同年11月22日までに削除された[5]

2022年6月30日東京地方裁判所は、判決で「社会的評価を低下させた」としてほんこんに11万円の支払いを命じた[6]

安倍晋三銃撃事件におけるデマ拡散[編集]

安倍晋三銃撃事件の後、「近隣のビル(サンワシティ西大寺)屋上から狙撃銃で撃った暗殺者が、逮捕された犯人とは別にいる」という誤った情報を自身のYouTubeチャンネルやTwitterで発信したところ、同ビルの管理会社の三和住宅が「悪質なデマに困っている、弁護士に相談し法的に解決してもらうことを検討している」と声明を発表[7]。後にほんこんは謝罪および発言を撤回する事態となった[8]

出演[編集]

コンビでの出演番組は130R#出演を参照。

テレビバラエティ[編集]

現在の出演番組
過去の出演番組

テレビドラマ[編集]

WEBドラマ[編集]

  • ハケンのキャバ嬢・彩華(2017年10月9日 - 12月11日、AbemaTV[注 2]) - 謎の易者 役

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 難波金融伝・ミナミの帝王 破産・金融屋殺し(1999年)
  • ギャングシティ 大阪黙示録 2(2018年)
  • CONFLICT 〜最大の抗争〜 第五章・第六章・第七章・第八章(2019年)

ラジオ[編集]

現在出演している番組
過去に出演していた番組
  • 130Rのブギウギパラダイス(ラジオ大阪)
  • 東野・ホンコンのBoogie Woogieパラダイス!(OBCラジオ
  • よしもとダーう(OBCラジオ)
  • 130Rののきなみハイテンション(KBSラジオ)

CM[編集]

  • 日本コカ・コーラ(ジョージア・明日があるさシリーズ あした色の、本革コート)
  • 日清食品(香港風みそカップヌードル)
  • スカパー!HD(スカイパーフェクTV)野球観戦視聴者役 2012年
  • ダニクリン(UYEKI

イベント[編集]

  • 文句じゃない!正論や!独裁者ほんこん(2018年7月-)

書籍 [編集]

  • 『日本のミカタ ―ボク、この国のことを愛してるだけやで!―』ワニブックス〈ワニブックスPLUS新書〉、2019年7月19日。ISBN 978-4-847-06628-3 
  • 『コロナと国防 ―ちょっと待て、こんな日本に誰がした!―』ワニブックス〈ワニブックスPLUS新書〉、2020年9月18日。ISBN 978-4847066467 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 相方の板尾は自身の不祥事による芸能活動自粛期間があり、一時期番組を離脱しているため全期間には出演していない。
  2. ^ a b AbemaTVと朝日放送による共同制作。

出典[編集]

  1. ^ “ほんこん 34年に突然姿を消した元相方…コンビ解散の真相語り「その過去が肥やしに、感謝している」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2021年3月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/17/kiji/20210317s00041000512000c.html 2021年3月17日閲覧。 
  2. ^ “今田耕司 ほんこんの元相方の転身に驚き、年商220億の会社社長に「全然イメージない、すげー」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2021年3月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/17/kiji/20210317s00041000512000c.html 2021年3月17日閲覧。 
  3. ^ 吉本新喜劇のすごい話』 2009年、109頁。
  4. ^ お笑い芸人・ほんこんが脅迫被害!「娘がレイプされた」「ガソリンをまいた」 東京スポーツ
  5. ^ “ほんこんさんに賠償命令、室井佑月さん夫・米山隆一弁護士「謝罪なければ、控訴する」”. 弁護士ドットコムニュース (弁護士ドットコム株式会社). (2022年6月30日). https://news.yahoo.co.jp/articles/ff9366cf725c47b2adc88d2c91dad9407076d917 2022年6月30日閲覧。 
  6. ^ “ほんこんさんに裁判所が賠償命令 室井さんの「社会的評価を低下」”. 共同通信 (共同通信社). (2022年6月30日). https://news.yahoo.co.jp/articles/7d300c11a27339dda53342761354f0f76add07ec 2022年6月30日閲覧。 
  7. ^ 安倍元首相銃撃事件「ビル屋上にスナイパー小屋」→誤り。動画やツイートが拡散、当事者が法的措置を検討
  8. ^ ほんこんが安倍氏めぐる〝スナイパー小屋〟拡散を謝罪 有田芳生氏「完璧なる妄想」東京スポーツ2022年8月20日
  9. ^ “夏菜、5年ぶりの連ドラ主演作で女優人生最大露出に挑む!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年9月18日). https://thetv.jp/news/detail/121799/ 2017年9月18日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]