清水けんじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
清水 けんじ
本名 清水 健次(読みは同じ)
ニックネーム しみけん
生年月日 (1975-07-16) 1975年7月16日(43歳)
出身地 日本の旗 日本京都府京都市伏見区
血液型 B型
身長 173cm[1]
言語 日本語
方言 関西弁
最終学歴 宇治高等学校卒業
出身 大阪NSC15期生
コンビ名 フロントストーリー(解散)
相方 光岡均(元相方)
芸風 吉本新喜劇
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1998年 -
同期 デッカチャン
西田幸治笑い飯
烏龍パーク
現在の代表番組よしもと新喜劇

清水 けんじ(しみず けんじ、1975年7月16日[1] - )は、日本の男性喜劇俳優お笑いタレント

京都府京都市伏見区出身。血液型はB型[1]。大阪NSC15期生(1995年)[1]よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本新喜劇)所属。愛称はしみけん

来歴[編集]

1998年9月、光岡均と漫才コンビフロントストーリーを結成[2]。「清水健次」名義で活動する。

2007年のフロントストーリー解散[3]以降は「清水けんじ」の名で活動。その後新喜劇に強い憧れを持ち始める[3]

2008年9月、吉本新喜劇が主催した「第4個目金の卵オーディション」に合格し(合格者は6名、内最年長)、吉本新喜劇に加入[2]

2013年、当時の新喜劇座長の一人小籔千豊のアドバイスもあり、新喜劇を盛り上げようと「しみけん、すっちーの座長に・・なりたいんや!!」なる企画を開始[4]。その後2014年6月にすっちーのみが新座長に就任したことから、同年8月7日には「しみけんの座長に・・なりたいんや!! 『すっちー1人ずるない?』『お先ですー。ケッケッケッ』」と名を変えたライブが行われることとなった[4]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

  • シマダオート(2018年4月 - )

人物・芸風[編集]

  • 基本的にはツッコミ専門でボケに対して鋭い反応を見せる。
  • 内場勝則座長公演や川畑泰史座長公演では借金取りやヤクザなど悪役として登場することも多い一方、すっちー座長公演では舞台回しとしてストーリーの進行役を務めつつ、彼が扮するすち子に振り回されることが多い[3]。清水曰く、新喜劇の魅力は「コケ」であり、ギャグが滑った(失敗した、受けなかった)時でも「全員が一斉にコケてくれたら面白く見えるので不思議です」とのことである[3]
  • 本人曰く「地味」[3]。また、冒険ができないタイプでもあり、「そつなくという感じ」であるとのこと[4]
  • 麒麟田村裕の実兄とコンビを組んでいたことがある[5]
  • 趣味はバス・フィッシングツーリング
  • すっちーとの共演時には、薄くて特徴に乏しい顔立ちを「シケメン」とイジられるのがお約束となっている。「シッケシケで洗濯物が乾かない」などと言いがかりを付けられ、「天才バカボン」の替え歌で「シーケ、メン、メン」と唄われる。同様に小籔千豊からは「(特徴がない)顔だけ見たら(行事の無い)6月」と例えられている。また、内場勝則と烏川耕一からは一度だけだが「冷奴(何も乗っていない)」「のっぺらぼう」と言われた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 芸人プロフィール 清水けんじ”. 吉本興業. 2014年7月17日閲覧。
  2. ^ a b 4個目金の卵メンバーを紹介します!”. 吉本興業/吉本新喜劇 (2008年10月7日). 2014年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e 今週末締切、新喜劇オーディションに清水けんじがエール”. お笑いナタリー (2012年6月25日). 2014年7月17日閲覧。
  4. ^ a b c 「ずるない?」しみけん、すっちーへの思い”. お笑いナタリー (2014年7月8日). 2014年7月17日閲覧。
  5. ^ 第22回 清水けんじ”. よしもと新喜劇 (2015年2月24日). 2015年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]