いがわゆり蚊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

いがわ ゆり蚊(いがわ ゆりか、1982年9月5日 - )は、日本ピン芸人、舞台芸人である。本名、井川 由梨香(読み同じ)。

大阪府豊中市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。京都嵯峨芸術大学卒業。baseよしもと5upよしもと(現・よしもと漫才劇場)に出演していたが、2014年2月に卒業、2014年4月より吉本新喜劇座員。

来歴・人物[編集]

芸風[編集]

十八番ネタの「中国人留学生」は、アルバイト先にいた留学生がモデルとなっているという。その他にもユニバーサル・スタジオ・ジャパンの係員に扮したパロディネタ、NHK教育テレビジョンの「NHK外国語講座」のパロディ「チェンバル語講座」のネタ(後述)などがある。またネタ作りのためにキャバクラでアルバイトしていた。 新喜劇の舞台では、少ししゃくれたアゴをいじられることがある。

チェンバル語講座[編集]

チェンバルという架空の国・地域で話されているという架空の言語の講座として日常会話を恐ろしい顔で意味不明な言語を話し、その後同じ顔で日本語訳を話すという内容。

「わたしもそう思います」、「やめてください」、「明けましておめでとうございます」、「くさい」、「無理です」、「まずい」などの会話をネタにしている。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

過去

現在

  • よしもと新喜劇(毎日放送)ピン芸人時代に2010年4月3日放送分でゲスト出演した後、2014年12月6日より新喜劇座員として出演。

ラジオ[編集]

受賞[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]