小寺真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小寺 真理
ニックネーム まりこりん
てらっち
てらやん
生年月日 (1991-08-31) 1991年8月31日(27歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府高槻市
血液型 A型
言語 日本語
方言 大阪弁高槻(三島)方言
最終学歴 大阪府立茨木西高等学校[1]
甲南女子大学中退
出身 NSC大阪校女性タレントコース5期
コンビ名 りんごあめ (2011年 – 2014年)
グループ名 吉本坂46(2018年 – )
相方 山口綾子(元相方)
立ち位置 向かって右(りんごあめ当時)
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2009年 –
現在の代表番組 よしもと新喜劇
ラジニュー木曜日
吉本坂46が売れるまでの全記録
過去の代表番組 ヨシモト*chatterbox!
ロケみつフライデー

小寺 真理(こてら まり、1991年8月31日 – )は、日本喜劇女優吉本新喜劇座員)・お笑いタレントであり、アイドルグループ吉本坂46のメンバーである。大阪府高槻市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属。身長162cm、体重47kg。血液型A型。靴のサイズは24cm。小指のサイズは2号。

略歴[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

  • 2010年に女性タレントコース卒業後、卒業した4期5期生によって結成された吉本発ガールズユニット(当時)「つぼみ」に参加。 ユニット内の旧チーム体制ではチームcuteに所属していた(リーダー)。
  • 同じく元つぼみメンバーで女性タレントコース4期生の先輩である山口綾子と「りんごあめ」(2012年5月22日に「りんご飴」から改名)というコンビを組んでいた。

2014年[編集]

  • 2014年3月10日更新分の「桜稲垣早希とつぼみの毎日開花宣言ブログ」及び自身のブログにて、同年3月30日に5upよしもと(現・よしもと漫才劇場)で行われた「つぼみ公演〜めざす夢〜」の出演を最後につぼみからの卒業、山口綾子との漫才コンビりんごあめの解散と2013年11月29日に行われた「吉本新喜劇金の卵7個目オーディション」に合格し同年4月より吉本新喜劇に入団する事を発表。同公演の終了をもってつぼみを卒業し、りんごあめを正式に解散した(相方の山口は就職のため芸能界引退)。解散については「お互いに今後の事を話し合って決めた事」とコメントしている。
  • 4月1日、なんばグランド花月で行われた「吉本新喜劇新メンバーお披露目披露会見」にて新喜劇メンバーとしてデビュー[3]
  • 11月18日から24日までなんばグランド花月で上演された川畑泰史座長舞台「時をかけぬおっちゃん」にて舞台デビューし、その様子は同年12月6日放送分のよしもと新喜劇で放送された(新喜劇同期のいがわゆり蚊らと共演)。

2018年[編集]

  • 5月10日、吉本坂46のオーディション対策を兼ね、動画配信サービスSHOWROOMにて配信を開始(初回のみアマチュア枠)。以後、同サイト内でのイベントで好成績を重ね、知名度を拡大していく[2]
  • 8月20日、吉本坂46第1期生オーディションを経て、同グループの創立メンバーに選出される[4]
  • 10月9日、デビューシングルの選抜メンバーとユニット4組をSHOWROOMの生配信で発表、ユニット1のメンバーに選出される[5]
  • 11月26日、ユニット1の正式名称が「RED」となり、同ユニットのデビュー曲が「君の唇を離さない」に決定。
  • 12月7日、「君の唇を離さない」のMVが公開される[6]
  • 12月13日、コンラッド東京にて行われた「SHOWROOM AWARD 2018」にて特別賞~お笑い部門~を受賞。

2019年[編集]

  • 1月10日、吉本坂46公式SHOWROOM配信にて、デビューシングルの各メンバージャケットの売り上げランキング中間発表があり1位を獲得(続く2回~最終5回の中間発表でも1位を維持)[7]
  • 1月28日発売の『ヤングマガジン』9号内ブレイキンガールのコーナーでグラビアデビュー[8]
  • 3月31日、京都みやこめっせにて行われた吉本坂46 1stシングル「泣かせてくれよ」発売記念スペシャルイベント内で発表された『行かせてくれよ』キャンペーンの最終結果発表にて、2位の池田直人に1,394枚の差をつけ1位を獲得。同キャンペーンで唯一の4,000枚台を売り上げ、初回中間発表から一度も順位を落とすことなく1位を堅持した[9]
  • 4月3日、吉本坂46公式HP内で2ndシングル「今夜はええやん」(5月8日発売予定)に収録されるRED歌唱曲「やる気のない愛をThank you!」において、池田直人と共にWセンターを務めることが発表された[10]

人物[編集]

  • よしもと新喜劇入団当初は、川畑泰史座長公演以外では辻本茂雄座長公演に出演することが多く、その端正なルックスにも関わらずマドンナ役を演じることはほとんどなく、他の若手と共に序盤のみの登場であった。後に辻本座長公演時に舞台中盤か終盤(舞台上の構成次第では序盤で行われていることが希に見られる)でヤクザの愛人及び共演者の浮気相手等、主に社会的に問題のある役柄で登場することが多く見られるようになっている。その際に何かのきっかけで奇声を上げながら訳の分らない動作を延々行い、暫くして堪忍袋の緒が切れた辻本に威嚇用の空砲を乱射されるのがお約束になっていた。
  • オタク」「メイド」といったサブカル系キーワードの話を得意としており、所謂オタク系タレントの側面も持っている。
  • 高校の文化祭でメイドカフェをやったことをきっかけに大阪日本橋にあるメイドカフェ「CCOちゃ」で働いており(2018年6月13日時点)、芸能の仕事内でも「萌え萌えパワー注入♪」「あなたのハートをパックンチョ♪」などの定番的台詞をネタにしていた[11]
  • コンビで行っていた漫才コントは、ネタ作りをしていた小寺個人の趣味嗜好を元にメイドカフェのメイドを使ったネタ、漫画やアニメが好きな小寺とそれを理解できない(しない)山口とのギャップを描いたネタが中心なっており、「メイド」「オタク」をテーマとしたコントや漫才が彼女の代名詞となっていた。NSC女性タレントコース入学当時は、自分が漫才をするとは思っていなかったと言う[12]

趣味・嗜好[編集]

交友関係[編集]

  • グラビアアイドルの有村藍里有村架純の実姉)と舞台で共演して以降仲良くなり、プライベートで交流がある様子が双方のSNSでたびたび取り上げられている[注 1]

メイド服[編集]

  • メイドコスプレは、小寺がタレント活動をする際のトレードマークになっており、メイド服をまとった姿はアニメやゲームなどのサブカル分野への造詣の深さと相まって、彼女のアイコンとなっている。所属グループで共通指定の衣装がある場合や特定のラジオ出演などを除き、観客の目に触れるような舞台や映像に出演する際は、特別な理由がない限りほとんどの場面でメイド服を着用していたが、次第に私服や口上師の衣装等の比率も高くなり、つぼみ卒業前後と新喜劇加入以降はアルバイト先のメイド喫茶を除き、公の場での着用は見られなかった。
    その後、2015年2月10日から16日までなんばグランド花月にて上演された辻本茂雄座長舞台「茂造の、メイド喫茶で萌え〜!」にて久々に公の場でメイド服姿を披露。現在でも勝負服として折に触れてメイド服を着用している。

萌えとツンデレ[編集]

  • つぼみ当時に自身のプロフィールでも宣言していた通り、萌えとツンデレを独自に研究しており、通っていた大学で師事していた教授は日本に2人しかいない「ツンデレ学の権威」でもあった。 また、端麗な容姿やつぼみ内での先輩・中心人物として時にドライなまでにストイックな姿からツン扱いされることが多い反面、純粋で小心者でもあり、家庭的で料理も出来[16]、「気配りができ他人には尽くすタイプだが、自分のことはおろそかにする」[15]と「りんごあめ」時代の相方だった山口綾子も語るとおり、プライベートでは「ツンというよりデレ」である。
  • 男性に対する耐性が低く、どちらかというと苦手でオドオドしたり人見知りが激しくなってしまう一面を持っており、山口は「美容室で男の美容師に担当してもらった時にはガチガチになっていた」と小寺のシャイでピュアな性格を語っている。本人も、オタク以外の男子とは何を話していいのかわからなくなる[15]と話しているが、二次元(ゲーム)の世界ではまったく逆(ツン)で積極的になる。

その他[編集]

  • 大丸京都店うふふガールズブログにてモデルをやっていた[17]
  • 「ヴァニラ」という名前のを飼っている。

エピソード[編集]

「まりこりん」と「〜こりん」[編集]

自身のニックネーム「まりこりん」に倣って、ブログTwitter、出演番組や舞台等では「〜こりん」という造語が本人・ファン・出演者等によりつくられ、お決まりの言葉遊びとなっている(例:お母さん「ママ」+「〜こりん」=「ママこりん」、お父さん「パパ」+「〜こりん」=「パパこりん」等)。
特に、過去に出演していたニコニコ生放送内では、視聴者が番組に対してコメント出来る機能を利用して、番組内のハプニングや状況に対して即興で「〜こりん」というコメントが頻繁に書き込まれていた。

その他[編集]

小寺の母は躾に厳しく、「ままこりんの閻魔帳」と呼ばれるノートに記録した1年間の悪事を見ながら、大晦日に長時間説教されるのが毎年の慣例行事となっていた(ただし、2010年の大晦日は志摩スペイン村のカウントダウンイベントに出演していたため母と接していない)。大切にしていたフィギュアを母に勝手に捨てられたことがきっかけでケンカをしたり、 押入れの中の物(いわゆるオタクグッズ)を見て「アンタの趣味うたがうわ」と冷やかされたことに対して腹を立てたり、些細なことで衝突してしまうこともあるが、良い親子関係を保っている[18][19][20][21]

出演[編集]

テレビ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

ラジオ[編集]

現在[編集]

  • ラジニュー木曜日(YES-fm

過去[編集]

  • とびだしNSC(YES-fm)
  • ランディーズ高井と清水けんじのヨシモト*chatterbox!木曜日(YES-fm) – アシスタント [23]
  • 天竺鼠のヨシモト*chatterbox!(YES-fm) – 水曜日アシスタント [23]
  • ラジオ大阪OBC 今いくよくるよ 矢野・兵動のむっちゃ元気スーパー!(ラジオ大阪) – 火曜日アシスタント

インターネット動画[編集]

現在[編集]

過去[編集]

  • つぼみのニコニコランド!ニコニコ動画) – 金曜日MC
  • もっと! 桜 稲垣早希(ニコニコ動画) – 不定期出演
  • 京橋ツイッターボックス!(2011年4月10日、Ustream) – 京橋花月の舞台とその裏で同時進行のUstream配信の2本立てイベント
  • ざわざわレボリュージョン(ニコニコ動画) – 不定期出演・新喜劇の先輩である岡田直子とアルバイト先のメイド喫茶店長との共演

SHOWROOM内イベント[編集]

  • 渋谷駅特大看板掲載権オーディション!!(1位)
  • よしもとニュースセンターインタビュー記事掲載権獲得オーディション(1位)
  • TOKYO FM「SHOWROOM主義」アシスタントMC決定戦!A部門(1位)
  • 青春高校『3年C組』地上波生CM出演オーディション(1位)
  • 【よしもと芸人限定】「京都国際映画祭」参加権 獲得オーディションA部門(1位)
  • 【大阪よしもと限定】なんば駅特大看板掲載オーディションA部門(1位)
  • SHOWROOM AWARD 2018 – 特別賞~お笑い部門~

舞台[編集]

りんごあめ単独公演[編集]

  • 「りんごあめ初ソロライブ 〜べ、別にアンタに来てほしいわけじゃないんだからね〜 」(2012年5月22日、日本橋 Bar Guild)
  • 「りんごあめソロライブ 〜ででで、、、でも来てくれたらうれしいな〜 」(2012年5月22日、日本橋 Bar Guild)
  • 「りんごあめもおかげさまで3周年・・・ということでネタ祭り 」(2012年8月21日、Love Com Theater)
  • 「まりこりんもおかげさまで21歳・・・ということで生誕祭 」(2012年8月21日、Love Com Theater)
  • 「りんごあめソロライブ3 〜今夜はParty Nightなんだから!(ぐっさんの誕生日会もあるかもね?)〜」(2012年11月18日、HEP HALL)他

つぼみメンバーとして[編集]

  • 「つぼみの開花宣言!!vol.1 〜はじめましてつぼみです。 桜の稲垣早希さんも応援に来てくれました。〜」(2009年11月22日、ヨシモト∞ホール大阪
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.2 〜新年一回目のつぼみです。vol.2ができるのは皆さんのおかげです。〜」(2010年1月31日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.3 〜つぼみと一緒にお花見しませんか♪〜」(2010年3月28日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.4 〜新しいつぼみです。みんなの顔と名前を覚えてくださいね。〜」(2010年6月20日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.5 〜京橋花月で夏祭り! みんなで来てくださいね。〜」(2010年8月21日、京橋花月)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.6 〜京橋花月で学園祭! みんなでもりあがりましょうね。〜」(2010年11月23日、京橋花月)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.7 〜ABCホールでバレンタイン!みんなで楽しみましょうね。〜」(2011年2月20日、ABCホール
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.8 〜つぼみと一緒にお花見しませんか♪〜」(2011年4月16日、京橋花月)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.9 〜京橋花月で夏祭り! みんなで盛り上がりましょうね。〜」(2011年7月30日、京橋花月)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.10 〜京橋花月で文化祭! みんなで遊びに来てくださいね。〜」(2011年10月22日、京橋花月)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.11 〜大丸心斎橋劇場でつぼみLOVE LOVEバレンタイン。〜」(2012年2月11日、大丸心斎橋劇場)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.12 〜GWスペシャル! OBP円形ホールで一月遅れの新学期。〜」(2012年5月5日、大阪ビジネスパーク円形ホール)
  • 「つぼみの開花宣言!!vol.13 〜開花寸前スペシャル〜」(2012年10月8日、OBP円形ホール)
  • 「つぼみ博覧会!!vol.1」(2010年9月23日、in→dependent theatre)
  • 「つぼみ博覧会!!vol.2 〜クリスマススペシャル〜」(2010年12月23日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「つぼみ博覧会!!vol.3」(2011年5月29日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「つぼみ博覧会!!vol.4」(2011年9月10日、京橋花月)
  • 「つぼみ博覧会!!vol.5」(2011年12月25日、大丸心斎橋劇場)
  • 「つぼみ博覧会!!vol.6 〜大丸心斎橋劇場で浴衣祭! ひと夏の思い出つくりましょう。〜」(2012年7月15日、大丸心斎橋劇場)
  • 「よしもとガールズウォーカー 〜つぼみのお笑い徹底紹介!!〜」(2011年6月19日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「よしもとガールズウォーカーVol.2 〜つぼみのお笑い徹底紹介!!〜」(2011年8月14日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「よしもとガールズウォーカーVol.3 〜つぼみのお笑い徹底紹介!!〜」(2011年11月23日、大丸心斎橋劇場)
  • 「よしもとガールズウォーカーVol.4 〜つぼみのお笑い徹底紹介!!〜」(2012年3月17日、in→dependent theatre 2nd)
  • 「つぼみ演劇祭!!」(2011年7月10日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「つぼみ演劇祭vol.2」(2012年6月10日、in→dependent theater 2nd)
  • 「キンチャク卒業式 〜つぼみからたくさんのありがとう〜」(2012年3月17日、in→dependent theatre 2nd)他

その他[編集]

  • 「伊賀流 第二巻」(2010年4月24日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「Magic Spell マジスペ! 〜魔法の呪文ありますか?〜」(2010年7月22日 – 7月25日、京橋花月
  • 「テンダラー白川・ランディーズ高井・ひまりのミュージックアワー〜音人〜」(2010年12月30日、BIG CAT
  • 「パイセン∞〜今回は歌いません〜」(2011年2月26日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「ポケットミュージカルス アンダーパーン」(2011年5月3日 – 8日、京橋花月)
  • 「京橋パイセンフレンドパーク」(2011年5月25日、京橋花月)
  • 「パイセン∞〜歌はさることながら、、、さぁ、どうする!?〜」(2011年6月18日、ヨシモト∞ホール大阪)
  • 「見ないと損する!? 芸人テンコ盛り祭りin京橋花月」(2011年6月22日、京橋花月)
  • 森田展義アワー みんなのしんきげきvol.2」(2011年6月26日、京橋花月)
  • 「久馬歩編集 月刊コント 6月号」(2011年6月27日、品川よしもとプリンスシアター)
  • 「爆笑! いそべのゲームワールド01」(2011年7月20日、なんばグランド花月)
  • 「吉本・大見本市」(2011年7月26日、なんばグランド花月)
  • 「5UPパイセンフレンドパーク」(2011年8月17日、5UPよしもと)他
  • アリスインプロジェクト「魔銃ドナーKIX」 – 坂上桜子 役[24]
    • 大阪公演(2015年11月18日 – 22日、インディペンデントシアター2nd)
    • 和歌山公演(2015年11月28日 – 29日、Fun×Fam劇場)
  • 入院王~あんなに可愛かったミナミさん~(2019年7月5日~7日、恵比寿・エコー劇場)

作品[編集]

シングル[編集]

吉本坂46

  • 君の唇を離さない(2018年12月26日、SRCL-11022) - EAN 4547366384611(「RED」名義)
  • やる気のない愛をThank you!(2019年5月8日、SRCL-11150/1) - EAN 4547366402902(「RED」名義)

映像作品[編集]

つぼみ

  • つぼみの開花宣言!! 〜はじめてのDVDガンバリました!〜(2011年2月9日) - EAN 4571366482220

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 有村は小寺が参加した吉本坂46オーディション第4次審査の水着撮影やプロデュースを行い、メンバー合格を発表する会場にも駆けつけ、合格が発表された際には涙を流し祝福している姿が吉本坂の密着番組でも取り上げられている。

出典[編集]

  1. ^ りんごあめ 小寺真理のツンデレメイドブログ(2010年2月24日)[リンク切れ]
  2. ^ a b c “かわいすぎる新喜劇女優・小寺真理「10年先の夢を叶えるためには損得なしの“種まき”が必要」”. SHOWROOM Magazine (SHOWROOM). (2018年10月25日). https://magazine.showroom-live.com/interview/4016 2019年4月4日閲覧。 
  3. ^ “吉本新喜劇 新加入団員11人お披露目”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年4月1日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/04/01/0006828916.shtml 2019年4月4日閲覧。 
  4. ^ “吉本坂46、注目の美女6人 “可愛すぎる女芸人”から元アイドルまで”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年8月21日). https://mdpr.jp/news/detail/1787326 2019年4月4日閲覧。 
  5. ^ “吉本坂46“ユニット1”最強説が浮上「可愛い子はみんなここ」「本命アイドル路線」の声”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年10月10日). https://mdpr.jp/music/detail/1797672 2019年4月4日閲覧。 
  6. ^ “吉本坂46“可愛すぎる新喜劇女優”小寺真理「キスシーン50回くらい」撮影秘話&「辞めようと思った」葛藤の過去”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月25日). https://mdpr.jp/interview/detail/1812359 2019年4月4日閲覧。 
  7. ^ “吉本坂46のリアルな売上事情 暫定トップは“可愛すぎる新喜劇女優”小寺真理 下位メンバーの対応は?”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年1月25日). https://mdpr.jp/music/detail/1817953 2019年4月4日閲覧。 
  8. ^ “吉本坂46の小寺真理が美女・美脚と注目集まる!?女性警官姿を公開”. エンタメRBB (イーダ). (2018年12月28日). https://www.rbbtoday.com/article/2018/12/28/166342.html 2019年4月4日閲覧。 
  9. ^ “吉本坂46売り上げランク 小寺真理ぶっちぎり優勝に感無量「ダンスもできず…」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月31日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/31/kiji/20190331s00041000364000c.html 2019年4月4日閲覧。 
  10. ^ “吉本坂46、2ndシングル「今夜はええやん」収録曲決定!イケメンユニット“CC5”の楽曲も”. M-ON!MUSIC (エムオン・エンタテインメント). (2019年4月3日). https://www.m-on-music.jp/0000335710/ 2019年4月4日閲覧。 
  11. ^ “吉本坂46・小寺真理が元気をもらう大阪・日本橋のメイドカフェ”. 吉本坂46「RED」の泣かせメシ! (Yahoo!ライフマガジン). (2019年3月8日). https://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/20381 2019年4月4日閲覧。 
  12. ^ サオリリスのリリカルちゃんぷる第25回
  13. ^ りんごあめ 小寺真理のツンデレメイドブログ(2011年8月23日)
  14. ^ Twitter
  15. ^ a b c つぼみのニコニコランド(動画)2011/5/20(金)後半
  16. ^ りんごあめ 小寺真理のツンデレメイドブログ(2011年4月14日)
  17. ^ 大丸京都店 うふふガールズブログ
  18. ^ りんごあめ 小寺真理のツンデレメイドブログ(2010年4月11日)
  19. ^ りんごあめ 小寺真理のツンデレメイドブログ(2010年5月25日)
  20. ^ りんごあめ 小寺真理のツンデレメイドブログ(2010年9月3日)
  21. ^ 公式Twitter
  22. ^ eo光チャネルPLUS「esweets ツアー」つぼみ号が行く!
  23. ^ a b ヨシモト*chatterbox! blog
  24. ^ 前田みさき、Misaki/アリスインプロジェクト大阪公演「魔銃ドナーKIX」公演中 StereoSound 2015年11月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]