バリバラ〜障害者情報バラエティー〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バリバラ 〜障害者情報バラエティー〜
ジャンル バラエティ番組
放送時間 毎週日曜日 19:00〜19:30(30分)
放送期間 2012年4月6日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK大阪放送局
製作総指揮 日比野和雅
出演者 山本シュウ
玉木幸則
大橋グレース
大西瞳
岡本真希
ナレーター 神戸浩
音声 解説放送(ステレオ2)
字幕 字幕放送生放送時はリアルタイム字幕放送
オープニング チャラン・ポ・ランタン
「夢を運んだアヒルの子」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
前身の企画は2010年4月30日放送開始
テンプレートを表示

バリバラ〜障害者情報バラエティー〜』(バリバラ しょうがいしゃじょうほうバラエティー)は、NHK教育テレビジョン(NHK Eテレ)で放送されている障害者をテーマにしたバラエティ番組情報番組である。2012年平成24年)4月6日に放送を開始した。NHK大阪放送局の制作。

前身となる『きらっといきる』内の企画『バリバラ〜バリアフリーバラエティー〜』、およびスピンオフ番組であるラジオ番組『バリバラR』(NHKラジオ第2放送)についてもここで記す。

概要[編集]

「日本初の障害者のためのバラエティ番組」と銘打ち、障害者自身が(時には自らの障害をネタにして)笑わせることを目指した番組である。

この番組の始まりは、NHK Eテレにて毎週金曜日に放送されていた、障害者向け福祉情報番組『きらっといきる』の2010年(平成22年)4月30日放送分から毎月最終週に放送されていた『バリバラ〜バリアフリーバラエティー〜』と題した企画である。現在の番組名はサブタイトルにもあった「バリアフリーバラエティ」の略。

そもそもは、2009年(平成21年)春の『きらっといきる』のスペシャルにおいて、報道機関マスメディアでの障害者の描かれ方が、『一生懸命頑張っている障害者の部分を一面に強調しすぎて画一的である』という「障害を抱えている視聴者からの苦情」を、テーマとして取り上げたことがきっかけになっている。

この企画を立ち上げるに当たり、チーフプロデューサーを務めている日比野和雅は、「『きらっといきる』の中で障害者の等身大の姿を、どのように伝えるか模索してきた結果、これまで描かれなかった障害者のエンターテインメント性を打ち出したバラエティーに挑戦することにした」と語っており[1]、障害(者)を笑うのではなく、障害者と一緒に笑いあいながら、バリアフリーを考える番組を目指したという[1]

元々『きらっといきる』のスタッフは、ドキュメンタリー畑のスタッフが中心で(通常回は障害者に関する密着ドキュメンタリーのVTRが中心)、バラエティ番組の制作は、初めてのため、試行錯誤の連続であったという[1]。2010年12月4日には『ETVワイド ともに生きる』の枠で、2時間の特別番組『笑っていいかも!?』(フジテレビ笑っていいとも!』のパロディ)が制作(後に『ETVアーカイブス』で再放送)され、2011年も通常放送の枠内ではあったが、2週にわたって放送された。障害者をメインに据えたバラエティ番組の制作については「障害者を見せ物にしている」などの批判もあったものの、『笑っていいかも!?』には約300件の反響が寄せられ、9割近くを好意的な声が占めたという[2]

2012年(平成24年)の番組改編に当たり、『きらっといきる』をバラエティ色の強い番組にリニューアルすることになり、『バリバラ』のタイトルを用いることとなった。「No Limits(限界無し)」をモットーにしており、本音をぶつけ合って「本気でバリアフリーな社会を目指す」としている。

初期の番組コーナーとして、テレビ朝日ナニコレ珍百景』のパロディで、障害者にとって全く役に立たなかったり、かえって使いづらかったりする、変なバリアフリー設備を取り上げる『バリバラ珍百景』を放送していた[3]

2015年(平成27年)4月から番組改編に当たり、放送時間を日曜日の19:00に移動。2016年(平成28年)4月には「みんなちがって、みんないい」を新しいテーマに据え、対象を障害者だけではなく「生きづらさを抱えるすべてのマイノリティー」に広げ、セクシャル・マイノリティなども題材として取り上げるなどリニューアル。

2016年(平成28年)8月28日の放送(生放送)では『検証!「障害者×感動」の方程式』と題して、障害者の頑張っている姿を『感動の対象にする』番組制作の手法を、ステラ・ヤングTEDで述べた「感動ポルノ」という言葉を用いて[4][5]、その是非を問う番組を放送したが、当日は同時間帯に日本テレビNNN系列局)で『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』が放送されていたこともあり、Twitterなどで反響を呼んだ[6]。NHKには116件の問い合わせが寄せられた[7]

生放送時は「笑いは地球を救う」という番組のロゴ等や、出演者が黄色いTシャツを着るなど[6]、敢えて『24時間テレビのパロディ』と取られる様な演出も行われたが、これについてNHK大阪放送局の角英夫局長は「このテーマに関心を持っていただくための演出上の工夫」「他局の番組内容についてどうというわけではなく、あくまで通常通りの放送」と[8]、日本テレビ放送網もこの件について「一切コメントしない」と述べている[9]

番組は「2016年度グッドデザイン賞 宣伝・広告・メディア・コンテンツ部門」を受賞している[10]

特別企画[編集]

番組内では、前述の「SHOW-1グランプリ」の他、様々な特別企画を実施している。

特集ドラマ
障害者や障害者に関わる人々を主人公としたオリジナルドラマを3本制作している。
  • 悪夢(2014年12月、主演:ハウス加賀谷あべけん太
  • 禁断の実は満月に輝く(2015年12月、主演:ハウス加賀谷・あべけん太)
  • アタシ・イン・ワンダーランド(2016年9月、主演:横田美紀
バリコレ
「障害を魅力に変える」をテーマに、はるな愛がプロデュースする、障害者をモデルとしたファッションショー
2015年にグランフロント大阪で、2016年に六本木ヒルズで開催した。
ココがズレてる健常者 障害者100人がモノ申す!
2016年12月21日NHK総合テレビで放送された、バリバラの特別企画として放送された番組。2016年8月28日の『検証!「障害者×感動」の方程式』から派生した企画で、健常者の“ありがた迷惑”な行動などについて、芸人らが障害者100人と語り合う討論番組。題名はTBSテレビここがヘンだよ日本人』のパロディ。進行役は鈴木おさむ有働由美子、出演は千原ジュニアカンニング竹山平成ノブシコブシ小島よしお厚切りジェイソン中川翔子
真野修一チーフプロデューサーは「(パラリンピックやドキュメンタリー番組を除けば)障害者をテレビで見る経験はほとんどない。福祉番組としてではなく、エンターテインメント調にすることで、まず番組を見てもらい、障害者が実際に何を考えているのかを知ってもらうことが大事だと思っています」と語っている[11]

出演者[編集]

玉木・大橋・山本の3名は『きらっといきる』からの続投。また、山本以外は自身も何らかの障害を抱えている。

キャラクター[編集]

番組のVTR内に登場するアニメキャラクターで、ナレーションを担当していた。リニューアル後はアニメキャラクターは登場せず、神戸のみナレーションとして登場している。

主題歌[編集]

放送日時[編集]

  • 2012年度 - 2013年度 毎週金曜日 21:00-21:30(本放送)、火曜日深夜(水曜未明)0:30-1:00(再放送)
  • 2014年度 毎週金曜日 21:00-21:30(本放送)、火曜日深夜(水曜未明)0:25-0:55(再放送)
  • 2015年度 - 毎週日曜日 19:00-19:30(本放送)、木曜日深夜(金曜未明)0:00-0:30(再放送)

バリバラR[編集]

バリバラR
ジャンル 教養番組情報番組
放送方式 録音
放送期間 2012年4月8日-2015年3月28日
放送時間 日曜8:00-8:30
再放送=当日19:00-19:30
放送局 NHKラジオ第2放送
制作 NHK大阪放送局
パーソナリティ はるな愛
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

バリバラRは、テレビ版『バリバラ』の内容を補完する形で放送されるラジオ番組。元々この枠は大阪局から放送されていた身体障害者と健常者のバリアーフリーを考える福祉情報番組「ともに生きる」であったが、これを発展させたものである。

テレビ版でこれまでに取り上げたテーマを再構成(テレビ版の音源に解説放送の説明入り)し、更にテレビ版では紹介し切れなかった情報や取材裏話を交えて、専門家がわかりやすく解説する(ラジオ版のオリジナル企画もある)。パーソナリティは、番組のキャラクター「アイちゃん」の声を担当していたはるな愛

各回のバックナンバーについては公式サイトからオンデマンド配信しているほか、ラジオの全内容を書き起こしたものをPDFで公開している。

「バリバラR」放送日時[編集]

NHK大阪放送局制作の福祉番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 広川峯啓 (2010年12月1日). “笑っていいかも? 障害者バラエティー「バリバラ」”. All About. 2016年9月13日閲覧。
  2. ^ 「NHK障害者バラエティー、9割好感の秘密」 - 読売新聞2011年1月21日
  3. ^ “バリバラ珍百景 傑作選” (プレスリリース), NHKオンライン, http://www.nhk.or.jp/baribara/genre/original/genre5_4.html 2016年12月23日閲覧。 
  4. ^ 松本人志、『バリバラ』の感動ポルノ「刺さった」 - リオパラ写真に不快感
  5. ^ 24時間テレビを障害者の「感動ポルノ」と指摘、NHKがパロディ裏番組生放送で真っ向勝負
  6. ^ a b 鈴木英生 (2016年8月28日). “NHK「障害者を感動話に」方程式批判”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20160829/k00/00m/040/091000c 2016年8月29日閲覧。 
  7. ^ [週刊みなさまの声 2016年8月29日~2016年9月4日 NHK広報局視聴者部 http://www.nhk.or.jp/css/koe/pdf/20160829-20160904.pdf]
  8. ^ “日テレ系「24時間テレビ」にケンカ売った? Eテレ「バリバラ」騒動は「福祉に関心を持ってもらうための工夫」とNHK大阪放送局”. 産経新聞. (2016年9月8日). http://www.sankei.com/west/news/160908/wst1609080084-n1.html 2016年9月13日閲覧。 
  9. ^ “日テレ「24時間」NEWSの奮闘評価 Eテレ検証番組にはコメントせず”. スポーツニッポン. (2016年9月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/01/kiji/K20160901013273490.html 2016年9月3日閲覧。 
  10. ^ “テレビ番組 [バリバラ”] (プレスリリース), 日本デザイン振興会, (2016年), http://www.g-mark.org/award/describe/44424 2016年12月23日閲覧。 
  11. ^ 本間英士 (2016年12月19日). “【TVチェック】障害者100人 健常者の“ありがた迷惑”を語るNHK特番”. 産経ニュース (産経新聞社). http://www.sankei.com/premium/news/161219/prm1612190004-n1.html 2017年7月14日閲覧。 
  12. ^ “チャラン・ポ・ランタン、Eテレ「バリバラ」のOPテーマ書き下ろし”. 音楽ナタリー. (2016年4月4日). http://natalie.mu/music/news/182277 2016年8月29日閲覧。 

外部リンク[編集]