重複障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

重複障害(ちょうふくしょうがい)とは、医学用語から派生したものとしている「障害」を2つ以上併せ有することをいう。ただし、厚生行政と学校教育法では、定義が異なる。

厚生行政における重複障害[編集]

厚生行政における重複障害は、次のうち2つ以上を併せ有する場合をいう。

学校教育法における重複障害[編集]

学校教育においては、次のうち2つ以上を併せ有する場合をいう。

場合によっては、上述の5つのいずれかあるいは複数の障害に加え、発達障害学習障害(LD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、高機能広汎性発達障害(高機能PDD)[1])を引き起こしている場合も「重複障害」としてみなされる場合もある。このため、特別支援学校教諭教育職員免許状における教職課程では、通常、「重複・LD等」領域の中に、発達障害に関する科目が設定されている。

注釈[編集]

  1. ^ いわゆる、高機能自閉症アスペルガー症候群の総称

関連項目[編集]