ふりかけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ごはんにふりかけ
ふりかけの元祖とされている「御飯の友(フタバ)」

ふりかけとは、主に炊いた米飯にふりかけて使う、粉末状、粒子状、あるいはそぼろ状の調味料副食物のこと。食事に際して調理するのではなく、作り置きの常備菜的なものを指すことが多く、商品化された市販品の種類も豊富である。

概要[編集]

ご飯にふりかけて食べるのが名前の由来である事から、赤飯などで使うごま塩や、梅干しを漬けた後の赤紫蘇を乾燥させて細かくしたものも、ふりかけの仲間に入る。他にも、ふりかけた後にお茶をかける「お茶漬けの素」や、ふりかけた後ご飯に混ぜ込んで使用する「おにぎりの素」などに、ふりかけとほぼ同じ製法のものがある。

なお、現在では一部のインスタントラーメンや、それに準ずるカップ焼きそば冷やし中華などにも添えられていることがある。

製法[編集]

一般的なふりかけの製法は、原料を粉砕し調味料で味付けしたあと完全乾燥し、他の具などを混ぜ合わせフレーク状に仕上げる。ほとんどの商品では、味の中心となる具に海苔ゴマが加えられており、最近では風味が豊かなことからフリーズドライの原料を用いることもある。

また、すべての原料を細かくほぐし、味付けして混ぜ合わせただけのものもあり、これは生ふりかけと呼ばれている。生ふりかけでは、ちりめんじゃこワカメ昆布・魚のそぼろなど海産物を使用している割合が高い。

歴史[編集]

起源をたどれば、ふりかけの始まりは遅くとも鎌倉時代にさかのぼり、『厨事類記』にはタイサケサメの肉を細かく切り塩干しにした「楚割(すわやり)」、「はなかつほ(花)」すなわち削り節の名が見い出される。これら飯にかけるふりかけの先行者としては、ほかに佃煮田麩の名があげられる。

現代風のふりかけは、美味滋養を目的として大正時代から昭和初期にかけていくつかの企業で考案されたといわれており、業界団体の全国ふりかけ協会では、熊本県で売り出された「御飯の友」という商品を、ふりかけの元祖として認定している。このほか1925年丸美屋イシモチ昆布を調理し粉末にした製品「是(これ)はうまい」を作り、全国に販売網を広げた。一方軍部から栄養補助食品としてのニーズがあったことで、広島において1916年田中食品が「旅行の友」を、1928年に小松原要助が「露営の友」を開発する。

太平洋戦争後の1959年、丸美屋は「是はうまい」に甘みのあるを加えた「のりたま」を開発、子供向けのふりかけとして人気を得る。そして1963年に、アニメ『エイトマン』のシールを封入した「のりたま」が爆発的人気を呼び、このことからふりかけは大人向けの高級食材から、子供にも受け入れられる大衆向け食材へと変貌してゆくこととなった[1][2]

その他[編集]

  • インドにはチャツネの一種として類と各種スパイスで作るふりかけ状の保存食品があり、日本と同様に炊いた米飯にかけたりして食べる習慣がある。

主なふりかけメーカー[編集]

主な商品[編集]

参考文献[編集]

  • 熊谷真菜、日本ふりかけ懇話会著『ふりかけ 日本の食と思想』学陽書房、2001年4月、ISBN 4313863028
    • ふりかけ年表: p247-254

注釈[編集]

  1. ^ 菊地武顕『あのメニューの生まれた店』36頁 平凡社
  2. ^ JBPRESS食の研究所ご飯にも乳房にも!?日本人とふりかけの歴史 ”ご飯のお供”のたどる道(前篇) 漆原 次郎 2015.04.10

外部リンク[編集]