松浦真也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつうら しんや
松浦 真也
本名 松浦真也
生年月日 (1976-07-18) 1976年7月18日(40歳)
出生地 日本の旗京都府[1]
身長 181cm[1]
血液型 O型[1]
職業 吉本新喜劇俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2005年 -
受賞
2013年 歌ネタ王決定戦2013 優勝
2014年 歌ネタ王決定戦2014 準優勝

松浦 真也(まつうら しんや、1976年7月18日[1] - )は、日本の男性お笑い芸人、喜劇俳優。

京都府京都市出身。吉本興業大阪本社に所属。吉本新喜劇に出演。

経歴[編集]

京都府立山城高等学校神戸市外国語大学第2部英米学科卒業。

2005年第1個目金の卵オーディションに合格し、吉本新喜劇に入団。

2006年2007年にはR-1ぐらんぷりに出場した。[要出典]

2015年12月23日、すっちーと「すち子&真也」名義でシングル『パンツミー』をリリースし、CDデビュー。同曲はよしもと新喜劇映画『西遊喜』のエンディングテーマ曲にも採用されている[2]

人物[編集]

趣味として楽器演奏の他、バイクでのツーリング[1]将棋ゴルフ等を挙げている[3]

川畑泰史によれば、吉本新喜劇の老け役である井上竜夫の後釜候補の筆頭とのこと。もっともこれは松浦が「天然ボケ」のためである[4]

芸風[編集]

  • 特技であるアコースティックギターを使った、場面にそぐわない音楽や効果音での笑いを特徴とする。舞台上メインで使っているアコースティックギターは、ギブソン社製の「B-25」(1962年製・ヴィンテージ)。本人によれば、ギターで様々な問題を解決しようとして大抵失敗するという役柄だと語っている[5]。その他舞台で見る事は無いが、近年吉本新喜劇劇団員中心で構成された「ほんわかパッパ隊」や同座長の小籔千豊が率いるバンド「吉本新喜劇ィズ」での活動の時には、エレキギター(フェンダー社の「ストラトキャスター」60周年記念モデル)を使用する事もある。なおヤクザ役の際にギターを乱暴に扱われると「ギターはやめろ!ギブソンやぞ!」と絶叫する。
    • ギターの腕前は「アメトーーク」内の企画「ギター芸人」に2度出演して披露され、フットボールアワー後藤輝基に「吉本イチ」「芸人イチ」と評されている。
  • 大概はヤクザの下っ端やストリートミュージシャンを演じることが多い。川畑座長回には川畑が演じる店のミュージシャン志望のアルバイトなどで登場することが多い。
  • すっちーとのコンビで「よしもと新喜劇あるあるネタ」を披露、座員の舞台外での顔をネタにしている[6]
    • このコンビで『歌ネタ王決定戦』の初代王者(2013年)に輝いた。なお、2014年にも準優勝を果たしている[7]
  • ヤクザ役の時は大抵、紫のスーツを着用している。この時、持っているギターは「借金のカタでぶんどってきた」、「差し押さえでぶんどってきた」という設定[8]
  • 入団当初よりも額が広くなってきており、島田一の介に続くハゲキャラとして、劇中でいじられることが最近多くなっている。特にすっちーと絡む際は共演者がギターの腕前をほめる中で「めっちゃハゲてるやん」とといじられる。
  • 借金取り役の場合、共演者(太田芳伸吉田裕等)が「金返さんとこいつを置いていく」「こいつが何時までも歌い続ける」と、店先で暴れるのとは違う意味で嫌な脅迫をする事がある。

出演[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • パンツミー(2015年12月23日、YM3D) ※「すち子&真也」名義。[2]

受賞歴[編集]

  • 歌ネタ王決定戦2013 優勝(すち子&真也として)
  • 歌ネタ王決定戦2014 準優勝(すち子&真也として)
  • 歌ネタ王決定戦2016 3位(ゆたかな真也は一の介として)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 吉本興業株式会社 芸人プロフィール”. 松浦真也. 吉本興業. 2014年9月7日閲覧。
  2. ^ a b すち子&真也、パンツ見る男の性歌った「パンツミー」CD発売”. お笑いナタリー (2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。
  3. ^ 松浦真也(吉本新喜劇)”. 松浦真也. 2014年9月7日閲覧。
  4. ^ 内場ら 2009, p. 149.
  5. ^ 祇園花月吉本新喜劇|吉本新喜劇オフィシャルサイト”. 吉本興業. 2014年9月7日閲覧。
  6. ^ 毎月1日は「なんばグランド花月ファン感謝day」!12月のお楽しみは…?”. よしもとニュースセンター (2013年12月1日). 2014年9月7日閲覧。
  7. ^ 「歌ネタ王」に手賀沼ジュン 芸歴13年、回文ソングで頂点獲った”. スポニチアネックス (2014年9月4日). 2014年9月19日閲覧。 ー 2013年の優勝にも言及。
  8. ^ 単独で登場する際は「差し押さえ」、最近では「ストリートミュージシャンからぶんどってきた」など複数のアレンジもある
  9. ^ すち子&真也『歌ネタ王決定戦』初代王者に 真也は花嫁もゲット
  10. ^ 手賀沼ジュンが「歌ネタ王決定戦」で優勝(出演していた事が確認できる)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]